JIN

DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧のJINのレビュー・感想・評価

4.4
自分はテクノが大好きなわりには電気グルーヴに関しては熱心に聴いてこなかったという経緯がある。
彼らに関してはTMN VS 電気GROOVEのシングルから知ってるし、『FLASH PAPA』も持っている。
電気グルーヴにそれほどハマらなかった理由はたぶん「おふざけ」の部分とけったいな歌詞と歌ってのが大きいと思う(笑)
サウンドに関してはデビュー当時からカッコイイとは感じてたので、たまにチョイチョイチェックするような感じ。
ただ、どこか自分の求めてるタイミングとはズレてる人達だった。

そんなこんなで電気グルーヴは薄口の付き合いのまま現在に至ってたわけやけど、今回映画を観るに至ったのは大根仁監督っていうこともある。
この人の映画やドラマの音楽の使い方が好きだから。
元メンバーCMJKや砂原良徳、スチャダラパーにWESTBAMに山口一郎に小山田圭吾らもコメントで登場。

電気グルーヴはサブカルの流れはあったと思うけど、日本においてテクノというジャンルを大きく普及させたことへの功績というのはとてつもなく大きい。
一般的には『Shangri-La』が一番知られたヒット曲なんやろうけどね。
やり尽くした時にラルクが売れたから休ませてもらえたっていう(笑)
長年やり続けてるっていう、その事実が先ず何より凄いこと。
まあ石野卓球とピエール瀧のお二人はかなり仲がいいので、活動休止はしても解散はしないような気はするけども。
とりあえずテクノというジャンルにおいてのパフォーマンスの楽しませ方を第一線で導いてくれた偉大なる存在やね。

彼らに詳しくなくても音楽ドキュメンタリー映画として十分楽しめる内容だった。
また彼らの音楽の軌跡を再確認したくなった。