エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中にの作品情報・感想・評価

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に2015年製作の映画)

Everybody Wants Some!!

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

1980年夏、野球推薦で大学に入学することになった主人公・ジェイク(ブレイク・ジェナー)が、個性豊かで騒々しいチームメイトたちと野球はもちろん、女の子、お気に入りの曲、パーティ、お下劣なジョーク…あらゆることに全力で打ち込み、新たな出会いと成長、そして恋を経験する。

「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.6
真っ二つに砕かれてしまった2016年のアメリカで、人種や、個性や、ライフスタイルのサラダボウルであるアメリカを語ること。いや、正確には「かつてサラダボウルと呼ばれた」アメリカの、ある筈もない幻影を語ってみせること。リンクレイターが何を意図してこれを撮ったかはほとんど重要ではない。ただ、この題材が小さくない意味を持ってしまったことだけが重要だ。

実際、ここにあるのは特定の中心を持った調和などではない。ゴロゴロの具材が、互いを潰すことなく、ただゴロゴロのままかき混ぜられる意味での「United」である。互いにまったく異なる「僕たち」として今ここを生きていることに、劇的な意味も必然性もまったくないこと。それでも結果的に出会ってしまった人たちと、あるいは自分と、彼らはいやいや言いながらも生きている。覚めつつ、熱しつつ、でもこれが人生なんだと生きている。

そして、ゴロゴロとぶつかり合った上での「調和」の意味を両価で体現しているのが、音楽だ。ブギー、ファンク、ディスコ、ウェスタン、カントリー、MTVロック、パンク、サイケデリック・ロック、それにヒップホップと、白も黒もとっ散らかった選曲で、途中、主役の男が(リンクレイター映画らしく、いささか説明的に)言及してしまうように、そのフラットさにおいてポストモダンの夜明けといった感じである。逆を言えば、こういうことだろう。「カウボーイが作った偉大なアメリカは1980年にはとっくに死んでいたよ」と。

映画は、しかし、「カレッジ(=大学デビュー)もの」という陳腐な体裁をとりつつ、また、陳腐さの仮面の下で時おり自家中毒を起こしながらも、何とかその役割を徹して(=踊って)いる。一見、ただの乱痴気騒ぎであり、だらしのないノスタルジアであるが、カメラが写し取って来た世界の美しさは、しかし、過去と言うよりは今にも崩れそうな儚い夢のようだ。その演出意図を考えると、泣けてくる。抵抗か、諦めか、もしくはその両方。
mao

maoの感想・評価

4.0
最高で大好きなんだけど、どうみても大学生には見えない人が何人かいたよ。ちょっとオッサンにしか見えず…
音楽も良かった!
自分が男ならこんなにイケイケなリア充にはなれそうもない
え

えの感想・評価

3.7
夏が恋しくなった!

エンディングもイカす
ぼぞ

ぼぞの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

どんなしょうもないことでも熱中できるって素敵、そういう作品でした。
やっぱり私は青春映画が好きなんだなと実感。
でも頑張って大人のマネして背伸びしてるようなストーリーが好きなので私はバッドチューニング派。
バッドチューニング同様選曲は最高。
エンドロールのMVみたいなやつ好き。

退学になったやつ絶対スカウトの人でしょ。
はる

はるの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

野犬が一番ヤバい
桃龍

桃龍の感想・評価

4.5
THE青春
最高‼️
ri

riの感想・評価

3.0
若い!

このレビューはネタバレを含みます

自分用記録。

大学始まる春休みの出来事。
アメリカ特有のヤクをやったりはしゃいだりの日常。
自由さがよく表現されてた。
菊池2018

菊池2018の感想・評価

4.5
事件らしい事件がないどころか起承転結の「起」だけで2時間みたいな映画。テンションは全然違うけど『リンダリンダリンダ』とかを観てる時のような多幸感。観ていて永遠に続いて欲しいと思っちゃうけど、そうは行かないという現実的な目線もちゃんと入ってる。
とことんバカで下品だけど、結構名言飛び出たり。こんなバカやってみたい。大好きな青春映画になった。野球部員全員のキャラ大好きだし、車でラップ歌うシーンお気に入り。
>|