青春群青色の夏の作品情報・感想・評価

青春群青色の夏2015年製作の映画)

上映日:2015年09月05日

製作国:

上映時間:115分

3.2

あらすじ

東京都世田谷区に住む高校3年生の秋山耕介。夏休み、家出をした小学校時代の同級生 夏木真太郎は耕介の親が田舎に帰省しているのをいいことに耕介の部屋に転がり込んでくる。性格も正反対で、大して仲が良かったわけでもない二人。やがて部屋には真太郎の高校仲間のゴロー、ヒロト、ゴローの彼女なども住みつくようになり、穏やかなはずの耕介の高校生活最後の夏休みはかき乱されていくのだった。七夕の夜、好きな娘の短冊を見…

東京都世田谷区に住む高校3年生の秋山耕介。夏休み、家出をした小学校時代の同級生 夏木真太郎は耕介の親が田舎に帰省しているのをいいことに耕介の部屋に転がり込んでくる。性格も正反対で、大して仲が良かったわけでもない二人。やがて部屋には真太郎の高校仲間のゴロー、ヒロト、ゴローの彼女なども住みつくようになり、穏やかなはずの耕介の高校生活最後の夏休みはかき乱されていくのだった。七夕の夜、好きな娘の短冊を見つけてしまった真太郎。そこに書かれたその娘の願いには思いもよらぬことが書かれていた。中学時代の卒業アルバムに眠らせたままの耕介の初恋相手。なんだか最近、自分に冷たい真太郎の態度に微妙に悩まされ続けるゴロー。夏休み、急に黒ギャル化したゴローの彼女。花火大会の夜、夏期講習の塾の予定があるどこか孤独なヒロト。援助交際をする少女。それぞれのそんな小さな悩みも、それぞれの10 代の小さなハートで抱えようとすればするほど、それは自然と溢れ出し、時には破裂する。普段あまり笑うことのなかった耕介も、仲間たちとの時間の中で少しずつ忘れていた大切なものを思い出す。そんなひと夏の内緒の共同生活もやがて終わる日がやってくるのだった。

「青春群青色の夏」に投稿された感想・評価

間違いなく好きな題材なのに、青春映画はキラキラが画面から溢れてくるはずなのに、はなからキラキラしたライティングが気に入らんかった
10代高校生の会話がリアルではあるが、時折説教くさいセリフに辟易する。
夏という部分においては、夏休み、七夕、花火、セミの声など、これでもかという演出に暑さと爽やかさを感じる。
パッケージやモノローグで語る場面があるため、耕介が主人公のように描かれているが、どう考えても真太郎が主人公である。そういった部分で耕介が主人公というのならば、人物描写の弱さと、葛藤があまり描かれておらず、真太郎に感情移入してしまう。そういった意味では、人物の軸がぶれてしまっている。
少し、間延びした部分があるので、もう少しコンパクトに収められたら、良かった。でもラストカットは好き。
そして、走るシーンは走るだけで絵になる。
サブプロット部分に名前のトリックによるミスリードがあるが、伏線もなく唐突すぎる展開に驚きが一つもないのはもったいない。
非常に惜しい作品だが、園子温の弟子のデビュー作ということで、これから期待できる監督なので、ホームラン級の作品を観てみたいものである。
すっごく心打たれた青春。大切なものが詰まってた。
FT24Chika

FT24Chikaの感想・評価

4.0
うーん好きかな…
ただ長い
間延びし過ぎかな!
もっともっと使わなくていい部分が沢山あったと感じましたが
青春ーーー
(*˘︶˘*).。.:*♡
やっぱりいいですね!
煙草、お酒は駄目ー(笑)
だけど溜まり場って
男の子達の基地なんだろうけど連れてってもらうと仲間っ感じで嬉しかったなぁ(´∀`*)
短冊の所は分かってても笑えました(^^♪
ただマキちゃんは
出さない演出だろうけど見たかったです。
シンちゃんがウリしてるハルカに「やめろよ」って所はグッときました。
いなくなって気付く
父は陰で見守ってくれてるんだって…
今後に期待の監督さんです!
100分以内に出来たら最高でしたヾ ^_^♪

『好き』
kaito.m

kaito.mの感想・評価

1.5
センスのないセリフ回しが耐え難い。急にキレてふられた彼女の思いを延々と語るシーンからひどすぎる。
ギャーギャーうるさい友達に、陰気な少年がツッコミをいれるのが、いちいち寒々しい。
鳴り続けるきれいな音楽、眩しいライティングの感じもオシャレ映画狙ってるようでダサい。
マキちゃんの顛末のオチもひどすぎて引く。長すぎる。
slow

slowの感想・評価

3.8
夏休みに入ると好きな子に会えなくなるとか、現代も残るもどかしさなのだろうか?それはとても懐かしい気持ち。
監督が高校生の頃に書いた脚本を元にして撮った映画らしく、キラキラに満ちている。
親のさりげない優しさって、何かの裏側に隠れてて気が付きにくい。そんなことも思い出させる映画だった。

全映画祭から完全無視
全員無名
完全無冠の青春映画

このキャッチコピーは凄い開き直り。
もう本当ありふれた物語なのだが、役者達の熱演にはどうも訴えかけるものがある。
監督は今作が初長編作品とのこと。その意気込みも相俟ってか、完成度は高いと思う。男子の青春映画が好きな方にはおすすめ。
この映画のライティングの加減が苦手だった。
いろいろ詰め込み過ぎな感じがして、時間が長く感じた。
短冊のオチは面白い。
スピンオフは楽しく観ることができた。
今野杏南が良かった。
ずっと何かを求めていて、満たされないなかで独りを生きていくとしても人はひとりで生きていけなくて、でもひとりじゃないんだ、ひとりじゃなかったんだ、と噛み締めるのは、ひとりで思いっきり噛みしめる感じ。みんなのなかのひとりとして生きていくのがひとりだちなのだろうか、とか、そんなことを思ってしまうくらいに、虚勢を張ったりぶつけ合ったりする姿が愛おしく生きていて、受けとめて向こうを見つめる後ろ姿が逞しかった。呑みながらの、幸せとは、のところは観ながら呑みながらゲラゲラしてたところでグッときすぎて、グッときたことに笑ってしまうくらいの、一緒に呑んでるみたいだった。
3103

3103の感想・評価

-
夏休み中に好きな人に会えないもどかしさを知らない私には難しい。
こんな青春しらないもん。
きらきらと眩しかった。
araiiku

araiikuの感想・評価

4.0
男子の青春って女子には味わえない
羨ましい部分があるなあと
こういう物語を観ると思うんだけど
まさにそこに嫉妬するくらい
男の子たちが友情や恋愛の中で
全力で生きてて良いなと思った。