青春群青色の夏(2015年製作の映画)

上映日:2015年09月05日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:115分
    監督
    田中佑和
    脚本
    田中佑和
    キャスト
    遠藤耕介
    金田侑生
    上川雄介
    中村唯
    生沼勇
    湯原彩香
    睡蓮みどり
    山田篤史
    あらすじ
    東京都世田谷区に住む高校3年生の秋山耕介。夏休み、家出をした小学校時代の同級生 夏木真太郎は耕介の親が田舎に帰省しているのをいいことに耕介の部屋に転がり込んでくる。性格も正反対で、大して仲が良かったわけでもない二人。やがて部屋には真太郎の高校仲間のゴロー、ヒロト、ゴローの彼女なども住みつくようになり、穏やかなはずの耕介の高校生活最後の夏休みはかき乱されていくのだった。七夕の夜、好きな娘の短冊を見つけてしまった真太郎。そこに書かれたその娘の願いには思いもよらぬことが書かれていた。中学時代の卒業アルバムに眠らせたままの耕介の初恋相手。なんだか最近、自分に冷たい真太郎の態度に微妙に悩まされ続けるゴロー。夏休み、急に黒ギャル化したゴローの彼女。花火大会の夜、夏期講習の塾の予定があるどこか孤独なヒロト。援助交際をする少女。それぞれのそんな小さな悩みも、それぞれの10 代の小さなハートで抱えようとすればするほど、それは自然と溢れ出し、時には破裂する。普段あまり笑うことのなかった耕介も、仲間たちとの時間の中で少しずつ忘れていた大切なものを思い出す。そんなひと夏の内緒の共同生活もやがて終わる日がやってくるのだった。

    「青春群青色の夏」に投稿された感想・評価

    センスのないセリフ回しが耐え難い。急にキレてふられた彼女の思いを延々と語るシーンからひどすぎる。
    ギャーギャーうるさい友達に、陰気な少年がツッコミをいれるのが、いちいち寒々しい。
    鳴り続けるきれいな音楽、眩しいライティングの感じもオシャレ映画狙ってるようでダサい。
    マキちゃんの顛末のオチもひどすぎて引く。長すぎる。
    夏休みに入ると好きな子に会えなくなるとか、現代も残るもどかしさなのだろうか?それはとても懐かしい気持ち。
    監督が高校生の頃に書いた脚本を元にして撮った映画らしく、キラキラに満ちている。
    親のさりげない優しさって、何かの裏側に隠れてて気が付きにくい。そんなことも思い出させる映画だった。

    全映画祭から完全無視
    全員無名
    完全無冠の青春映画

    このキャッチコピーは凄い開き直り。
    もう本当ありふれた物語なのだが、役者達の熱演にはどうも訴えかけるものがある。
    監督は今作が初長編作品とのこと。その意気込みも相俟ってか、完成度は高いと思う。男子の青春映画が好きな方にはおすすめ。
    この映画のライティングの加減が苦手だった。
    いろいろ詰め込み過ぎな感じがして、時間が長く感じた。
    短冊のオチは面白い。
    スピンオフは楽しく観ることができた。
    今野杏南が良かった。
    ずっと何かを求めていて、満たされないなかで独りを生きていくとしても人はひとりで生きていけなくて、でもひとりじゃないんだ、ひとりじゃなかったんだ、と噛み締めるのは、ひとりで思いっきり噛みしめる感じ。みんなのなかのひとりとして生きていくのがひとりだちなのだろうか、とか、そんなことを思ってしまうくらいに、虚勢を張ったりぶつけ合ったりする姿が愛おしく生きていて、受けとめて向こうを見つめる後ろ姿が逞しかった。呑みながらの、幸せとは、のところは観ながら呑みながらゲラゲラしてたところでグッときすぎて、グッときたことに笑ってしまうくらいの、一緒に呑んでるみたいだった。
    夏休み中に好きな人に会えないもどかしさを知らない私には難しい。
    こんな青春しらないもん。
    きらきらと眩しかった。
    男子の青春って女子には味わえない
    羨ましい部分があるなあと
    こういう物語を観ると思うんだけど
    まさにそこに嫉妬するくらい
    男の子たちが友情や恋愛の中で
    全力で生きてて良いなと思った。
    群青
    おっさんたちがいい味

    京王沿線が舞台
    下高井戸シネマも映る
    色味が綺麗な映画だった。青春ものは初期衝動で突っ切るやつがあるけど、それですね。

    このレビューはネタバレを含みます

    初日、満員、立ち見での鑑賞
    超個人的に「悔しい」という感触


    iPhoneを届ける駅のシーン、遠くに見える一般のおじちゃんがカメラのほうを見てしまっているカットで一気に映画としてのエンジンが空回りから本回りまでに至る。ストーリーの流れからもこのカットのタイミングで映画が街と溶け込めたことは大成功であり、このシーン以降に街でのシーンが増えていくので良いギアの入り方をした。

    花火大会では駅のシーンで感じた「映画的瞬間」なるものが爆発できたと思う。(映画のなかの花火が個人的趣好だからかもしれない)映画で久々に良い花火を観れたし、しんたろーの背後に捉えられる出店の灯りが最高。明るすぎるし、フィルターによる加工もあるかもしれないが、このシーンがとても大事な意味を持つことや、しんたろーを追い続けてきたカメラがこのシーンで彼を捉えると味が今までのしんたろーのショットと味が違うというか。それくらい頭に残る良い画だった。

    しんたろー役の金田さんがたまらなく最高ですよ