ALABAMA

ヴァン・ゴッホのALABAMAのレビュー・感想・評価

ヴァン・ゴッホ(1948年製作の映画)
3.5
『アラン・レネ/ジャン=リュック・ゴダール短編傑作選』に収録されていたものを鑑賞。アラン・レネによる18分の短編ドキュメンタリー映画。19世紀を代表する画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの生涯、絵画に対する思いと情熱を描いた作品。冒頭にこの作品の意図する所を文字で説明した後は、ゴッホが描いた絵画とナレーション、音楽で構築されている。アラン・レネはゴッホの絵画の全体を映す事なく、絵画の枠を排除しフレームによって絵画を再度切り取っている。このことによって絵画に登場する街や人物には生命の営みが吹き込まれ、恰も実物としてそこに立ち上がったかのように映る。風景画からは鳥のさえずりや風の音、人々が歩く音が聞こえてくるようで、人物画からは観客が逆に画の中の人物に鑑賞されているかのように感じてしまうほど、そこには「生」を感じた。絵画の枠を取り払い、撮り方一つで絵画に生命を吹き込むアラン・レネの技法をぜひご覧になっていただきたい。きっと不思議な映画体験が得られるだろう。米国アカデミー賞短編映画賞受賞作品。