僕だけがいない街(2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:120分
    監督
    平川雄一朗
    脚本
    後藤法子
    キャスト
    藤原竜也
    有村架純
    石田ゆり子
    及川光博
    林遣都
    福士誠治
    森カンナ
    杉本哲太
    あらすじ
    売れない漫画家の藤沼悟(藤原竜也)は、アルバイトのピザ屋での配達中に何度も同じ時間が巻き戻る〈リバイバル〉という現象が起きる。周囲の違和感を察知した悟は、交差点に暴走するトラックから小学生を助けるが、その代償として自分がはねられてしまう。病院に付き添ってくれたのはバイト仲間の愛梨(有村架純)。他人に対して距離を置く悟に対し、なぜか気後れせずに接してくる特別な存在だ。数日後、何者かに母親が殺され、愛梨も命を狙われる。警察から容疑者と疑われた悟が逮捕される寸前、またしても〈リバイバル〉――巻き戻った先は18年前、同級生の雛月加代が被害者となった連続誘拐殺人事件の起こる直前だった。29歳の意識のまま、10歳の身体に〈リバイバル〉した悟は、雛月と母親を殺した犯人が同一人物だと確信。真犯人を追い詰めるために、現在と過去を行き来しながら事件の謎に迫っていく。果たして、悟は18年前の事件を未然に防ぎ、大切なひとを救うことが出来るのか?

    「僕だけがいない街」に投稿された感想・評価

    SHOWWW
    2.9
    設定とかキャストは良かったけど、全然面白く無かった…。展開も読めるところか何も進んでない感じがしたし、唯一の伏線(?)も簡単に読めちゃうし…。

    ただ、有村架純と石田ゆり子は美しかった。
    my
    3.1
    感動モノだと思っていたが、ミステリー系でもあって、面白いと思う。
    ″まぁいいか。俺一人いなくなったって。別に。″

    藤原竜也の波乱な人生もついにタイムリープまで経験するようになりました。
    タイムリープは再上映(リバイバル)と呼ばれています。自動的に発動し事件が解決するまで永遠にループし続けるという厄介な能力です。
    主人公になぜそのような能力があるのかは語られず、能力を使い連続殺人事件の犯人を暴き出すというのが大まかなストーリーです。

    ストーリーについては原作とは話が違うようですね。途中までしか読んでいませんが、結末が異なるようです。映画版は僕だけがいなくなり、題名を回収しますが原作はどうなるのでしょうね?
    主人公は報われるのでしょうか。

    ほぼ半分ほどのストーリーは主人公の小学生時代の出来事となります。
    連続殺人の被害者となる雛月という少女を救うため奮闘するのですが、この雛月役の子役がなかなかなのです。
    虐待を受けた末に殺されるあまりに可哀想な役ですが、それにぴったりと合う幸の薄そうな少女をよくもまあ見つけてきたものです!

    あと、石田ゆり子ですが
    藤原竜也の年が息子なのは無理があるのでは…?
    パラレルすき
    と
    2.8
    アニメは最高なんだけどなあ。
    うっすいなあ
    Daisuke
    4.1
    久々に面白い邦画に出会えましたねー
    基本藤原竜也の映画は好きだけど、この映画のストーリーはかなりいいですね!
    原作?は知らないのですが、過去、現在を行き来し、真相に迫って行く感じが面白かったです(^-^)
    KMiyazaki
    3.5
    h29.7.26
    自宅
    はた
    -
    アニメ版はすごく面白かった…
    で、映画版は終盤のあのシーンまではそれなりに楽しめました。それ以降よくわからんかったよ(´-`)
    雛月の母ちゃん役の方はハマってたと思います。
    >|