僕だけがいない街(2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:120分
    監督
    平川雄一朗
    脚本
    後藤法子
    キャスト
    藤原竜也
    有村架純
    石田ゆり子
    及川光博
    林遣都
    福士誠治
    森カンナ
    杉本哲太
    あらすじ
    売れない漫画家の藤沼悟(藤原竜也)は、アルバイトのピザ屋での配達中に何度も同じ時間が巻き戻る〈リバイバル〉という現象が起きる。周囲の違和感を察知した悟は、交差点に暴走するトラックから小学生を助けるが、その代償として自分がはねられてしまう。病院に付き添ってくれたのはバイト仲間の愛梨(有村架純)。他人に対して距離を置く悟に対し、なぜか気後れせずに接してくる特別な存在だ。数日後、何者かに母親が殺され、愛梨も命を狙われる。警察から容疑者と疑われた悟が逮捕される寸前、またしても〈リバイバル〉――巻き戻った先は18年前、同級生の雛月加代が被害者となった連続誘拐殺人事件の起こる直前だった。29歳の意識のまま、10歳の身体に〈リバイバル〉した悟は、雛月と母親を殺した犯人が同一人物だと確信。真犯人を追い詰めるために、現在と過去を行き来しながら事件の謎に迫っていく。果たして、悟は18年前の事件を未然に防ぎ、大切なひとを救うことが出来るのか?

    「僕だけがいない街」に投稿された感想・レビュー

    SHOWWW
    SHOWWWの感想・レビュー
    2016/08/31
    2.9
    設定とかキャストは良かったけど、全然面白く無かった…。展開も読めるところか何も進んでない感じがしたし、唯一の伏線(?)も簡単に読めちゃうし…。

    ただ、有村架純と石田ゆり子は美しかった。
    peko
    pekoの感想・レビュー
    10時間
    3.7
    すべて理解できたわけではないけど、そこそこ面白かったような気がします。
    がんこりん
    がんこりんの感想・レビュー
    22時間
    3.0
    ファンタジーはあまりだけど誰かのために犠牲になる強さは感動した
    ぴるか
    ぴるかの感想・レビュー
    1日
    2.0
    したっけ!
    msk
    mskの感想・レビュー
    1日
    3.0
    藤原竜也好きなんだけど……
    少年がメインだったので仕方ないかな?
    初めのピザ屋の有村架純にきゅん♥
    あずちゃん
    あずちゃんの感想・レビュー
    1日
    2.4

    このレビューはネタバレを含みます

    アニメの終わり方が大好きで見たのですが残念すぎました。。これはこれでアリとは思えず…。原作知らずに見た方でも実写だとキャストさんによって犯人わかってしまうなと感じました(笑)
    たむてぃ
    たむてぃの感想・レビュー
    3日
    3.0

    このレビューはネタバレを含みます

    犯人が割と早い段階でわかってしまう
    ミッチーが子ども藤原竜也を突き落としてから現代に戻るが、ということは落とされた後に藤原竜也は生きていたのか?あの高さから落ちて生きていられるのか疑問
    たとえ生きていられたとして、ミッチーがその後も県議会議員になるほどまでに登りつめているのも違和感がある。その間に何人もの子どもが殺されているわけだし。

    そして個人的には後味の悪い終わり方かなと
    有村架純との漫画繋がりのくだりは良かったけども死んでしまっては、、、
    クワン
    クワンの感想・レビュー
    3日
    2.9
    ドラマ「リバース」からの流れで息子たちに俄か藤原竜也ブームが来ているので、この作品を一緒に観る。幼き頃の同級生の女子と現在の自分の母親を救うべくリバイバル(タイムリープ)を繰り返す話。最近の藤原竜也シリーズの中では一番普通の青年といった感じ。彼をとことん支える有村架純の動機付けが弱い。そして、大人藤原竜也シーンよりも子供時代のシークエンスが長いのが作品のテンポを落とす。藤原竜也の母親にしては若すぎる石田ゆり子は相変わらず綺麗。原作は傑作らしいのだけど未見。そして、映画としては後半の畳み方が甘い。もったいない。タイムリープものとしては残念ながら傑作「バタフライ・エフェクト」に遠く及ばず。

    前半にリバイバル(タイムリープ)して子供時代で事件解決に動くシークエンスに尺を取り過ぎて、クライマックスの現代シーンの解決がお粗末。しかもあれだけ頑張って犯人突き止めても、数十年放置されて、犯罪続けていたなら解決にならない。という後味の悪さ。脚本は後藤法子さん。どうしちゃったのだろう。良く知る大好きな脚本家なのだけど。

    その後、なんとも釈然としない私の顔を観た長男(彼にも「バタフライ・エフェクト」を見せている。中3にしてかなりの映画眼を持ってると思う)はWEBで漫画原作のストーリーを洗って、説明してくれたのだが、そちらは伏線と筋道を丁寧に通している。省略の芸術と言われる映画ではあるが、この作品においてはその「省略」が見事に作品の余韻と納得感を削ってしまった。私と長男は子供時代のシーンを短くし、最後のシークエンスと子供時代の間の空白をきちんと埋める必要があったと語らいながら、今日の映画会を終えるのであった。次男は2人の会話に必死についていこうとするが、眠くてむにゃむにゃしてる。息子たちと夜の映画会もたまにはいいものです。次は何を観ようかしら。藤原竜也シリーズでは「バトル・ロワイヤル」と「カイジ」にはまだ早いのでまたいつの日か。
    ななこ
    ななこの感想・レビュー
    3日
    3.5
    全く期待せずに行ったらおもしろかった
    >|