蜜のあわれの作品情報・感想・評価

蜜のあわれ2016年製作の映画)

上映日:2016年04月01日

製作国:

上映時間:110分

3.3

あらすじ

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ…

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が3人の行方を密かに見守る中、ある事件が起きて・・

「蜜のあわれ」に投稿された感想・評価

ワーイ

ワーイの感想・評価

3.3
金魚カワイイ。なんの話なのかはよくわからん。
木村

木村の感想・評価

3.1
不思議なエッセイを読んでいるようで、面白かったです。
meg

megの感想・評価

2.7
赤いヒラヒラの衣装が可愛い〜

現実と自分で創り出した世界がごっちゃになってる。
いかに赤子になりきって見れるかじゃないだろうか。正直四部までの盛り上がりはあまりない。時間としてもそれほど動きがない。しかし赤子の目線になりきれたら、もっと楽しめた気がする。
場面転換の際のワイプが好きでした。美術に目が行きがちですがカット一つにしてもこだわりを感じます。
Hiko

Hikoの感想・評価

-
3分で察して11分でダウン
り

りの感想・評価

3.0
ひとつひとつがかわいい
人を好きになることは楽しいことでございます
こなぎ

こなぎの感想・評価

4.5
ふみちゃん大好きになった。衣装と音響がとても素敵。大杉漣とふみちゃんが対等に口喧嘩できてるのが凄かった。赤子かわいいよ赤子。
摩訶不思議で妖艶
大正ロマン風な世界観が素晴らしかった
おすすめ!!
また観たい
映像美としてすばらしい。
二階堂ふみがハマり役すぎて拍手喝采したくなる。かわいい。
二階堂ふみに翻弄される大杉漣もよかったし、高良健吾もすごくいい味出してた。
でも飛ばし飛ばしで観てしまうような作品だった。
>|