Aya

映画 ちびまる子ちゃんのAyaのレビュー・感想・評価

映画 ちびまる子ちゃん(2015年製作の映画)
3.2
普通にいい話。

驚くほどの昭和感。

のっけからだいぶ大人のハートを掴みますね永沢くん!
アイツ小学3年生じゃねえよw

前の映画は音楽をテーマに全面押し出してたけど、今作も途中で歌が入ったり、テーマ曲がとても良かったり、ちびまる子ちゃんと音楽というのは作者の中でとても重要なよう。

今作は構成が良いな、と思いました。諦めたと思ったら〜!のビッグチャンスがなんと2回、いや3回出てきます。

諦める、とはかなり大人っぽいですね。
大人にはそれが当たり前でも子供にはなかなかできないこと。
おじいちゃんがとても良い役割をしていました。
最初にお家にきたときのアレがひらがな、とか優しさしか感じないよね!
ラストのソレと対になってる気がしました。

ちょっとイラッとしたのは別れの場面で「また会えるよ!」と何度も随分な空手形を渡されること。
そういう気休めはいいよ・・・。

あと花輪くん家の金持ちっぷりね!みんなで旅行とかバスを貸し切りとか!

後は、せっかくお互いの夢を語った感動的なシーンがあったので、そこも使って欲しかったのと、写真でもぅと何か出来なかっただろうか?と思いました。

あんまりアニメとかを見ないので、劇場体験として良かったのは、何より見てる子供たちですね!
画面のキャラクターと一緒に返事しちゃったりなんかして。
予告がオール子供向け、というのも新鮮。

今作はソフト化しそうですね!