ゴッド・タウン 神なきレクイエム/ゴッド・タウン 裁かれる街の作品情報・感想・評価

「ゴッド・タウン 神なきレクイエム/ゴッド・タウン 裁かれる街」に投稿された感想・評価

Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

4.0
フィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演作。ヘロイン中毒の影響なのか、異様に肥満した体型が痛々しい。
日本劇場未公開作だが、なかなかの力作。ロクデナシの住民ばかりのアメリカ田舎町の話で、ホフマンの女房クリスティーナ・ヘンドリックスの前夫とのバカ息子が変死する事から色々な出来事が起こる。
いかにも映画的な大袈裟な事件があるわけでもなく、淡々とした流れで進行するのが現実的でいい。エンタメ・アクションを見慣れた目には物足りないかもしれないが、好きな描き方だ。
ホフマンの友達の女房で花屋のオバさんが、町のゴロツキをあっさり射殺したシーンはスカッとした。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

2.5
凄く閉塞的な町で起こった義理の息子の死亡事故。息子の死亡は事故ではなく、その不信死を疑った母親。サスペンスなのかなーと思いきや、人間ドラマでした。それも凄く地味で閉塞的な…。ちょっと何が言いたいかわからなかった。
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.0
ゴッズポケットって町なのに なんでゴッドタウンにしたか?笑。排他的でよそ者を受け入れない町。生まれてから死ぬまで町を出ないらしい。好条件出されても 住みたくない。みんながみんなを知って みんながみんなを見てる。外に出る事が怖いのかもしれない。神様のポケットにも ヨレヨレの紙片が たくさん入ってた。花屋のオバちゃんが スカッとさせてくれた。
scarface

scarfaceの感想・評価

3.4
フィリップ・シーモア・ホフマンの醸し出す哀愁がたまらんのです。死ぬ間際なんだよな、これ。なんか色々考えながら観てました。話もなかなか渋くて好きな方。
この町に生まれなくてよかった(>_<)
くわこ

くわこの感想・評価

3.0
誰が死んでも誰も何も言わない。閉鎖的な街で起こった義理の息子の死。妻は事故死を疑い、夫に調べて欲しいと言いだして…。

妻役の人が綺麗すぎる。

作品自体が独特の荒んだ色。登場人物たちも暗いし歪んでる。

主人公は妻に突っかかるわけでもなく、妻のことを思い要望に応えようとする。この作品では数少ない「いい人」だと思った。
クリスティーナは美しい。
ピロ子

ピロ子の感想・評価

4.5
始めにナレーションで、この街の腐り具合を語る通り。そして住民たち。
今まで観たスラム街的なストーリーの作品で「ここを出て何とかしなくちゃ」という人間がいたけど、この作品は、一人も居ない。そこまで考えが及ばない程、1日を何とかやり過ごして騙して疲れて、夜、日中ずっと酒に溺れている。
もう少し、キャラクターの突っ込んだ情報が欲しかったけど、敢えて、観てる側の想像に任せているのかな?と思った。

フィリップ・シーモア・ホフマン、ジョン・タトゥーロ、この2人でも濃いキャスト。そこへ、ケイレブ君、リチャード・ジェンキンス。
ケイレブ君を観て「『神様なんかくそくらえ』のあの子か!!!!」と判明。
リチャードさんは知らない俳優さんだったけど、「スリー・ビルボード」を観た時に「シェイプ・オブ・ウォーター」に出てるのを知って、何だこのキャストは、と。私は、映画館で鑑賞する時予告編が流れ始めと、下を向いて観ないようにしているけど「声」。印象的な声は脳内に残る。
リチャードさん素敵な声だったので、この作品で待て待て待て!と。失礼極まりないけど、声の印象と外見のギャップにビックリした。ごめんなさい。
yy22

yy22の感想・評価

-
2015 WOWOW
ハッキリとしない映画
何の説明もなく、観ながらコイツはこんな職業か、など結構観察を要する割にそこは重要じゃない笑
ただただ、日常の様な非日常が流れるある種邦画的映画
音楽がちょいちょいイケてるのが救い

ps:死ぬやつ死ぬ前から相当状態悪そう笑
>|