女が眠る時(2016年製作の映画)

上映日:2016年02月27日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:103分
    監督
    ウェイン・ワン
    脚本
    マイケル・レイ
    キャスト
    北野武
    西島秀俊
    忽那汐里
    小山田サユリ
    リリー・フランキー
    新井浩文
    渡辺真起子
    あらすじ
    作家の清水健二(西島秀俊)は1週間の休暇を取り、妻の綾(小山田サユリ)と共に郊外のリゾートホテルを訪れる。 初めて書いた小説がヒットしたもののスランプに陥り、今後就職することが決まっていた健二は、妻との関係も倦怠期を迎え、無気力な時間を過ごしていた。滞在初日、彼はプールサイドで異様な存在感を放つ、初老の男・佐原(ビートたけし)と若く美しい女・美樹(忽那汐里)のカップルに目を奪われる。その日以来、健二はホテル内で彼らを見かけるたびに後をつけ、部屋を覗き見るようになっていく。部屋には、美樹の体の産毛をカミソリで丁寧にそり、毎晩彼女が眠る姿を撮影し続ける佐原の姿があった。自ら佐原に近づいた健二は、佐原と初めて言葉を交わしたものの、美樹が眠る動画を見せながら彼が放った「あの子の最後の日を記録しようと思って」という言葉に底知れない恐怖を覚える。危険を感じながらも好奇心をさらに掻き立てられた健二の行動は次第に常軌を逸し、部屋の中に忍び込むという、ストーカー行為にまで及んでいく。ある日、2人を追ううちにたどり着いた居酒屋で、健二は怪しげな雰囲気を放つ店主(リリー・フランキー)により佐原と美樹の過去を知り驚愕する。その頃、佐原の美樹に対する執着は健二の想像をはるかに超える狂気へと向かっていた。

    「女が眠る時」に投稿された感想・レビュー

    タナカノゾミ™
    タナカノゾミ™の感想・レビュー
    2016/10/23
    -
    観終わったあとボーッとした、誰とも話したくない
    はる
    はるの感想・レビュー
    1時間
    3.8
    夢か現実か、何がどこから狂っているのか分からなくなる感じがシャイニングみたいでした。サスペンスというよりホラーかな。西島さんの眼鏡と萌え袖が唯一の癒しでした。プールのシーンも色合いが美しく、ホテルの部屋のインテリアも素敵でした。
    もぐ
    もぐの感想・レビュー
    4日
    2.3


    記録用
    やっほ
    やっほの感想・レビュー
    5日
    3.5
    タイツとストッキングの違いがハッキリ言えないような…現実と妄想と夢の境界がハッキリ解らない。“透ける”中身だけ“覗き見る”ような時間が幾ら流れてもただ彼らがより“変質的”に見えるばかりで…彼らの“妄執”の理由も…彼女が“無防備”に眠る理由も…彼女の奇異な行動の理由も…何も“書く”ことが出来ない。何故か協力的ででもギクシャクして見える夫婦の“欲望”も…。ハッキリしたことはようやく“作品”が“出来た”ということか…。ん…
    ふるか
    ふるかの感想・レビュー
    5日
    2.5
    真面目に見ないとほんと色々抜ける。はっきりしたストーリーとか起承転結! 真相! みたいなのがないので、ぼーっと見てるとさらっと終わってしまった〜主人公余計なことばっかしてる気がするし、奥さんとの喧嘩の下りの罵りが唐突すぎて、ほんとなんかその人の人生の一部分だけかじっちゃった感じがする
    カナコ
    カナコの感想・レビュー
    2017/04/20
    2.7
    雰囲気はいい、雰囲気は
    ミントチョコ
    ミントチョコの感想・レビュー
    2017/04/16
    3.7
    西島秀俊さん目当てに観賞。話のストーリーを追わなくてはならないし、映像も意味深なので作品の世界にのめり込んでしまいました。現実と非現実の境がキーポイントでしょうか。自分の目に映るものと、感情で物事の見え方が変わってくる映画だった気がする。
    かさな
    かさなの感想・レビュー
    2017/04/12
    3.0
    難しさ満載。って感じの映画でした。抑えきれない衝動ってのがテーマで 確かにゾクゾクします。でも結果良く分からないっていう (・・;)でもこのもやもや感嫌いじゃないです。リリーさんが相変わらずいっちゃってて気色悪くて最高でした。
    anakarumik
    anakarumikの感想・レビュー
    2017/04/11
    3.7
    ゾクッとした。
    >|