蜜のあわれの作品情報・感想・評価

蜜のあわれ2016年製作の映画)

上映日:2016年04月01日

製作国:

上映時間:110分

3.3

あらすじ

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ…

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が3人の行方を密かに見守る中、ある事件が起きて・・

「蜜のあわれ」に投稿された感想・評価

みそり

みそりの感想・評価

5.0
赤子の衣装が素敵
❤️
fuo

fuoの感想・評価

3.0
原作では、真木よう子と別れる場面で終わるので、掴みにくい物語の先が描かれたような形です。

所謂、文学的世界観に入り込むのに最初は正直戸惑いました。
二階堂ふみの口調が非常に風情があり、高峰秀子が好きだと言っていたことを思い出しました。
終盤に大杉漣と物を投げながら口論する場面も見ものです。

大杉漣からは晩年の原作者・室生犀星が滲み出ているような気がしました。この役には共感できないですけど。結構、勝手な男です。

鑑賞後に爽やかな気持ちにはなりませんが、原作の捉え辛さがそのまま表現されたのだと思います。
こう

こうの感想・評価

3.5
ひらひらとスカートを揺らしながら、ポーズを決めながら動く二階堂ふみが最高。
相変わらず大杉蓮は変態性の高い役が絶妙。
ask

askの感想・評価

3.6
好き嫌いがはっきり分かれるだろうなという、幻想的な大人のおとぎ話。
大正ロマンと文壇の人々。
大好きな世界観…!
「ひとを好きになるということは愉しいものでございます」
このセリフだけかと思わせておいて、全体の構成が良い。
老人の老い、死、文学、そして女。
ロマンチシズムとメルヘンとリアリズムの狭間に置かれている、危なさが良い。
そしてなんといっても二階堂ふみの演技。
表情がくるくる変わって、素敵なダンスにお洋服。
目が離せない。
大杉漣も、高良健吾も、永瀬正敏も、ちょい役の渋川清彦も最高。
配役といい演技といい、衣装から小道具のディティールまで見事でした。
石井岳龍監督の中でも、かなり好きな部類。
ラムネでも飲みながら、夏の午後に一人でしっとりと観るのがいい感じ、好き。
不穏な空気を作りたいようだがあまり成功しているように思えなかった
クロ

クロの感想・評価

3.3
なんとなくわかったような、わからないような。
台詞は面白かったけど、石井監督の映画、だめだやっぱり合わないです!
終わってみれば不思議な感覚。
とりま二階堂ふみちゃんが可愛かった!
"あたい"呼びが似合ってるww
大杉漣さんの変態感 二階堂ふみさんエロス感
そのふたつが混ざっていい感じに
>|