エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中にの作品情報・感想・評価

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に2015年製作の映画)

Everybody Wants Some!!

上映日:2016年11月05日

製作国:

上映時間:117分

3.7

あらすじ

1980年夏、野球推薦で大学に入学することになった主人公・ジェイク(ブレイク・ジェナー)が、個性豊かで騒々しいチームメイトたちと野球はもちろん、女の子、お気に入りの曲、パーティ、お下劣なジョーク…あらゆることに全力で打ち込み、新たな出会いと成長、そして恋を経験する。

「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」に投稿された感想・評価

次郎

次郎の感想・評価

4.0
前々から気になってたけど監督が『スクール・オブ・ロック』『ビフォア・サンライズ』の人と知って俄然観る気になった。時代は1980年の夏、野球推薦で大学入学した主人公の、授業が始まるまでの3日間の寮生活とパーティーライフという共感度0%のあらすじながら、圧倒的なユーモアと音楽愛と不意に出てくる良い言葉にすっかり心揺られてしまった。
オープニングのマイ・シャローナの掴みもいいけど、何よりグッとくるのが、シュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」が主題歌として挙げられてエンド・ロールで反復されていること。ディスコとカントリーとパンクのパーティーに次々と出かける節操のなさは、この時代に次々と新しい音楽が出てきた躍動感と結び付く。野球部の面々はどいつもこいつも負けず嫌いで面倒くさそうで嫌な感じだと思ったのに、最後まで見終えると不思議と憎めなく思ってしまう。

こんな青春なんって送ってないし、自分には決して手の届かない世界。だけども、その煌めきはこんなにも豊かで、ノスタルジアに留まらない輝きに溢れていた。傑作だよ。
AKALIP

AKALIPの感想・評価

3.2
バカだなぁ〜〜
日本の大学生と全然違う自由な感じ、、
少し憧れる!!
最後のパーティーのかんじが
すごくオシャレで可愛かった
何がしたいのかよくわからない映画だったかな
Lea

Leaの感想・評価

4.0
起、承、転がなくて、結?!まあそんな気はしてたけどって感じやった
全体的なノリがすごい好き
明るい青春映画
はちゃめちゃやけど野球はバチバチ、ペラペラそうでみんなのキャラ、思想、生き様が見えて意外と深い💯
フィン推し
ジェイクがI like you tooの後にa little bitって付け足すのいいわ〜〜
Penny

Pennyの感想・評価

3.8
ただのバカな大学生たちがただ大騒ぎしている映画だと最初は思っていたけど、
一人一人がちゃんと自分というものを持っていたな〜。

いいことも悪いことも自分次第で全て価値あるものに変わる。
そういった自分自身へのメッセージ性を強く感じた。

にしても最高な野球部!!!

何か行き詰まった時にまた見たい!
映画後半でフィンが野球部の仲間たちに、「お前らはいつも女の話ばっかりだ。それ以外は野球の話だけ」と吐き捨てるシーンが大好き。若い頃って考えること、考えられることが少なかったから、真っ直ぐにバカでいられて。それにしてもこの野球部はバカすぎるけど笑 でも、ちゃんと愛らしくて、友達になれないけど、一回ぐらい飲んでみたいなと思える好きなタイプの映画。リチャード・リンクレイター好きだな。
K

Kの感想・評価

3.0
男はバカで
男はサイコー
てきな?
この面白さはわたしには分からなかったなー
ここの平均は3.7
マジかよと思ったのが本音

アメリカらしい作品で、大学生活はこんな感じ!!っていうのを表現してる
女、ドラッグ、酒
俺は自由だー!!!
なんでもできる!!!


敬語が無い分、先輩とこんな感じで仲良くなれるんだなとビックリ

なんか展開あるのかなーと思いつつ、劇中は女かドラッグか酒のことばかり
バックにある何かは掴めなかったな
他の人が見たら何か感じるのかな、

野球強豪大学へ来た主人公
授業開始までの3日間、女とドラッグと酒をやる
そんな映画ですw
Marilyn

Marilynの感想・評価

3.0
バカバカしいのに心に来るものがある。
こういう学生生活もいいなぁと思えた。
>|