ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気の作品情報・感想・評価

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気2015年製作の映画)

Freeheld

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:103分

3.7

あらすじ

20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、 恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らして…

20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、 恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らしていけるよう、遺族年金を遺そうとするローレル。だがそれは、同性のパートナー同士では法的に認められなかった。病と闘いながら、権利を求め、制度の改正を求め闘う決心をしたローレルの訴えは、やがて社会的なムーブメントへと拡大していき―。

「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」に投稿された感想・評価

Chisato

Chisatoの感想・評価

3.4
実話に基づく物語
だからかどんどんお話が進んでいって、あっという間にガンが見つかって...
だけどこのお話はそんなことが言いたいのではなくて、愛はみんなの中にあって、愛は法をも変えられるんだ ってことかなと。
ニュージャージーっていう保守的なイメージのある場所で人々を変えることができたローレルに感動した。
2002年ってつい最近の気がするけど、もう15年以上も前なのね。。
かなり前から同性愛を題材にした映画ってあったけど、最近一気に増えてきたと思う。法改正も含めていろいろ認知されてきたんだなーと。
この映画のような出来事も、当時は全くしらなかった。やっぱり、映画は教科書では教えてくれないことをたくさん教えてくれる。
だーかーらー、雰囲気でそれっぽい邦題つけるのやめようよー!
そんなに悪くは無い邦題だけど、単純な恋愛モノじゃないだけにちょっとモヤるセンスでございます。
複雑で繊細なものほどはっきり言葉にすると間が抜けるので、軽々しく"勇気"なんて入れないで欲しかったなぁなんてごにょごにょごにょごにょ。

ローレル的には、LGBT全体の権利がどうこうということよりも、ただ大切なパートナーが受け取るべきものを受け取れるようにしたいって思いの方が強そうだったのが印象的でした。
積極的に抗議したり主張したりする人たちもいるけど、そっとしておいて欲しい人たちもいるんだろうなぁと。悪気はないのだろうけれど、ローレルとステイシーをだしにするような行動を取ったスティーブンよりも、何年も仕事でのパートナーだったデーンのほうが2人の気持ちに寄り添ってるように見えてなんだか複雑な気分になりました。
結果丸く収まってるからいいけども。ゴリ押しのスティーブンの勢いたるや。いい奴なんだろうけど。

いやーしかし、少しずつ生きやすい世の中になってるのかな?なってるといいな。
私はもうなぜか昔から同性カップルに抵抗がなかったから、猛烈に否定する人たちの気持ちが正直わからないんですよね〜。「好き」という気持ち自体は相手が異性だろうと同性だろうとどっちでもなかろうと変わらないはずなんだけどなぁって思います。

そもそも一生自分を偽って大多数に溶け込んで生きるのは苦痛過ぎる。
そんな窮屈な人生を送らなくてすむ世の中になればいい。かなり難易度高そうだけど、頑張って変化させてみる価値はありそうですよね。
カシコ

カシコの感想・評価

4.0
ラストの字幕と写真で1番泣いた

彼女に愛情や力を注いだ人が大勢いた事は
彼女がそれだけみんなに力を与えていたから
素晴らしき女性
尊敬する

有給を分けあえる制度
素晴らしいね

全ての国でLGBTQの人々が
幸せな暮らしと平等な扱いが受けられますように!
rina

rinaの感想・評価

4.0
Netflixにて
ザン

ザンの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジュリアン・ムーアはアリスのままでに続き終末的病状患者役が多い。頭の固い群政委員にはやきもきさせられたが、欠席して最後まで反対姿勢を貫いたおやじはフィクション作品ゆえ個人特定もでき、社会的制裁を受けたことだろう。
Tomoka

Tomokaの感想・評価

-
最後まで自分の正義を貫いたローレルを心から尊敬する。
大木茂

大木茂の感想・評価

3.3
出会い方が軟派じゃないのが好感もてる
この年の差カップルイイなぁ
なんて思ったら2幕から一変…
むしろこの展開の為の導入なんだけど
この2人の馴れ初めにウットリ

ジュリアンムーアっていまいちタイプじゃなかったけどこの映画の姉さん女房(しかも仕事出来るカッコいい女性だけど主導権譲ってるカンジ)なのたまらん
エレンペイジは逆に少年型で引っ張っていくタイプで頼もしい

マイケルシャノン最近観た映画とかいかにも悪人ヅラだから今作はヒヤヒヤしたけど
良い演技してたわ

忘れた頃にスティーヴ ンカレル登場笑
ユダヤゲイという個性強めのキャラだけど
今作はコメディではないのでカレルの魅力はあまり出ていなくて残念…

この映画保守との闘いとか
自分の正義に正直な人達で感動するけど
やっぱラブストーリーをもっとみたかったな
>|