ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気の作品情報・感想・評価

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気2015年製作の映画)

Freeheld

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:103分

3.8

あらすじ

20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、 恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らして…

20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、 恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らしていけるよう、遺族年金を遺そうとするローレル。だがそれは、同性のパートナー同士では法的に認められなかった。病と闘いながら、権利を求め、制度の改正を求め闘う決心をしたローレルの訴えは、やがて社会的なムーブメントへと拡大していき―。

「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」に投稿された感想・評価

Chisato

Chisatoの感想・評価

3.4
実話に基づく物語
だからかどんどんお話が進んでいって、あっという間にガンが見つかって...
だけどこのお話はそんなことが言いたいのではなくて、愛はみんなの中にあって、愛は法をも変えられるんだ ってことかなと。
ニュージャージーっていう保守的なイメージのある場所で人々を変えることができたローレルに感動した。
ななこ

ななこの感想・評価

3.0
エレンペイジの演技がはなにつくというか
レズビアンをマッチョに描く傾向はストーリー上仕方ないのかな
Aya

Ayaの感想・評価

4.0
ジュリアンムーアは難病患者のなりきり演技がほんとに得意だよね!!
衰弱していく様の演技がすごく繊細で圧巻
「正当な権利の主張」がここまで難しいとは…
同性愛に対する差別根強さだけじゃなくて、警察上層部の金に対する執着と汚さはほんと嫌になる( ;´Д`)

愛するひとに愛されること、家と犬とパートナー
↑その通りだとおもった
やっぱり人間の望みって変わらないよね
湯の華

湯の華の感想・評価

3.7
同性愛の映画を観るたびに思うのが、自分の家族が同性愛者だったらその人を否定するの?自分の子供が同性愛者だったらその子を否定するの?ってこと。
愛し合えるって尊いことだと思うんだけどな。

実話に基づいてる話で、二人は過酷な状況に置かれたけど、劇中の台詞じゃないけど、遺産をちゃんと世の中に残したんだよね。

ジュリアンムーア素晴らしかったです。
WOWOW
字幕翻訳:牧野琴子さん
私はいわゆる保守派で日本の核保有を支持するタカ派である.一般的にそーゆー人らは同性愛に対して厳しい意見を持つイメージがあるだろう.少なくとも私には偏見ないよ,ってか古来日本人は同性愛に大らかなわけでして.そこにヲタクという属性が付与されちゃうともうさ,なんでもいいじゃんか,好きになった人と付き合っちゃえば・・・である.
なので行政府公開委員会の役員が申請却下の理由を色々と言ってるのがバカらしくて,後半憐れになってきた.例えば承認したら偽装パートナーが増えるって言い訳なんて,んじゃ偽装結婚は無いのか?って脊髄反射レベルで反論できる.結局は彼らにとって不愉快で心情的に受け入れられなかっただけである.委員会でもずっと気まずい表情だったのは,理性のどこかでは受理できない理由はないと判ってるからだろう.
心情的といえば,ジュリアン・ムーアの癌患者リアルだった.かーちゃんがあんな感じだったわ,ホント.
にしても年の差カップル感がすごかったんだけど.しかもペイジが演じたステイシーが「妻だ・・・」って発言してて『オマエが旦那かい!』って突っ込んでしまった.ペイジ本人がプロデューサーになるほど製作したかった作品なのは理解できるけど,そこはもうちょっとステイシーに似せたキャスティングにすべきだった気がする.あれじゃ親子だよ.
キャスティングといえば本作のマイケル・シャノンはかなりいい.すごい自然体な感じだった.普段癖が強い役柄多いからそう感じただけかもしれんが.
Nxoxo

Nxoxoの感想・評価

3.8
感動した。俳優陣の演技がすごく良かった!
nao22

nao22の感想・評価

3.9
ジュリアン・ムーアは「アリスのままで」で素晴らしい演技を見せてくれ、号泣させられましたが、こちらの作品も圧巻でしたね。

年齢も境遇もちがう二人が出会い、恋をして静かに暮らすことを望んだ彼女たち。
けして特別な生活をしていたわけではないのに、同性カップルと言うだけで人目を気にしなければならず、時には虐げられる。

そこへパートナーの末期がんがわかり、闘病の苦労にくわえ、遺族年金の受給をめぐって長い闘いとなる。

死への恐怖、パートナーを喪う恐怖もあるのに世間に晒されながら、平等を願う姿に胸をうたれました。

こんな言い方はどうかと思うけど、ジュリアン・ムーアは死にそうな演技が本当にうまい……
エレンペイジは言葉少ないけれど、芯の強い女性をとてもナチュラルに演じていて、ひたむきに彼女を思う姿が良かったです。
sasa

sasaの感想・評価

3.6
理不尽な事が沢山あるのが当たり前なのか、平等って難しい。
色々考えさせられる映画だった。
>|