「団地」に投稿された感想・レビュー

ユタ
ユタの感想・レビュー
2016/07/12
4.1

このレビューはネタバレを含みます

狭い団地で起こる人間関係の悲喜こもごも
‥‥と思いきや「思わぬ展開」の話。
多分予告編では終盤の展開は想像つかないと思う。


劇場で見たのだが、かなりご年配の方が多かった。
斎藤工が序盤から結構飛ばしていてスベリ芸?を披露しており、かなり劇場では笑いが起こってた。
普通にスベってもいたけど笑、
自分も声を出して笑ったところも結構あり(「そんなに効くんかい!」のとことか)コメディとしても楽しめた。


どこかチープで荒唐無稽な話だが、
見終わった後不思議なカタルシス、切ない余韻が残る。
”何かを背負いながら生きる人”をあえてコメディで描く阪本監督の心意気に胸を打たれた。

好き嫌い分かれるだろうけど、個人的にもっと話題になってほしい作品。
AyakoFukuda
AyakoFukudaの感想・レビュー
10時間
3.8
坂本監督の関西物が好きです。
関西独特の雰囲気がよく出てる。
団地の人たちの無責任な干渉ぶりとかわかるわかるなかんじ。
後半全然予測できない展開になるのでビックリ。
斎藤工君ははまり役でした。
Osamu
Osamuの感想・レビュー
1日
4.2
めちゃくちゃおもしろい。
2016年に見逃した傑作を発見。

日本社会の縮図のような団地の話。

ゴミを分別せずに平気で捨てるくせに、捨てたゴミ袋を他人が開けて分別し直すことに腹を立てる。

団地の人々が、噂の住人のプライベートな領域に平気で踏み込んで、公の問題かのように声高に訴える。

なんて自分勝手な。相当ズレている。

そのズレを大阪独特のズラした笑いにオーバーラップさせていると感じたんだけど、そこが超絶おもしろかった。

団地というベタなローカルを舞台にしながら大宇宙の普遍について表現しているようにも思える。
虎ノ眼1983
虎ノ眼1983の感想・レビュー
2日
4.0

このレビューはネタバレを含みます

 団地に引っ越してきた元漢方薬屋夫婦に巻き起こる摩訶不思議な話。

 序盤は不思議なテンポと会話にクエスチョンマークな入りでしたが、それがしだいに心地よくなり、しかもどんどんと凄い展開になっていって惹きこまれてしまった映画でした。

 団地に主人公夫婦が最近引っ越してきたらしい。そこに馴染みのお客さんがやってきて、漢方を所望する。旦那さんは毎日近所を散歩して奥さんはパートで働いている。そんな主人公夫婦をご近所さんたちはいろんな噂話をしていて、更には旦那さんは自治会選挙に緑地化するという野望を持って臨むも落選して落ち込んで自ら家に引きこもってしまう。それをきっかけに旦那さんを殺害したのではないか? とご近所さんの噂話はヒートアップしていき、更には馴染みのお客さんの正体が判明して…。

 会話劇の奇妙な心地よさが最高だし、ぶっとんだ展開も興味が持続して100分間があっという間でした。息子さんをなくした夫婦のラストカットも味わいのあるカットの切り方でよかったです。しみじみと見終われる映画でよかったです。
ひーちゃん
ひーちゃんの感想・レビュー
3日
3.6
びっくりする展開でしたね。まさか団地とそれを組み合わせるとは。
よく見ると団地って異様に規則性が高くて、例えば玄関の鍵、窓の右上のよくわからない仕切られているスペース、正方形のバスタブの なども特徴的。これ一回でも団地の部屋に行った人ならわかるんじゃないでしょうか。婆ちゃん家を思い出しました。
りょくちゃん
りょくちゃんの感想・レビュー
4日
4.3
映画のテイストがまず大好き。「顔」も面白かったけど、今回の方がユーモア溢れてる。初めから妙な伏線があって、印象的なセリフやシーンも多い。最後、もうほんまぶっ飛ばしてはって、この監督も大好きになった。終始わたし好みでした。関西弁ってのもよかった。
おしゃるしゃん
おしゃるしゃんの感想・レビュー
4日
3.3
奇をてらってますね
ちんたろう
ちんたろうの感想・レビュー
5日
3.9
どこかズレててクスッと笑える。
でもちょいちょいジーンとさせられちゃう。
そんな作品です。
心地よかったです。
niconico
niconicoの感想・レビュー
2017/05/15
3.5
エーーッ!
そんな展開になるの?
コミカルでシュールなドラマ。
序盤から「団地」特有の微妙な空気感が漂って楽しい。このまま、ほのぼのと展開するのかと思いきや、とんでもない方向に。
いやー、まさかまさか。
>|