エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中にの作品情報・感想・評価

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に2015年製作の映画)

Everybody Wants Some!!

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

1980年夏、野球推薦で大学に入学することになった主人公・ジェイク(ブレイク・ジェナー)が、個性豊かで騒々しいチームメイトたちと野球はもちろん、女の子、お気に入りの曲、パーティ、お下劣なジョーク…あらゆることに全力で打ち込み、新たな出会いと成長、そして恋を経験する。

「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.6
真っ二つに砕かれてしまった2016年のアメリカで、人種や、個性や、ライフスタイルのサラダボウルであるアメリカを語ること。いや、正確には「かつてサラダボウルと呼ばれた」アメリカの、ある筈もない幻影を語ってみせること。リンクレイターが何を意図してこれを撮ったかはほとんど重要ではない。ただ、この題材が小さくない意味を持ってしまったことだけが重要だ。

実際、ここにあるのは特定の中心を持った調和などではない。ゴロゴロの具材が、互いを潰すことなく、ただゴロゴロのままかき混ぜられる意味での「United」である。互いにまったく異なる「僕たち」として今ここを生きていることに、劇的な意味も必然性もまったくないこと。それでも結果的に出会ってしまった人たちと、あるいは自分と、彼らはいやいや言いながらも生きている。覚めつつ、熱しつつ、でもこれが人生なんだと生きている。

そして、ゴロゴロとぶつかり合った上での「調和」の意味を両価で体現しているのが、音楽だ。ブギー、ファンク、ディスコ、ウェスタン、カントリー、MTVロック、パンク、サイケデリック・ロック、それにヒップホップと、白も黒もとっ散らかった選曲で、途中、主役の男が(リンクレイター映画らしく、いささか説明的に)言及してしまうように、そのフラットさにおいてポストモダンの夜明けといった感じである。逆を言えば、こういうことだろう。「カウボーイが作った偉大なアメリカは1980年にはとっくに死んでいたよ」と。

映画は、しかし、「カレッジ(=大学デビュー)もの」という陳腐な体裁をとりつつ、また、陳腐さの仮面の下で時おり自家中毒を起こしながらも、何とかその役割を徹して(=踊って)いる。一見、ただの乱痴気騒ぎであり、だらしのないノスタルジアであるが、カメラが写し取って来た世界の美しさは、しかし、過去と言うよりは今にも崩れそうな儚い夢のようだ。その演出意図を考えると、泣けてくる。抵抗か、諦めか、もしくはその両方。
いい年になりそうだ、ああ大学がはじまっちゃった。青春には制限時間があることをふと感じさせるラストよかったな。あー楽しかった。
aya8

aya8の感想・評価

-
すんごい老けてる大学生たち^ ^
そして、短パン‼︎

このレビューはネタバレを含みます

鑑賞中、他のリンクレイター作品が思い出される箇所がいくつもありました。ウィロビーの語りは、スラッカーを思い出しましたし、ジェイクとビバリーの知的で甘い会話はビフォアサンライズのジェシーとセリーヌの会話を彷彿とさせます。リンクレイタータッチが味わえて満足でした。
80年代を知っている人は、より楽しめるのでしょうが、知らなくともギャップを楽しめる映画でした。曲やファッション、家具、車皆ノスタルジックでクールでした。だけど、今も昔も大学生がやることは変わらないようですね。若さ一発っていう感じの青春の煌きを感じられました。
ひろ

ひろの感想・評価

3.7
リチャード・リンクレイター監督・脚本によって製作された2016年のアメリカ映画

監督が自らの作品「6才のボクが、大人になるまで。」の続編的な作品と言っている作品。時代設定からして違うし、どこら辺が続編なのか判断が難しいが、大人になった青春の段階を描いたつもりなんだろうな。監督自らの青春時代もモチーフにしてるみたいだから思い入れが強い作品なのだろう

大学の新入生が野球部に入って新学期まで馬鹿騒ぎする青春映画。アメリカの青春映画で野球部が題材なんて珍しいなあって思ったけど、ほとんど野球関係ない(笑)とにかくアホでいい加減な先輩達と毎日バカなことして大学生活を楽しむだけ

先輩達がやたらと老けていて大学生に見えないのが笑える。80年代という設定がよくて、ノスタルジーを感じさせる。一生に一度しかない青春時代を満喫する野球部のメンバーを見ているだけで楽しくなる。酒飲んでマリファナ吸って、ここまでひどくないだろうけど、実際に80年代はこんなだったのかなって思っちゃう

いきなりザ・ナックの「マイ・シャローナ」で始まり、終始80年代の音楽や文化が登場するのは面白い。親からしたら子供がこんなことしてるなら大学へ行かせたくなくなるかもしれないが、若者は常にバカして生きる生物だから仕方ないのだ。バカな奴ほど立派になるのだ。たぶん。見てるだけでアメリカのおバカな学生気分を味わえる。アメリカも日本も古き良き時代を題材にするといい作品になる。それって現在に不満があるからなんだよね。現在も楽しくなるように楽しい映画を見ときましょ
悲しいこと何もおきてないのに哀愁と不安感を感じるのは、なぜだろう。面白い。
#2016-122
6歳の僕が大人になるまでの続編といっても、あながち間違っていないような映画だった。

ことごとく何も起きないからなのか、野球部のキャラを覚え切れなかったからなのか、野球部のキャラが揃いも揃ってオヤジだったからなのか、6歳の僕が大人になるまでのような起伏のない物語だからなのか、ハマらなかった。

人間ばかやっても、あの頃にはもう戻れないんだな
マナベ

マナベの感想・評価

3.4
終わり方にびっくり笑
青春?を凝縮したかんじ。かもしれない
コイツら本当に大学生か?と、思わせる風貌は’80年代だからか?
大学野球部の寮を舞台に1980年の新学期が始まるまでの3日間の若者たち!

当時のロックやディスコでフィーバー🕺する彼等がビールとオッパイで頭がいっぱいで楽しそう😁
いろんな事でバカ騒ぎするエネルギーが羨ましくて楽しい、おバカなんだけど「死ぬ時に後悔するのはやったことじゃない、やり残したことだ!」と言うセリフはカッコいいね!

単なる大学生のバカ騒ぎの軽〜い話、野球の場面が殆ど無い事に笑っちゃいますが
自主練のシーンは皆んなビシッと気合いが入り良い顔してます!

自分はピンボールマシンにKISS、LED ZEPPELINなどの音楽ネタが一番楽しめました!エンドロールも好き。

バカ騒ぎの良作でした!
はる

はるの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最後まで野球しないんじゃなくて、自主練だけはちゃんと観せるところが最高。やはりベースボールとマイシャローナを扱う映画にハズレ無し。
「パンク」と言われてたシーンがグランジの萌芽であると描いてるところなど、イチイチ楽しい
>|