ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気の作品情報・感想・評価

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気2015年製作の映画)

Freeheld

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:103分

3.8

あらすじ

20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、 恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らして…

20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、 恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らしていけるよう、遺族年金を遺そうとするローレル。だがそれは、同性のパートナー同士では法的に認められなかった。病と闘いながら、権利を求め、制度の改正を求め闘う決心をしたローレルの訴えは、やがて社会的なムーブメントへと拡大していき―。

「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」に投稿された感想・評価

Chisato

Chisatoの感想・評価

3.4
実話に基づく物語
だからかどんどんお話が進んでいって、あっという間にガンが見つかって...
だけどこのお話はそんなことが言いたいのではなくて、愛はみんなの中にあって、愛は法をも変えられるんだ ってことかなと。
ニュージャージーっていう保守的なイメージのある場所で人々を変えることができたローレルに感動した。
lilmaasa

lilmaasaの感想・評価

3.8
ローレルの愛が深い。
🏡🐕👭
Kate

Kateの感想・評価

3.7
2人の展開が仰々しくなくてレズビアンだからどうこうっていうわざとらしさがなくとても自然だった。
デモ活動のやり方を皮肉している雰囲気はスティーブン・カレルの醸し出すウザさによって成り立っていて、決して好きにはなれないけれどキャラクターにぐっと入るすごさは感じた。
実話ですって最初に言われると、言われなくても分かっているにしろ最後の展開を頭で考えてしまうからあの制度いらないと思うなあ。
ふみ

ふみの感想・評価

5.0
涙なしには見られない映画だった。
正義とは何なのか、なぜ人は他人の幸せを素直に応援できないのか、とても考えさせられた。世間が当たり前に思っていることが、一部の人にとってはそうでないと知るのはなかなか難しい。だからこそ、このような映画をたくさんの人に見てほしいし、映画の良さなのだと思う。
エレンペイジはこの役をきっかけにカミングアウトすることを決意したくらい重要な作品だけに、ジュリアンムーアはもちろん、彼女の演技に見入った
3akata

3akataの感想・評価

3.4
よくある展開だけど、ジュリアンムーアで格上がる。
マイケルシャノンはアクの強いイメージあるから、余計いい人に見えた。
たま

たまの感想・評価

3.7
病と闘う2人の心情と、法整備が進んでいくことが実話を元に描かれたストーリー。どちらかというと後者の制度の変化に重きを置いた内容だったから、もっと2人の関係に寄り添う内容だったらよかったなぁ。展開が早くて心が置いてきぼりになったりもしたけど、純粋な2人の恋愛感情が沁みたなー。
未だに日本で同性婚が認められていないことが不思議でしょうがない。本気で好きになれる人ができるって結構すごいことなのに。
目頭熱くなる。。
>|