僕だけがいない街(2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:120分
    監督
    平川雄一朗
    脚本
    後藤法子
    キャスト
    藤原竜也
    有村架純
    石田ゆり子
    及川光博
    林遣都
    福士誠治
    森カンナ
    杉本哲太
    あらすじ
    売れない漫画家の藤沼悟(藤原竜也)は、アルバイトのピザ屋での配達中に何度も同じ時間が巻き戻る〈リバイバル〉という現象が起きる。周囲の違和感を察知した悟は、交差点に暴走するトラックから小学生を助けるが、その代償として自分がはねられてしまう。病院に付き添ってくれたのはバイト仲間の愛梨(有村架純)。他人に対して距離を置く悟に対し、なぜか気後れせずに接してくる特別な存在だ。数日後、何者かに母親が殺され、愛梨も命を狙われる。警察から容疑者と疑われた悟が逮捕される寸前、またしても〈リバイバル〉――巻き戻った先は18年前、同級生の雛月加代が被害者となった連続誘拐殺人事件の起こる直前だった。29歳の意識のまま、10歳の身体に〈リバイバル〉した悟は、雛月と母親を殺した犯人が同一人物だと確信。真犯人を追い詰めるために、現在と過去を行き来しながら事件の謎に迫っていく。果たして、悟は18年前の事件を未然に防ぎ、大切なひとを救うことが出来るのか?

    「僕だけがいない街」に投稿された感想・評価

    設定とかキャストは良かったけど、全然面白く無かった…。展開も読めるところか何も進んでない感じがしたし、唯一の伏線(?)も簡単に読めちゃうし…。

    ただ、有村架純と石田ゆり子は美しかった。
    観たことあった気もするような〜
    って観てたらやっぱ観たことあった

    今回も全然記憶に残らなかった
    なんか あんまり、、、
    これは典型的な原作レ○プ映画です。

    原作がよく練られてて面白いだけにそういうのはほんとにやめてほしい。。。
    色々と映画用に箸折ってるが、そのせいでとても浅い表現になってしまってて、何も心が動かなかった。

    音楽の使い方がダサくて曲もワザとらしくてきつい。
    藤原竜也だし、予告を見て、絶対に見たい❗と期待して見に行きました🎦
    子供時代は良いし、ストーリーも良い💡
    前半は良かったのに、後半がなぁ💦
    期待し過ぎた分、残念でした😅
    原作知らずに鑑賞。

    藤原竜也は苦手だったけど、苦手克服したかもしれない(笑)
    お母さん若すぎない?!って思うくらいには石田ゆり子が可愛かったな〜!
    そして小学生たちの演技が良かった。

    ストーリーは、伏線もありハラハラして楽しめたけど、気になる点が何個かあったから原作読んだ方が良いのかなって思った。

    余談だけど劇中で出てくる車のナンバーが618で、鑑賞日じゃん!と思った(笑)

    このレビューはネタバレを含みます

    過去をかえる、未来がかわる。自己犠牲のつらさ。たっちゃん相変わらずの演技
    当たり前だけど漫画よりもよりシンプルになっていてわかりやすかった。それゆえただのサスペンスみたいなイメージを持ってしまったのが残念。
    あと、藤原竜也じゃなくてもよくね?って思った。

    かわりに話の本筋がわかりやすかったし(漫画版わかりにくすぎる)、実写化としてはあたりだと思う。
    >|