ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気の作品情報・感想・評価

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気2015年製作の映画)

Freeheld

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:103分

3.8

あらすじ

20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、 恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らして…

20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、 恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らしていけるよう、遺族年金を遺そうとするローレル。だがそれは、同性のパートナー同士では法的に認められなかった。病と闘いながら、権利を求め、制度の改正を求め闘う決心をしたローレルの訴えは、やがて社会的なムーブメントへと拡大していき―。

「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」に投稿された感想・評価

Chisato

Chisatoの感想・評価

3.4
実話に基づく物語
だからかどんどんお話が進んでいって、あっという間にガンが見つかって...
だけどこのお話はそんなことが言いたいのではなくて、愛はみんなの中にあって、愛は法をも変えられるんだ ってことかなと。
ニュージャージーっていう保守的なイメージのある場所で人々を変えることができたローレルに感動した。
ミク

ミクの感想・評価

3.0
少数派はどう頑張って足掻こうが少数派に変わりはないから、いかにアライ(当事者ではないが、マイノリティの考えを理解する支援者)の存在が大きいか改めて感じた。

ローレルは同性婚のために戦ったのではなく、ただただ"平等"に扱ってほしいという当たり前の権利を主張し続けたのが印象的。どうして行政は財政を理由に人権侵害するのか全く理解できない。第1人者が成し得た栄光は素晴らしくローレル本人もまさか、ジュリアン・ムーアが演じてくれていると知ったら最高に嬉しいだろうなー!

先月10年ぶりに広辞苑改訂新版が発売され、LGBTが「多数派とは異なる性的指向を持つ人々」と定義され絶句。"結婚"や"恋愛"も男女間と書かれている価値観を持つ日本で、同性婚が全国で認められるのは遠い将来にならないよう、喝入れねばです。

ゲイ映画は暗いのばっかりで、明るいポップなのも観たいという希望を持っての星3つ!
惹かれ合いパートナーとなった二人。その年齢差、同性であるということ。堂々とした二人の大胆さに自由を感じられる。同性ならではの柔らかい雰囲気、時間の流れの緩やかさにあたたかい気持ちになる。

ガーリーなエレン・ペイジが好きだけど、この作品でみせたボーイッシュな演技とか、彼女自身が世間に打ち明けたこととか、その勇気ある決断や行動に胸を打たれる。

ジュリアン・ムーアって、その存在だけで充分な濃さとインパクトがある。それでもいつも、「ふと」演じている人だというのを忘れて彼女を見ている自分が居る。役への溶け込み方の深さにいつも驚く。

会話の中で、時折その年齢差から母娘のようにも見えたり、そのどちらの考えも分かるが故に切なくなったりする。
難しそうなテーマと迫りくる悲しさを前に出ている作品ではない。
本人たち、関わる人達のあたたかさと勇気ある行動に、自然と涙してしまった。
「何となく」しか知らなかった事柄の一歩踏み込んだところや、少しずつ変わる時代の様子を、ほんの一部かもしれないけれど作品を通して知る事が出来て良かった。音楽も素敵だった。
「何も知らないで否定する」ことは、どんな事柄においても視野を狭めてしまうし悲しいことだと改めて思う。
いやぁ…無理だ…
おみ

おみの感想・評価

4.2
誰が味方か

誰が敵か
わからない。

あの2人が愛し合っていた事だけが真実。

そして上司のとる行動。
察する、という事がどれだけ大切か。

主演2人、素晴らしい演技。
主人公の2人の演技がとても良かった。

同性カップルが直面する問題をヒシヒシと感じました。

周りの人の心を動かすことがどれほど難しいことか。
ギャス

ギャスの感想・評価

3.2
とても画期的な事件だが、
つまり「普通」でいたかっただけなのだ。
心から応援できた。

意外と感動したのは「じゃあ5日間」という敵かと思えた同僚のセリフと「俺は部屋にこもるから誰が外にいるかは知らん」という後押しの上司のセリフ。
こういう類の話では、当事者の"周りの人々の心"が大きく動くことの方に感動するものではないだろうか。

デモやキャンペーンのやり手のプロが、妙にかっこよく見えた。
Hachi888

Hachi888の感想・評価

3.5
きっと沢山のドラマがあっただろうに、ストーリーのリズムが一定で流れるように終わってしまった感が私にはありました。

え、もうそんなシーンまで来ちゃうの?ていう感じ。

実話なので評価するの難しいですが、もう少し盛り込む所あったんぢゃないかな?と思います。
>|