僕だけがいない街の作品情報・感想・評価

僕だけがいない街2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.2

あらすじ

売れない漫画家の藤沼悟(藤原竜也)は、アルバイトのピザ屋での配達中に何度も同じ時間が巻き戻る〈リバイバル〉という現象が起きる。周囲の違和感を察知した悟は、交差点に暴走するトラックから小学生を助けるが、その代償として自分がはねられてしまう。病院に付き添ってくれたのはバイト仲間の愛梨(有村架純)。他人に対して距離を置く悟に対し、なぜか気後れせずに接してくる特別な存在だ。数日後、何者かに母親が殺され、…

売れない漫画家の藤沼悟(藤原竜也)は、アルバイトのピザ屋での配達中に何度も同じ時間が巻き戻る〈リバイバル〉という現象が起きる。周囲の違和感を察知した悟は、交差点に暴走するトラックから小学生を助けるが、その代償として自分がはねられてしまう。病院に付き添ってくれたのはバイト仲間の愛梨(有村架純)。他人に対して距離を置く悟に対し、なぜか気後れせずに接してくる特別な存在だ。数日後、何者かに母親が殺され、愛梨も命を狙われる。警察から容疑者と疑われた悟が逮捕される寸前、またしても〈リバイバル〉――巻き戻った先は18年前、同級生の雛月加代が被害者となった連続誘拐殺人事件の起こる直前だった。29歳の意識のまま、10歳の身体に〈リバイバル〉した悟は、雛月と母親を殺した犯人が同一人物だと確信。真犯人を追い詰めるために、現在と過去を行き来しながら事件の謎に迫っていく。果たして、悟は18年前の事件を未然に防ぎ、大切なひとを救うことが出来るのか?

「僕だけがいない街」に投稿された感想・評価

くまみ

くまみの感想・評価

4.0
リバイバルされる理由ってなんだろ?いつから?母親はリバイバルの事知ってたの?
後々ふと気になる事が出てきたけど、原作読んでいなかったしスッと観れた映画。

途中から犯人わかってしまうけど最後まで楽しめた。
この手の映画は苦手で避けちゃうけど観て良かったな。

石田ゆり子(母親)
藤原竜也(息子)
なんだけど、石田ゆり子若くて綺麗過ぎて恋人に見えちゃう(笑)
あと、道弁がどうも…地元が北海道な私は終始ゾワゾワ。
kazu

kazuの感想・評価

3.5
今度は、護る

アニメ版もオススメ。
なぽぽ

なぽぽの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

レンタルで鑑賞。

ちょっと2時間だと短いんですね。

アニメは全部見ました。
映画では、犯人分かってからの展開が、あれ?と疑問です……
ただ、2時間たと仕方ないかな。

けど、映画版の終わり方は、好きです。
本当に、僕だけがいない街になるとは( ; ; )

アニメだと、女の人は、後の方は、影が薄くてしまうのですが、映画だと、イメージが最後まで、残っていて、嬉しいかな。

作品としてのイメージは、弱い感じはしますが、見終わった後のなんとも言えない余韻が残る映画です。
mahiharu

mahiharuの感想・評価

3.5
フジテレビで再鑑賞。
2017.7.11
いやー面白かった。タイムトラベル的なの嫌いじゃない。
藤原竜也の力もあり最後まで楽しめました。
最終的にタイトルに結びついて欲しくなかった。心情的に。有村架純とのハッピーエンドにしてもらいたかったなー。
michiyo

michiyoの感想・評価

3.0
原作票
>|