ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐの作品情報・感想・評価

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ2015年製作の映画)

Genius

上映日:2016年10月07日

製作国:

上映時間:104分

3.6

あらすじ

1920年代ニューヨーク、「老人と海」「グレート・ギャツビー」などの名作を手がけた編集者パーキンズ。ある日、パーキンズの元に無名の作家トマス・ウルフの原稿が持ち込まれる。彼の才能を見抜いたパーキンズは、感情のままに、際限なく文章を生み出すウルフを支え、処女作「天使よ故郷を見よ」をベストセラーに導く。 そして更なる大作に取りかかるふたりは昼夜を問わず執筆に没頭。 パーキンズは家庭を犠牲にし、ウ…

1920年代ニューヨーク、「老人と海」「グレート・ギャツビー」などの名作を手がけた編集者パーキンズ。ある日、パーキンズの元に無名の作家トマス・ウルフの原稿が持ち込まれる。彼の才能を見抜いたパーキンズは、感情のままに、際限なく文章を生み出すウルフを支え、処女作「天使よ故郷を見よ」をベストセラーに導く。 そして更なる大作に取りかかるふたりは昼夜を問わず執筆に没頭。 パーキンズは家庭を犠牲にし、ウルフの愛人アリーンはふたりの関係に嫉妬し胸を焦がす。 やがて第二作は完成し、またも大ヒット。その一方で、ウルフはパーキンズ無しでは作品を書けないという悪評に怒り、二人の関係に暗雲が立ち込める。 果たして、立場を超えて生まれた二人の友情の行く末はー。

「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」に投稿された感想・評価

内容はあらすじにある通り。
というか、もしまだあらすじを見ていなかったら、見ないほうがいい。
80%ほど説明されてしまっている。

編集者と天才作家のサクセスストーリーかと思いきや、意外とあっさり、序盤で成功を収めてしまう。
ここからどうするんだろうと見守ると、この映画の副題がクローズアップされ始める。
それが「父親」。
息子にとっての父親、娘にとっての父親、家族にとっての父親、作品にとっての父親。
父親とは?という副題が足元から流れ始めて、作品の流れを変える。
最初、天才作家に対する見方は「なんだこの馴れ馴れしい男は」だったが、編集者の心情が吐露されるとその馴れ馴れしさが微笑ましく映る。「衝撃のラスト」とか「予想を裏切る展開」なんてコピーをよく目にするが、見る角度を意図的に変えることで起こる予想外は、面白い手法だと思った。
また、編集者は頑なに帽子を脱がないが、あるタイミングで、完璧なタイミングで脱ぐことになる。何を表しているのかわかりやすくて良かった。

コリン・ファースはさすが。
ニコール・キッドマン、上目遣いの笑みが怖いけど美人。
あと服。
この時代を描く映画の服は、合成繊維なし、ウール100%な感じの素材の服がかっこいい。
mix

mixの感想・評価

-
2017/11/18
君の名前が真の価値を持つ
Ryo

Ryoの感想・評価

3.7
編集長コリンファースと自信家な作家ジュード・ロウ。
実話ベース。淡々とストーリーが進むので見易い。途中、予告見てんのかなと思った笑。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.0
淡々と只々淡々と進みます。
最後の手紙はジンときます。
お店でも家の中でも釣りに行ってもパーキンズは帽子を被っています。
あるば

あるばの感想・評価

3.7
久しぶりにジュードロウ見たさにwowwowで録画してたのをやっと鑑賞。
トマスウルフ知りませんでした、読んでみたい気もしたけど、あの本の分厚さみて無理!と判断。。。
編集者と作家さんの関係って大事だったりするわけですね~😆そんなことも知らなかった💦
ジュードロウはまり役。
コリンファースの涙、美しく撮れてましたね


ギャツビーの作家フィッツジェラルドを主人公に映画作っても面白そう。
こんぶ

こんぶの感想・評価

3.0
実話ベースだから仕方ないのかもしれないけど、淡々としすぎてて盛り上がりどころがない。そんな雰囲気プラス、コリンファースとジュードロウでイギリス映画感がすごいです。
トマスウルフの作品がところどころで朗読されるけれど、叙情的すぎて理解が難しい。マックスが一目惚れする作品の良さが私にはよくわからなくて、これが教養の差ということなのでしょうか、、。トマスウルフの陽気な兄ちゃん加減がちょうど良くて憎めないキャラだったなあ。最後のシーンはなんとなくわかっていた流れだったけど、コリンファースがいい表情をしていて、このためになんとか二時間観ていてよかったなと思えました。不倫女と結核菌の強さに震えた話でした。
wish

wishの感想・評価

3.6
ニューヨークのビルの屋上から二人が肩を並んで立つ後ろ姿。良かった。
「暗闇で狼の遠吠えが聞こえる中、1人が物語を語り始める。暗闇や狼の恐怖が薄れていく。だから、書く意味はある」
ぽ

ぽの感想・評価

4.0
淡々とした素直な物語。実話ベース。ストーリーに大きな起伏はないのだけれど、良い話。
作家の生みの苦しみとそれを分かち世に出す手助けをする編集者。
トマス・ウルフの奔放さよ。自分自身を扱いきれていない彼に振り回される周囲。
編集者パーキンズは理性的で溢れる情熱を内に隠した素晴らしい人。 二人の一冊めの仕事ぶりが楽しかった。パーキンズにジャズを聴かせるシーンも好き。
妻達の激しい感情には付いていききれなかった…。

今、歳を重ねたコリンにかなり似合っていた役だと思う。細やかな演技が光る……!朗読が良かった~。ブルーレイ特典のインタビューは色々と知ることができて必見ですね。

トマス・ウルフ本人、役者に顔似てる…
いや、コリンファースとジュードロウてイギリス映画かおもたわ雰囲気込みで
喧嘩別れしてから最後までが少し早すぎたかな、あと15分はあってもよかったと思う
トマスみたいな陽気の極みにいるような人間になりたいな
とりあえずトマスウルフの本は読んでみようと思う
てか本物のトマスウルフ、コリンファースとジュードロウを足して2で割ったみてーな顔でマジびびった
>|