植物図鑑 運命の恋、ひろいましたの作品情報・感想・評価

植物図鑑 運命の恋、ひろいました2016年製作の映画)

上映日:2016年06月04日

製作国:

上映時間:112分

3.2

あらすじ

運命の出会い、信じていいですか。 「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?噛みません、しつけのでた良い子です。」 何のとりえもない普通の女の子・さやか(高畑充希)の目の前に、ある晩現れたのは行き倒れた青年・樹(岩田剛典)。思いもよらない出会いから突然始まった、2人の「半年」という期限付きの同居生活。しかし彼は、自身の名前と、野草に詳しいということ以外は、謎に包まれていた。 「彼氏じ…

運命の出会い、信じていいですか。 「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?噛みません、しつけのでた良い子です。」 何のとりえもない普通の女の子・さやか(高畑充希)の目の前に、ある晩現れたのは行き倒れた青年・樹(岩田剛典)。思いもよらない出会いから突然始まった、2人の「半年」という期限付きの同居生活。しかし彼は、自身の名前と、野草に詳しいということ以外は、謎に包まれていた。 「彼氏じゃないんだよね・・・?」 知らない世界を優しく教えてくれる樹と、毎日過ごすうちに、積もっていく「好き―」という気持ち。 けれども、彼には、ある秘密があった―。 恋を知り、傷つき、もがきながら、少しずつ変わっていくさやか。樹の抱えた秘密と彼の本当の想いとは? やがて、二人の恋の行方は、驚きの感動のラストへ―。

「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」に投稿された感想・評価

tera

teraの感想・評価

3.9
" ただいま "
" おかえり "
" いただきます "
" ごちそうさま "

隣で一緒に言ってくれる人がいたら どんなに幸せなのだろう。
ぱらりとカレンダーがめくられる様に何気なく、爽やかに、そして静かに 日々が過ぎていく。温もりを感じる。この映画に、現実味を求めるのは間違いなのかもしれない。そもそも冒頭の、俺を拾ってください の時点でありえない、これはメルヘン映画だ、と自分に言い聞かせた。

ポスターを見るからに、つまらなさそうで絶対こんなん観ないと思っていたが、原作が有川浩なので まぁなんとなく観たら…涙腺…ッ
ps. 岩田のセリフが棒読み・滑舌悪すぎて 字幕で観ないと何を喋ってるのかわからない
いくら

いくらの感想・評価

3.2
充希ちゃんのまん丸の目!可愛すぎる。ほっこりする映画もたまにはいいな。
2525

2525の感想・評価

3.7
現実味がないところが好き。
小説を読みたいと思いました。
shi

shiの感想・評価

3.0
013/2018
MIO

MIOの感想・評価

3.5
原作が好き過ぎて見ないって思っていたけど、やっぱりこの作品の実写化は難しいんだなと思った。キャストとかではなくて、あまりにも非現実的なラブストーリーだから、文章で読むと最高に良いんだけど映像化するとどうも入り込めない。文章からは伝わらないリアルな部分も映像化されてしまうからかなぁ。でも真っ直ぐなラブストーリーを観るのは久々だったのもあってキュンとしたし、二人の演技は愛おしいと思えて後半にかけては好きだった。納得はいかないけどこれはこれで良かったし、小説が読みたくなる。
間違ってDLしてしまったのでたまたま観たものですがなんだかほっこり。たまにはよいね。原作有川浩なのね。
sugenon

sugenonの感想・評価

1.7
ただしイケメンに限る。

ホント、ただしイケメンに限るってしか言えない映画だった笑。俺も岩ちゃん拾って帰りたいわー笑。ご飯作って欲しいわ。

突っ込みどころ満載の映画はさておき、主題歌の「やさしさで溢れるように」がこんなにいい曲なんだと再認識。本家JUJUと比べても、今作のFlowerのコーラスワークと倍音の感じもイイ!うん。

岩田剛典、高畑充希が好きなら相手目線のシーンでニヤニヤする映画かと。
>|