WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENTの作品情報・感想・評価

WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT2015年製作の映画)

WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT

上映日:2015年10月31日

製作国:

4.1

あらすじ

昨年リリースされたアルバム「LEVEL3」は世界251の国と地域で配信され、香港・台湾・シンガポール・タイのiTunes エレクトロニック・アルバム部門で1位を獲得。アメリカ、カナダなど19の国でトップ10入りを果たすなど、テクノ ポップを主体とした新感覚の楽曲と洗練されたダンス、最新テクノロジーを駆使したLIVEパフォーマンスで人気を 博すPerfume。 本作『WE ARE Perfu…

昨年リリースされたアルバム「LEVEL3」は世界251の国と地域で配信され、香港・台湾・シンガポール・タイのiTunes エレクトロニック・アルバム部門で1位を獲得。アメリカ、カナダなど19の国でトップ10入りを果たすなど、テクノ ポップを主体とした新感覚の楽曲と洗練されたダンス、最新テクノロジーを駆使したLIVEパフォーマンスで人気を 博すPerfume。 本作『WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT』は、結成15周年、メジャーデビュー10周年を 迎えるアニバーサリーイヤーとも言うべき2014-15年の「Perfume WORLD TOUR 3rd」、並びに「SXSW 2015」での活動に密着。アジア、ヨーロッパ、アメリカなど、世界を駆け巡りながら、彼女たちの音楽、最新テクノロジーを掛け合わせたLIVE パフォーマンス、そして、これまで余り観せることのなかった舞台裏へも完全密着。パフォーマンスの影にあるひたむきな姿、喜びや苦悩、葛藤までも描き出す。さらに、音楽シーンにとどまらず、ファッション、ポップカルチャー全般に影響を与え、ワールドワイドに活動をする彼女たちの現在進行形の“今”を目撃することで、結成からメジャーデビュー、そして今日まで、3人が歩んできた足跡を感じ、その想いは未来へもつながっていく。歩みを止めることなく進化し続けるPerfume。彼女たちの“今”がここにある。

「WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」に投稿された感想・評価

初アメリカ公演含むワールドツアーを追うドキュメント。ステージ映像は少なめだがそれはライヴのソフトで観よう。自分の人生を変えてくれたと言って泣き出す女性が海外にいる、それだけで泣く。3人がいる奇跡。

何より観客としてというよりはPerfumeと一緒に世界中をツアーで回ってるかのような、スタッフの一人としてその場にいるような感覚。演る側としての一体感。共に感じる緊張と高揚。わりと長いけどそれがまた共存感を高めるので最後のステージでは泣くしかない。

ドキュメンタリーとしてどうかとか、ファンじゃない人にはどうかとか、もうそんなのは冷静に言えない状態なので言いません。ああ…Perfumeのスタッフになりたい人生だった…
ぐろ

ぐろの感想・評価

3.8
のっち
ホルモンTを着てるのっち
のっち
ファンだから
ねっ^_−☆
ジョン

ジョンの感想・評価

4.8
泣かせるストーリーじゃないのに、何故だか泣けてくる
がんばったりチャレンジしたり姿というなは人を感動させる力がある
たくや

たくやの感想・評価

3.5
Perfumeは映画『モテキ』のワンシーンで森山未來と踊るシーンが一番のお気に入りです。

さてさて、この作品は音楽ドキュメンタリー。
ワールドツアーのPerfumeのお話。
ライヴのこだわり、そしてエンターテイナーとしてのプロ意識は凄い。
でも映画にするには...まだ弱いと思う。
NHKとか24時間TVくらいでちょうど良いかなーって感じ。

個人的にはPerfume好きですが。
hideg3

hideg3の感想・評価

3.8
大ファンではないけど最後のSTAR TRAIN感動するよね!
Gee

Geeの感想・評価

5.0
perfumeクラスタというのもあって満点のスコア5
やはり目標とする場所を目指すことが重要なのではなくて
そこに辿り着いてなにをするかが大切なのだと思う作品
例えとしては甲子園を目指して努力するのではなく
甲子園で勝ち抜くために努力するような
そんな人達には、周りで観ている方も熱くなる。
彼女たちがどこまで高みを目指すかしっかりとより近いところで見届けていきたい
夢に向かってひたすら前向きに突き進むPerfumeの姿に心打たれました。
いつかライブに行きたい…
これからの活躍も期待‼️

のっちのホルモンT姿が可愛かった。
砂糖

砂糖の感想・評価

5.0
大のPerfumeファンということもあり、ツアー最終日の場面では涙が止まりませんでした。

私が想像していた以上に彼女達は大きい舞台で戦っていました。このまま最高のチームPerfumeで走り続けてほしいです。
KAZU

KAZUの感想・評価

-
Perfumeのファンということでも無いですが、音楽ドキュメンタリーとして鑑賞。

トラックは消費されまくった時代錯誤的で、全く興味湧きませんが、彼女たちのキャラと日本では中々このクオリティで見かけないと思える映像と音楽のシンクロに目を奪われました。

かつて、コーネリアス(小山田圭吾exフリッパーズギター)が音と映像の融合を20年前から、其れはまるで劇場の様なクオリティで世界中を席巻してましたが、その時のライブを思い出したり、そこは興味深かったです。このクオリティをアイドル達が(と、その取り巻くチームが)やるのかと。

作品としては世界ツアーの様子を中心に彼女達の頑張る姿が映されています。
ファンはマストでしょうが、ドキュメンタリー作品としては差して観るべき所は無かった印象です。
>|