女が眠る時の作品情報・感想・評価

女が眠る時2016年製作の映画)

上映日:2016年02月27日

製作国:

上映時間:103分

3.0

あらすじ

作家の清水健二(西島秀俊)は1週間の休暇を取り、妻の綾(小山田サユリ)と共に郊外のリゾートホテルを訪れる。 初めて書いた小説がヒットしたもののスランプに陥り、今後就職することが決まっていた健二は、妻との関係も倦怠期を迎え、無気力な時間を過ごしていた。滞在初日、彼はプールサイドで異様な存在感を放つ、初老の男・佐原(ビートたけし)と若く美しい女・美樹(忽那汐里)のカップルに目を奪われる。その日以来…

作家の清水健二(西島秀俊)は1週間の休暇を取り、妻の綾(小山田サユリ)と共に郊外のリゾートホテルを訪れる。 初めて書いた小説がヒットしたもののスランプに陥り、今後就職することが決まっていた健二は、妻との関係も倦怠期を迎え、無気力な時間を過ごしていた。滞在初日、彼はプールサイドで異様な存在感を放つ、初老の男・佐原(ビートたけし)と若く美しい女・美樹(忽那汐里)のカップルに目を奪われる。その日以来、健二はホテル内で彼らを見かけるたびに後をつけ、部屋を覗き見るようになっていく。部屋には、美樹の体の産毛をカミソリで丁寧にそり、毎晩彼女が眠る姿を撮影し続ける佐原の姿があった。自ら佐原に近づいた健二は、佐原と初めて言葉を交わしたものの、美樹が眠る動画を見せながら彼が放った「あの子の最後の日を記録しようと思って」という言葉に底知れない恐怖を覚える。危険を感じながらも好奇心をさらに掻き立てられた健二の行動は次第に常軌を逸し、部屋の中に忍び込むという、ストーカー行為にまで及んでいく。ある日、2人を追ううちにたどり着いた居酒屋で、健二は怪しげな雰囲気を放つ店主(リリー・フランキー)により佐原と美樹の過去を知り驚愕する。その頃、佐原の美樹に対する執着は健二の想像をはるかに超える狂気へと向かっていた。

「女が眠る時」に投稿された感想・評価

観終わったあとボーッとした、誰とも話したくない
たえこ

たえこの感想・評価

3.3
たけしが出てたので鑑賞。
いまいちだった。
Emma

Emmaの感想・評価

2.5
好きか嫌いかだと嫌い。え?これ現実の話なの?頭の中だけの話?と良くわからない。特に盛り上がる場面もなく。西島秀俊の色気がもう。素敵。忽那汐里を綺麗と思ったことがなかったのに、ヘルシーな色気というのか艶やかさみたいなものが良かった。
dodo

dodoの感想・評価

3.5
愛と狂気。
穏やかな水面が、徐徐に荒れ始めるように、動き始める狂気。
愛と狂気は、背中合わせ。
直接的表現はほぼないのに、なんともエロティック。
剃刀で女のうなじの毛を剃る初老(たけし)
なんで、タバコを我慢して鉛筆を噛んでるだけなのに、あんなにえろいのだろう。
西島秀俊の栗の穴という、エロティックな映画を観たときは、感じなかったが、鉛筆を噛む姿が、ものすごくセクシーでした(笑)
映画祭にて。
小説家の夫婦と初老(?)のおじさんと若い女性、4人が織り成す物語。だけど…なんていうか、たぶん現実なのか妄想なのか小説なのか?系のやつなんだろうとは思う。
上映後、ビートたけしのビデオメッセージが流れたけど、「ベルリンの客は難解な映画が好きだと思うので良い反応期待してます」と言ってた。
わたしは難解云々を感じる前に睡魔に負けた(笑)日本語の映画なのに!すみませーん!
・2016年 邦画 作品:第7位
捻じ曲がった究極の愛。
たけし、好き。
mayucom

mayucomの感想・評価

3.0
むずかしい…
もう一度確認しながら観たい
くぅー

くぅーの感想・評価

3.7
my2016映画館#17》まずあえて、感じるミステリー作品ゆえに、明解な答えを期待するならオススメしません。
ベストセラー以降は数年執筆できてない小説家って設定がポイントで、リゾート地で他人の人間関係を覗き、妄想から狂気へと向かう様を描く…そう、職業柄の欲望で自身をコントロールできなくなるパターンであり、目新しさは無いけど。
よって、キャストが実力派のくせ者だらけで、西島秀俊とビートたけしの再共演にニヤリとし、対照的な忽那汐里に小山田サユリと、それぞれに味のある演技を披露。

このレビューはネタバレを含みます

スイミングプール風
>|