蜜のあわれの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

蜜のあわれ2016年製作の映画)

上映日:2016年04月01日

製作国:

上映時間:110分

3.3

あらすじ

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ…

赤子(二階堂ふみ)は、ある時は女(ひと)、ある時は尾鰭をひらひらさせる、真っ赤な金魚。赤子と老作家(大杉漣)は共に暮らし、夜はぴたっと身体をくっつけて寝たりもする。 「おじさま、あたいを恋人にして頂戴。短い人生なんだから、愉しいことでいっぱいにするべきよ」「僕もとうとう金魚と寝ることになったか―」奇妙な会話を繰り広げる2人は、互いに愛を募らせていく―。そんな或る時、老作家への愛を募らせこの世へ蘇った幽霊のゆり子(真木よう子)が現れる。作家の芥川龍之介(高良健吾)、金魚売りのおじちゃん・辰夫(永瀬正敏)が3人の行方を密かに見守る中、ある事件が起きて・・

「蜜のあわれ」に投稿された感想・評価

みつこ

みつこの感想・評価

3.3
二階堂ふみが可愛い。
世界観が独特。
邦画特有のねっとり感。
悟

悟の感想・評価

2.3
二階堂ふみですらハマってなかったな。
一回寝落ちした。

こういうのは漫画とか小説のほうがいい気がする。
これはあまり好きじゃない世界観だった。。金魚が嫌いなこともひとつ、終始生臭いストーリーで気分が悪い。二階堂ふみの金魚風の衣装とお尻は可愛いかった。
す

すの感想・評価

3.5
真木よう子の池におもいっきり飛び込むところで大爆笑してしまった… あと大杉漣もふみちゃんも最高。
老作家(大杉漣)が金魚女(二階堂ふみ)を可愛がり、12年前に死んだ幽霊(真木よう子)などが出てくる文学的な香りがする物語において、さまざまな妄想が描かれる独特の映画になっている石井岳龍監督作品。

第一話「あたいの初夜」、第二話「金魚のそら似」、第三話「死と税金」というタイトルがつけられていたが、トータルで一つの作品となっており、昭和初期が舞台だった。
老作家は「大正13年に芥川龍之介を見た。あれは自殺の3年前だった」と言うのだが、芥川龍之介役の高良健吾はけっこう良かった。

鏡が割れて其々に顔のシーンは独創的。

印象に残るシーンは結構あるのだが、それでもやっぱり自分向きではなかった映画だった。
雰囲気を感じるのが好きな人には良い映画なのかもしれない。
RundryDRY

RundryDRYの感想・評価

2.0
小説を読みながら映像を見ているような。
言葉のいいまわしと、おじさまと金魚のかわいいやりとり。
ほれたはれたの、いかないで、わたしだけをって
全然人間同士でのほれはれですしそれを金魚とおじさまにしてしまうあたりが風流です。
特にストーリーが劇的にあるわけでもなく、顛末もないので
ゆれる体としなる体、あまえるおめめ、おびれを堪能するのがよろしい映画です。
SUKAPONTAN

SUKAPONTANの感想・評価

3.0
2018.5.3 新文芸坐、途中少し寝てしまったのでまたみる
ほし

ほしの感想・評価

5.0
撮影:笠松則通(フィルム撮影!)

ウェルズと清順の結節点であると同時に極めて風通しの良い艶笑劇。フレーム内で人物が占める面積の扱い方、二筋に別れた道の灯り、平面的/即物的ショット、鏡のフレーム内フレーム、韓英恵の起用、映画館横に貼られた『踏みはずした春』のポスター、「一人にしないでくれ」。
enchan

enchanの感想・評価

2.8
正直言って、文学ちっく過ぎてついていけなかったです。金魚に溺愛するって…どういう心境なの。芥川龍之介は現実ではいつも口の下に手を添えてないと思うよ…。所々名言っぽいのがあった気がするんですが、眠すぎて忘れました。
真木よう子と二階堂ふみが品があって可愛くて綺麗で素敵。

昔の女の人の話し方ってゆったりとしてて奥ゆかしくていいよね。

ただ二階堂ふみのセリフが早口になるところはいまいち感情を込めきれてない感のあるのが残念かな。