俳優 亀岡拓次の作品情報・感想・評価

「俳優 亀岡拓次」に投稿された感想・評価

20数年生きてきた人生の中で一番好きな映画です。
夢と現実がいりまじる横浜監督の最高の世界観と、なんともまぬけなおじさんがかけあわさるとこんなにも心躍るものかと。映画館を出たあともしばらくゆっくり噛み締めたくなる映画でした。
BluRayを買ったのですが、何度も見れば見るほど好きが大きくなっていきます。
安田顕という食材を最大限に生かした「中華丼」みたいな作品。ごく稀に出てくる「うずらの卵」的な女将・安曇とのシーンがとてもいい。

安田顕をひたすら眺める映画。好きならずっと観てられるし、「そこまで…」であれば全く口に合わないと思う。恋愛要素をウリに出してるのに、ほとんどそのシーン出てこないし。

やたら間延びするシーンがあるため、そこが大きなマイナスポイントであるが、安田顕という人間が好きなら鑑賞をオススメします。
Cecile

Cecileの感想・評価

2.5
初めから終わりまで
ぼーっと見ることができる映画

映画全体が亀岡拓次自身のような
どこか現実と夢が重なり合った
この世界観が好きな人にはハマりそう
詩乃

詩乃の感想・評価

3.2
こうゆう映画こそちゃんと見なきゃ良さわからないなと
結構ちゃんと見たんだけど、思ってたのと違う感が抜けず、ハマらず
白昼夢のような役者人生キャスト隅々まで隙なし
亀岡拓次=安田顕

劇中のカメラワークなどでおっ!と思わされるシーンもあったり、これは亀岡拓次じゃなく、安田顕さんの映画なんじゃないかって思うくらい…うまくことばで表現できない^_^;
万太郎

万太郎の感想・評価

3.5
割と地味で淡々とした映画なんだけど、なーんかちょっと引っかかるものがあるよねぇ。
出てる役者さんも豪華でいい味出してるし、原作者もちらっと出演してたり、音楽は大友さんだったり。単に自分が横浜監督が好きなのかもしれんけど。
Mainy

Mainyの感想・評価

2.5
ヤスケンは好き。麻生久美子も好き。話題の新井浩文も三田佳子も出てた(笑)けど作品は最後まで見たいと思えず…

しかし麻生久美子は本当にかわいい。あんな人が小さな飲み屋のカウンターの中にいたらどうにかなっちゃう。
MilanoK

MilanoKの感想・評価

2.6
ヤスケンを見たくて鑑賞
やっぱり彼は名脇役かも…?
>|