スガル

お!バカんす家族のスガルのレビュー・感想・評価

お!バカんす家族(2015年製作の映画)
3.9
コメディ映画でこれほど笑ったのは初めてかも。ラフティングシーンで。
でも前半は冷めた自分がいました。
最近のアメリカのコメディ映画は前半に痛い笑いを持ってくるのが流行りなのかな。21ジャンプストリートとかもそうだけど。低俗なアメリカのノリにはついていけない感じ。
後半は意外とまともに感じました。

アディーナがめっちゃかわいい。
弟が兄をいじめるシーンは見てられない。
マイケルペーニャが出てたっぽい。

こういうアメリカのロードムービーっていいな。なんちゃって家族のほうがいいと思ったけどこれもかなり楽しめました。
でもわざわざ下品な笑いを入れてくるのはなんでなんだろう。国民性なのかな。

さよならいつかわかることも連想しました。
こんな映画なんだけど家族っていいなあと思いました。



2回目観てみました。
下品と書いたけど下品なところはほとんどないなあ。
下品というより痛い笑いかな。一回目と爆笑ポイントが微妙に違う。センスがいい映画と言ってもよさそう。
痛い笑いもなんとかギリギリ許せる範囲。高速道路でのロケットボタンは爆笑しました。叫んでるし。
音楽の使い方もセンスがいいと思います。


この映画はやっぱりやり過ぎ感がちょっと目につきました。
映画といってもそういうのは目にしたくない気持ちがあります。ボラットとかハングオーバーの嫌な部分が存在していた。
観慣れてくると素直に観れるんだろうけどちょっと時間がかかる感じ。

なんといってもシールの曲がよかったです。
2回かかった時は家族はうんざりしていたのに....。
ジェットコースターに乗りながら家族みんなで歌うシーンは音楽のすばらしさと言ってもよさそう。映画の醍醐味と言ってもいいのかも。2回目観たときはうるうるしました。コメディ映画なんだけど人間の大切なものが描かれていたと思います。