ゴッド・タウン 神なきレクイエム/ゴッド・タウン 裁かれる街の作品情報・感想・評価

「ゴッド・タウン 神なきレクイエム/ゴッド・タウン 裁かれる街」に投稿された感想・評価

Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

4.0
フィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演作。ヘロイン中毒の影響なのか、異様に肥満した体型が痛々しい。
日本劇場未公開作だが、なかなかの力作。ロクデナシの住民ばかりのアメリカ田舎町の話で、ホフマンの女房クリスティーナ・ヘンドリックスの前夫とのバカ息子が変死する事から色々な出来事が起こる。
いかにも映画的な大袈裟な事件があるわけでもなく、淡々とした流れで進行するのが現実的でいい。エンタメ・アクションを見慣れた目には物足りないかもしれないが、好きな描き方だ。
ホフマンの友達の女房で花屋のオバさんが、町のゴロツキをあっさり射殺したシーンはスカッとした。
フィリップさんのターンでしたが、改めていい俳優さんだなーと。。

昔は映画監督で見ることよりも、好きな俳優で観てたけど、この人に関しては、そのみかたで大丈夫な人な気がする!
そのくらいのただのオッさんの存在感がたまらなく、気持ちいい。

保守的なアメリカの田舎町の人たちを描いた群像劇。

誰もが顔見知りで、そのまま大きくなっていく。

東京に居ると忘れてしまいそうなその感覚が時に恋しくもなる気がする。

これといって特に盛り上がるわけでもないが、実際の人生も多分そんな感じでゆっくり、だけど強引に進んでいくかんじが、人生の無常さや、やるせなさ、そんな中でも生きていく力強さや、図太さ、

そんな感情が、観終わってから、身体の中に残った一本。
義理の息子が死んでしまうとこから始まる、田舎町のどんよりした人間ドラマ
とにかく暗い
田舎ならではの閉塞感はうまく表現出来ていたような
フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作、ということだけで期待値高い。
事前情報入れずに視聴。



「I don't know, but I know.」

現場で何が起きたのか、現場にいた人間以外は誰にもわからない。


(ここでサスペンス系か、と思いきや、そうでもない)


そして

頭から暗い。
ずっと暗い。
最後は少し穏やかになるけど
締めもなかなかオチがない。


終始どんよりな感じですけども、人間模様がいろいろぐちゃぐちゃしていて、期待値には届かないながらも、個人的には嫌いじゃない作品でした。



フィリップ・シーモア・ホフマン、もっと観たかった。
tokku

tokkuの感想・評価

2.0
遺作なるのかな?とにかく町の人間はクソだらけ‼
どの役にも共感出来ない...
ジョン・タトゥーロが出ている時点でサイのコーなんだけれど、クズしかいない街、という設定がもうグッと来るよね。
Boxster

Boxsterの感想・評価

2.8
うーん、、、暗いぞ、、、暗い( ´•ω•` )
暗すぎてどうしようもないというか、本当にどうしようもない人達の集まり。。。笑
これはコメディなのだろうか。。。

なんか観ると物凄く暗い気持ちに。。。
残念すぎる人たちの集まり。。。

観てて気分が暗くなったのでちょっと次はないなぁ〜
名優が多数出演してますが、それだけかな?コラムが意味をないとしたら映画のベースが意味をなさない事に…奥さんの発砲に驚いただけ…
ぼやき

ぼやきの感想・評価

3.0
どうしようもない人達の悲劇を描いた喜劇。アメリカン・ビューティーに通じるところのあるオフビート・コメディ、好きな作風でした。
>|