ヴィジットの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ヴィジット2015年製作の映画)

The Visit

上映日:2015年10月23日

製作国:

上映時間:94分

3.4

あらすじ

祖母の家には奇妙な「3つの約束」があった。 第一の約束 楽しい時間を過ごすこと 人里離れた祖母の家へ 休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。 都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。 第二の約束 好きなものは遠慮なく食べること 奇妙な「3つの約束」とは? 優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、…

祖母の家には奇妙な「3つの約束」があった。 第一の約束 楽しい時間を過ごすこと 人里離れた祖母の家へ 休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メイソンビルへと出発した姉弟。 都会の喧騒から離れて、田舎での楽しい1週間を過ごす予定だった―その時までは。 第二の約束 好きなものは遠慮なく食べること 奇妙な「3つの約束」とは? 優しい祖父と、料理上手な祖母に温かく迎え入れられ、母親の実家へと到着した2人。 しかし出会えた喜びも束の間、就寝時、完璧な時間を過ごすためと、 奇妙な「3つの約束」が伝えられる。 第三の約束 夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと この家は、何かがおかしい 夜9時半を過ぎ、異様な気配で目が覚める2人。部屋の外から聞こえるただ事ではない 物音に恐怖を覚えた彼らは、絶対に開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう。 そこで2人が目にしたものとは――? 挙動がおかしい祖母/呼びかけに無反応な祖父/カギがかけられた納屋/ 尾行してくる男/消えた隣人/「ここには“暗闇さん”がいるの」/夜中に響く騒音/ 床下で襲ってくる女、――なぜ?

「ヴィジット」に投稿された感想・評価

みき

みきの感想・評価

3.1
おじいちゃん、おばあちゃんオカシイ。
思っていたストーリーとは違ってだけれど最後の方でゾクってなりました!
観ているうちに、こうなるんだろうなと思ったことが淡々と進んでいったのでそこまで怖くはなかったです
なんじゃこれ?
序盤で予想できるクライマックス、疑問符がつくシーンの数々。こんなもんでいいだろう~と適当に作ったのではないかと思える作品だった。
うっわーーー。
きっつーーー。

こんなジジババは嫌だ。

オムツが!オムツが!オムツがぁーーーー!!

何故これ観たよ?自分?

いやね、たまにはホラーにもチャレンジ!と思ってね。遠ざかってたシャマラン監督作品でも…と思って鑑賞。

幼い内に父親が出て行き、シングルマザーに育てられた姉ベッカ(オリヴィア・デヨング)と弟タイラー(エド・オクセンボウルド)。母が家出したきり交流が途絶えたフィラデルフィアの祖父母の家で過ごす事になった姉弟。初めて出会った祖父母は優しく、楽しい滞在になる筈だったが…。

姉がドキュメンタリー映画を撮るという設定の為、全編POV形式で撮影され、登場人物のインタビューも交えた作品となっている。

昼間は優しい祖父母だが、夜になると奇妙な行動が目立つ様になる。

特に婆様が怖い。

祖母は病気で、夜になると寝言の様に奇怪な行動に出ると説明を受けるものの、だんだんと常軌を逸したその行動に姉弟の恐怖は日毎に増していくばかり。

これでも、シャマランの脅かし方は心得ているつもり。ほら、カメラの前を何かが横切った。これがいつもの常套手段。

嫌だな〜嫌だな〜、ほら出たよ〜。

シャマランならではのお約束とも言えるどんでん返しは健在で、かつ全ての伏線を回収させるストーリーテリングは流石。

弟タイラーの起死回生の行動も、終盤の音楽のチョイスも、全て一度語られた台詞を成就させた結果と言える。それが良いのか悪いのか、自分たちを捨てた父親への許し、家族愛、タイラーが披露するエンディングのラップ、振り幅が凄すぎて最早カオス!!

ねぇ?この映画のジャンルは何!?

それにしても、やっぱりオムツがキツイ…。
うぇ〜〜〜〜
ぺっ!ぺっ!

そういや、お爺ちゃんお婆ちゃんの家ってちょっと怖かったなぁ…。子どもながらに納戸には絶対「何か」がいるって感じてたしなぁ…。
きむこ

きむこの感想・評価

3.6
(シャマラン監督の作品はシックスセンス以来2本目)
終始、寒気がする感じとラストの。。(ネタバレになっちゃうから自粛)
姉弟の仲の良さにほっこりしたり笑えた。対照的な祖父母の陰湿で謎めいた言動がゾゾッとする。姉弟がカメラで撮っているので、臨場感もあって飽きずに観れた。面白かったです。
166.
こんなものを夜中に見るものではなかったです。

怖いの苦手なんだよね。

オチは読めたけども、まあ、怖いというか不気味というか。
POVて言うのかなあ?
あれをうまーく利用して見せててよかったんだけど、やっぱやだ(笑)

特におばあちゃんはやばかったなぁ。
k

kの感想・評価

3.5
おじいちゃんもおばあちゃんも怖すぎ。
1週間の話なんだけど、月曜日から既に怖い。

最後の方に明かされる衝撃の事実は、最初からなんとなく分かってたから驚かなかった笑

ラストあたりは、ええ、そうくるか〜笑ってしまった

あと、3つの約束は全く出てこなかったんだけどなんだったんだろう笑
友達と騒ぎながら観た方が面白いかも。
三つの約束とかは出てこないので注意。
明るいほのぼの雰囲気から急転直下系のホラーかなと思っていたら全然そんなことはなく、最初からめちゃくちゃ不穏な空気しか漂っていなかった。
どんでん返しというか真実に気づいた瞬間のゾッとする感じがよかった。
化物とか幽霊とかではない、わりと気持ち悪い感じのサイコホラー。
Amber

Amberの感想・評価

3.7
終始不気味な雰囲気漂っていてよかった!
最後ら辺で子供たちが祖父母の家でお母さんとスカイプしたシーンはゾッとしました!
あ、でも3つの決まりがある とかいうのは別に映画の中では特に取り上げられてませんwww

おばあちゃんのケツよ。。。ww
最後はラップで締める。面白かったww
暴力的で、怖くて、汚くて、POVもののお約束を遮るようなジョークも冴えていて(「私はミッチェル」は最高でしょう)、最高だった。
いちいちひぃーってなる、ひぃーってなるのを邪魔するものが少なめでいい。

他人の狂気を利用して自らのトラウマを克服するいい話、ではないが。注目すべきところではないが狂人同士の反発と愛がよくかかれている。