僕だけがいない街の作品情報・感想・評価

僕だけがいない街2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:

上映時間:120分

3.2

あらすじ

売れない漫画家の藤沼悟(藤原竜也)は、アルバイトのピザ屋での配達中に何度も同じ時間が巻き戻る〈リバイバル〉という現象が起きる。周囲の違和感を察知した悟は、交差点に暴走するトラックから小学生を助けるが、その代償として自分がはねられてしまう。病院に付き添ってくれたのはバイト仲間の愛梨(有村架純)。他人に対して距離を置く悟に対し、なぜか気後れせずに接してくる特別な存在だ。数日後、何者かに母親が殺され、…

売れない漫画家の藤沼悟(藤原竜也)は、アルバイトのピザ屋での配達中に何度も同じ時間が巻き戻る〈リバイバル〉という現象が起きる。周囲の違和感を察知した悟は、交差点に暴走するトラックから小学生を助けるが、その代償として自分がはねられてしまう。病院に付き添ってくれたのはバイト仲間の愛梨(有村架純)。他人に対して距離を置く悟に対し、なぜか気後れせずに接してくる特別な存在だ。数日後、何者かに母親が殺され、愛梨も命を狙われる。警察から容疑者と疑われた悟が逮捕される寸前、またしても〈リバイバル〉――巻き戻った先は18年前、同級生の雛月加代が被害者となった連続誘拐殺人事件の起こる直前だった。29歳の意識のまま、10歳の身体に〈リバイバル〉した悟は、雛月と母親を殺した犯人が同一人物だと確信。真犯人を追い詰めるために、現在と過去を行き来しながら事件の謎に迫っていく。果たして、悟は18年前の事件を未然に防ぎ、大切なひとを救うことが出来るのか?

「僕だけがいない街」に投稿された感想・評価

KotaUchu

KotaUchuの感想・評価

3.3
リバイバルものって別パターンでも良かったんじゃない?と思ってしまうことが多かったりで得意ではなかったんだけど、比較的すんなり観られたかな。

しかし結末がこれだと救われなくないかい?とは思いましたけども…
でもコレだったから良かったのか。私の感受性では受け止めるのに限界がありそうです。

とにかく子役達が素晴らしかった!
石田ゆり子と鈴木梨央可愛すぎギギギギギギギギギ。

リバイバル設定無くてもよかったとおもわれるが、、、石田ゆり子と鈴木梨央可愛すぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎ
Hirotoshi

Hirotoshiの感想・評価

3.6
予想通りの出来映え。
比較的漫画に忠実に作られていたと思います。ただ、漫画を超える事は全くなかったのが残念。主人公の悟が死ぬというのも、安直な終わり方でした。
やはり、2時間弱では表現しきれないのかもしれないですね。
1つだけ良かったのは、有村架純がメチャクチャ可愛かった事くらいですかね。
でも、楽しく観ました( ´ ▽ ` )ノ
ただ漫画を再現しただけ
Ayaka

Ayakaの感想・評価

-
16 Sep, 2017 @ 自宅
マエダ

マエダの感想・評価

1.5
いやぁ、これ作った人はこの手のジャンルの映画を見たことないんかい。せめて「バタフライ・エフェクト」くらいは見たんかいな…。テンポ悪し、ハラハラ感なし、結末に興味が湧かない見せ方…。藤原竜也、有川架純、ミッチーを始め良いキャラばかりなのに、何を雰囲気で見せようとしてるのか。「リバイバル」だっけ?そんなサムいネーミングはまだ許せても、その現象が何かをちゃんと説明しなきゃ。説明不足ということではなく、ちゃんと映画に入り込ませるものがなかった。こうなったらタイトルの意味が何かを求めるが、「たぶんこういうことでしょ」というのが最初の方でわかります。もっとSF的なのも期待したんだけどな。全体的に見入る要素が弱く、せっかくの俳優陣を活かしてなかった。監督の過去作ラインナップを見ると納得の出来か。
途中途中で泣けるシーンあったけど、終わり方なぞ。

このレビューはネタバレを含みます

こんなんやったっけ?と思うくらいあっさりしてたな。時間が長いだけあってアニメの方が丁寧に作られてたかな。
及川光博観たら犯人思い出してしもた。
>|