まぁ

奇術の上演のまぁのレビュー・感想・評価

奇術の上演(1897年製作の映画)
3.4
メリエス監督作品を観ていると…

「次はどこが?」とか
「次に何が起こる?」…って…期待しちゃう…(笑)

この短編…物がパッと消えたり、パッと現れたり…は勿論あるのだけど

「物が勝手に動く」…というのは
今まで余り記憶にないので…
「新鮮」だった…♪

画面の隅々まで…よ〜く観ると…
壁画が変わっていたり…
「細かい所」への拘りをとても感じる…☆

1回観ただけだと…気付けないシーンがあるので…
いつも2〜3回…繰り返し観ちゃう…♪

1800年代製作とは思えない…☆
楽しい短編…(o^^o)

YouTubeにて鑑賞

…リビングで息子が「ゲットアウト」…観てる…(涙)
悔しい〜(笑)