WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENTの作品情報・感想・評価

WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT2015年製作の映画)

WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT

上映日:2015年10月31日

製作国:

上映時間:120分

4.1

あらすじ

主題歌/挿入歌

「WE ARE Perfume WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」に投稿された感想・評価

ayu

ayuの感想・評価

5.0
がらんとした映画館で観た。パフュームはステージ本番終了直後、毎回、氷水を入れたバケツに足をつっこんだまま、その日の反省会をしていた。映画の最後は大音量でstar trainがかかった。歌詞。いつだっていまが常にスタートライン。遥かなユニバース、走れスタートレイン。
ファン向け
メモ
perfumeのドキュメンタリー。
jabbakiko

jabbakikoの感想・評価

4.0
素敵。また観たい。
BlueMoon

BlueMoonの感想・評価

4.0
まだPerfumeに興味はあるけどあまり聞いたことがなかったころ、近所の映画館でやっていたので観に行って。
ファーストデイで1000円のつもりだったのに、特別料金で2500円を払う羽目になり微妙な気持ちになったけど、そんなものは映画を観たら吹っ飛びました。

3人の海外ツアーの様子を記録した作品ですが、もう本当にプロ意識がすごい…
最高のライブをするために、お客さんに楽しんでもらうために、彼女たちは本気で考え抜いているんだということがよくわかります。
そして3人ともそれを心から楽しんでいる…
この努力、想い、本当に美しい。
エンドロールのSTAR TRAINは特別な響きをもって胸を震わせます。
あっという間にファンになりました。

映画として、ここまで感動するものなのか、とちょっと驚きました。ファンならずとも、楽しめるんじゃないかな?
冒頭いきなりSXSWのパフォーマンスから始まって、興奮でゾクゾクした。超カッコいい。
海外でのperfumeの受け入れられ方とか、三人のステージやお客さんに対する真摯な姿勢とか、ゆるい素顔なども良い感じに散りばめられていた。なんか好きだな、くらいのライトなファンでも楽しめるし、もっとperfumeの事が好きになるはず。
モカ

モカの感想・評価

4.0
シネマシティの極音上映にて。
Perfumeは三人だけじゃない。楽曲を作る中田ヤスタカ、振付を作るMIKIKO、その他大勢のスタッフ達は長年、ずっとチームとして歩んできた。そしてファンの人達。途方もない数の人々がPerfumeに関わり、一つのチームなんです。
不安や苦悩、興奮や嬉しさ、様々な想いと長い距離の歩んできた道のその先の、ステージに立つ彼女らは間違いなく最高峰でした。
Perfumeが世界中で愛されている理由が、この映画には詰まっていたと思います。
更にPerfumeが好きになる作品でした。
これからも歩み続けるPerfumeを応援したいと思います。最高!!
>|