ムーン・ウォーカーズ(2015年製作の映画)

Moonwalkers

上映日:2015年11月14日

製作国:
  • フランス
  • ベルギー
  • / 上映時間:94分
    監督
    アントワーヌ・バルドー=ジャケ
    脚本
    ディーン・クレイグ
    キャスト
    ルパート・グリント
    ロン・パールマン
    ロバート・シーハン

    「ムーン・ウォーカーズ」に投稿された感想・レビュー

    てくのすけ
    てくのすけの感想・レビュー
    2015/11/29
    3.5
    OPのサイケ映像にニヤニヤしちゃう。月面着陸捏造をキューブリックに撮らせようという発想からしてアホな、ヒッピーとドラッグと訳のわからんアートに満ちたブラックなコメディ。清々しいほどのグロ描写にトリップ映像、バカすぎる登場人物たちに笑いが込み上げます。

    ロン・パールマンが無双&天使と呼ばれるのも納得の可愛さで最高。ルパート・グリントの口だけ軽率野郎の焦り方もいい。二人の過去の乗り越え方が弱いし、何よりバディ感が薄いので物語としては浅いけど、華やかな月面着陸の裏で地べたを這いずる者たちの投げやり感が面白い。
    TaekoNakahashi
    TaekoNakahashiの感想・レビュー
    2017/03/16
    -
    デロデロでグズい感じ
    MisakoOsuna
    MisakoOsunaの感想・レビュー
    2017/03/16
    3.4
    2年程前に見たのだけど、はねるのお腹が忘れられない。
    諒
    の感想・レビュー
    2017/03/13
    3.3
    月面着陸に世界で初めて挑戦するアメリカ。
    しかし、もし失敗した時の為に『2001年宇宙の旅』を撮ったキューブリックに、捏造の映像を用意してもらおうとCIAのキッドマンは大金を片手にキューブリックに依頼しにいく。
    しかし、キューブリックの関係者に依頼したと思ったら、たまたまその場にいた金が欲しかった売れないバンドのジョニーであった。
    依頼も大金もジョニーに渡ってしまうのであった。

    薬中な事ばかりではなく、もう少し違った所も出して欲しかったなぁと思う。
    ギャングはもっと笑える形で関わらせて欲しかった。
    出した意味あるのかちょっとわからない。
    でもキャラは良くて、キッドマンが特にお気に入り。
    0chick0
    0chick0の感想・レビュー
    2017/03/08
    -
    なんて退廃的で無駄な映画なんだ

    アメリカの業績否定しちゃって大丈夫?って思いながら見てたけど、
    エンドロール手前のところ見てほっとした。
    chippi
    chippiの感想・レビュー
    2017/03/07
    3.5
    "はねる"がすき

    ヒッピーな衣装も音楽もよかった

    笑えて元気がでた
    ウクレレまさあき
    ウクレレまさあきの感想・レビュー
    2017/03/06
    2.8
    冒頭のサイケなアニメーションが超カッコいい"ジャンキー"映画。♪「White Rabbit / Jefferson Airplane」とか、♪「Funky Kingston/Toots & The Maytals」なんて、たまにいい曲使ってる。
    良くも悪くも’60年代後半風の造り。
    mLuc
    mLucの感想・レビュー
    2017/03/05
    2.5
    ロンパールマン目当てで。キューブリックを意識した演出や小道具が随所に見受けられて作品のそのもののバッタ物感が理に適っているんだけど、解っていながら圧倒的にダサいのでイライラしてしまった。トランス中の幻視表現はクリエーターの仕事って感じで面白い。各関係者集結の大団円はワクワクした割に短調だった。
    かわとも
    かわともの感想・レビュー
    2017/03/04
    3.3
    月面着陸はじつはニセモノ!キューブリックが撮影したものなんだ!

    という噂話をネタにして制作されたのかしら?という作品。

    オープニングからそこに繋がるとは思わなかったので驚きました。

    時代背景もあって、サブカル的な人物多数で笑えました。

    セットのシーンがよく出来てる。

    ロン・パールマンのフラッシュバックはまるでジャンキーの白昼夢なんだろうか。
    ばいえるちゃん
    ばいえるちゃんの感想・レビュー
    2017/03/04
    -
    全く予備知識なし。WOWOWでタイトルだけでとりあえず録画しておいて、というスタイルだと、チラシやパッケージのデザインやイメージも全く入らなくみれるので楽しいですね。だってこのデザインが先に頭に入っていたら、おそらく観てない。
    けっこうシリアスなのかしら、と思ってたら全くそんなことはなく、キングスマンとかと似たようなかんじの痛快な映画。ドンぎまりの中電話で報告するシーンは早朝でしたが爆笑。
    実際に、キューブリックが撮ったとかいうインタビューがあったりしますし、
    http://indeep.jp/confesses-of-stanley-kubricks-faking-moon-landing/
    ネタ的には大好きな話。バックアップもなく1人でこんなプロジェクトやらんやろ、、とかツッコミは思ったけど、案外こういうプロジェクトがいくつも同時進行していたのかもしれない(当方陰謀論好き)。
    それにしてもLSD楽しそう。やってみたいなぁ。
    >|