まつき

映画 ちびまる子ちゃんのまつきのレビュー・感想・評価

映画 ちびまる子ちゃん(2015年製作の映画)
3.8
先日の妖怪ウォッチに引き続き、今日のちびまる子ちゃんでも、ボロボロ泣いてしまいました。自分の情緒だいじょうぶか?と本気で心配しましたが、どうも他の人も泣いてらした模様。よかった、「泣ける」ちびまる子ちゃんです。

花輪くんのつながりで、世界5カ国から子どもが1人ずつ来日中。ひょんなことから、そのうちの一人、イタリア人のアンドレアくんがまる子の家にホームステイすることに。お馴染みのまる子フレンズ・まる子ファミリーたちと、その海外の子供たちのお話。

メインストーリーは、まる子とペアを組んだイタリアの少年アンドレアくん。母をたずねて三千里的エピソード(ネタバレを精一杯回避した表現)が展開され、かなり泣けます。ん???母をたずねて三千里???まる子???笑

とはいえ、映画版だからといって極端に背伸びしておらず、お馴染みのちびまる子ちゃんワールドが展開されます。10年くらいテレビのまる子ちゃんを見ていなかったけど、昔毎週見ていた世界観やキャラがそのまんまで、懐かしくてそれだけで嬉しかった。

音楽だけは映画映えするものが多用されてたけど。笑

軽いタッチの絵と、ほんわか笑いがある世界観で、劇場内もゆるーく、ぺちゃくちゃしゃべる人多数。笑

そんな中、イタリア少年アンドレアくんの日本に来た理由が判明した瞬間、劇場内が一気に静寂へ。あそこの空気の変え方で、その先の話が締まったように感じた。

ほんわかとギャグとシリアスが良いバランスで、子供向けの映画としての体裁を崩さず進行した、素敵な映画でした。

あと蛇足。

妖怪ウォッチもそうだったけど、子供キャラが夢を語るシーンって本当に泣けますね。まる子が夢を語ったシーン、これはもメタ的な話にもなるけど、もうやばかったですよ。

劇団ひとりには中国人やらせて欲しかった。笑

まる子のおばあちゃん寝るとき別人で可愛すぎでした。

青野武さんが亡くなってから、初めて友蔵の声を聞きましたが、ニコ動のヒーローブロリーの声優さんなんですね。違和感なかったです。