ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐの作品情報・感想・評価

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ2015年製作の映画)

Genius

上映日:2016年10月07日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

1920年代ニューヨーク、「老人と海」「グレート・ギャツビー」などの名作を手がけた編集者パーキンズ。ある日、パーキンズの元に無名の作家トマス・ウルフの原稿が持ち込まれる。彼の才能を見抜いたパーキンズは、感情のままに、際限なく文章を生み出すウルフを支え、処女作「天使よ故郷を見よ」をベストセラーに導く。 そして更なる大作に取りかかるふたりは昼夜を問わず執筆に没頭。 パーキンズは家庭を犠牲にし、ウ…

1920年代ニューヨーク、「老人と海」「グレート・ギャツビー」などの名作を手がけた編集者パーキンズ。ある日、パーキンズの元に無名の作家トマス・ウルフの原稿が持ち込まれる。彼の才能を見抜いたパーキンズは、感情のままに、際限なく文章を生み出すウルフを支え、処女作「天使よ故郷を見よ」をベストセラーに導く。 そして更なる大作に取りかかるふたりは昼夜を問わず執筆に没頭。 パーキンズは家庭を犠牲にし、ウルフの愛人アリーンはふたりの関係に嫉妬し胸を焦がす。 やがて第二作は完成し、またも大ヒット。その一方で、ウルフはパーキンズ無しでは作品を書けないという悪評に怒り、二人の関係に暗雲が立ち込める。 果たして、立場を超えて生まれた二人の友情の行く末はー。

「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」に投稿された感想・評価

内容はあらすじにある通り。
というか、もしまだあらすじを見ていなかったら、見ないほうがいい。
80%ほど説明されてしまっている。

編集者と天才作家のサクセスストーリーかと思いきや、意外とあっさり、序盤で成功を収めてしまう。
ここからどうするんだろうと見守ると、この映画の副題がクローズアップされ始める。
それが「父親」。
息子にとっての父親、娘にとっての父親、家族にとっての父親、作品にとっての父親。
父親とは?という副題が足元から流れ始めて、作品の流れを変える。
最初、天才作家に対する見方は「なんだこの馴れ馴れしい男は」だったが、編集者の心情が吐露されるとその馴れ馴れしさが微笑ましく映る。「衝撃のラスト」とか「予想を裏切る展開」なんてコピーをよく目にするが、見る角度を意図的に変えることで起こる予想外は、面白い手法だと思った。
また、編集者は頑なに帽子を脱がないが、あるタイミングで、完璧なタイミングで脱ぐことになる。何を表しているのかわかりやすくて良かった。

コリン・ファースはさすが。
ニコール・キッドマン、上目遣いの笑みが怖いけど美人。
あと服。
この時代を描く映画の服は、合成繊維なし、ウール100%な感じの素材の服がかっこいい。
豚小屋

豚小屋の感想・評価

4.5
愛してるぞ
マックス・パーキンズ!
kaori

kaoriの感想・評価

4.3
泣いたわぁ~泣いた。
コリンファースとジュード・ロウ、好きだわ~。
英国紳士が二人揃ったら深み増すわぁ
しかもノンフィクション
そら泣くわ~😭
二人の関係はとても素敵だったのに、やっぱり周りの批評なんて気にする必要ない。
ウルフとパーキンズが作った本、読みたいな
よしみ

よしみの感想・評価

2.0
退屈だった

作家と編集者の話に
感情の起伏の激しい女性を交えるも
抑揚に響かなかった

家の中でも
帽子を取らなかった彼が
最後の最後に帽子を

この演出には拍手を(笑
キングスマンと同じ俳優と気づいて驚き。
ちー

ちーの感想・評価

3.5
キャスティングがとても良い。パーキンズが帽子を取るシーンが印象に残った。
momoem

momoemの感想・評価

3.5
一癖ある若手天才作家トムと、
誠実な敏腕編集者マックスの友情物語。

敏腕編集者のマックスが、
無名だったトムの才能を見いだし切磋琢磨しながら本を出版する。

トムは一癖どころか二癖、三癖あるけれど、でもどこかほっとけなくさせる魅力も持つ人。

はじめに、「これは実話をもとにしています」と出てくる説明的な感じがお話のところどころにも感じられた。

マックスの誠実さがすてきで、
編集者としての在り方がかっこよかった。

役者陣が豪華。

ラストがよかった。
makkkkism

makkkkismの感想・評価

2.9
パーキンズの職能の高さも、トマス・ウルフの才能も分かったけど、二人の関係が魅力的に映らなかったなー。

キャストも題材も好みなのに、惹かれなかったのはなぜだろう…。

『天使よ故郷を見よ』、『時と川について』は読んでみたい。
しずかで、しんみり染みる映画!
早朝に観たい映画。
>|