無伴奏の作品情報・感想・評価

「無伴奏」に投稿された感想・評価

yochinoir

yochinoirの感想・評価

3.2
仙台が舞台ということでみてみた記録。
sora

soraの感想・評価

-
1960〜70年代?の雰囲気、すきだと思った。
内容というよりも世界観だったり服だったりが、どストライクでした
NOB

NOBの感想・評価

-
wowow、録画視聴。
かわち

かわちの感想・評価

2.9
成海璃子大人になったなー。池松壮亮と斎藤工の退廃的な感じが良かったけど、話の中身はあんまりない気がした。
琴里

琴里の感想・評価

-
鑑賞メモです。
こうゆう当時の学生運動に女性が絡むこと自体、映像で見ると信ぴょう性に欠けてしまう。女3人でメガホンでワーワー騒いだところで力づくで抑え込まれるだろ普通。そして身なりが全然60年代のイメージじゃない。HD画像でこの時代の雰囲気って難しいところあるのかもしれないが、男も女も今風(´・ω・)。。。そして演技もキツかった。台詞が少しクドイのではないか。まあ「渾身の演技( *´艸`)」もあったけど。
あと、脇役がパイオツ全開、ヒロインはなぜかNG。こういう系統は基本、評価を下げさせてもらいます。そしてオチは、エロVシネと同じパターンという、もうね(-_-メ)

「ミックジャガーって好き?」「うん・・・」「きっと中年になっても格好いいんだよ!」とかいうやり取りがあったが、あれは「あの頃ペニー・レインと」に対してのオマージュなのか??
重くてエロくていい。
何度もセックスシーンがあるのに意地でも胸を見せない成海璃子とどうでも良いのにスパッと脱ぐサブヒロインだけが印象に残る。恐ろしいほどつまらん。
ひ

ひの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

どうしても成海璃子の時代の喋り方が台詞っぽく聞こえてしまって苦手だった。斎藤工だったら何の違和感も無いし、ちょっと考えればあの二人怪しいって思うはずなのに、あの雷雨の夜のシーンまで一ミリも渉と祐之介の関係は想像できなかった。なぜだろう。高校生という多感な時期と学生運動が行われていた時代背景における響子の描き方が微妙。ナレーションベースで色々な詩のようなことを言ってたけど、ただ小説や文章や詩が好きな女の子が自分のおける状況を頑張って言葉にしてみた、なんていうような。。あんまり感情を露わにしない内で燃える女の子にしたかったんだと思うのだけど。でもあの、祐之介が逮捕されて渉がやだと泣き叫ぶ中の祐之介が響子見てにっこりするシーンはちょっと好きだったな。個人的にはエマちゃんがとてもよかったので、結末すごくかわいそうだった。幸せになってほしかった。
斎藤工のシークエンスが異次元級。
これもまたマボロシってことなら腑に落ちる珍妙パート。

そう見たらなかなか面白い映画。
>|