あゆみ

フォエバー・フレンズのあゆみのレビュー・感想・評価

フォエバー・フレンズ(1988年製作の映画)
4.0
共感しまくりで、ぼろ泣きした。。
女同士の友情のあるあるが詰まってる。彼氏ができたり、結婚したり、子供ができたり、ずっと友達だよって言葉とは逆に疎遠になったりするもの。この作品の2人の好きなとこは、歪みあって喧嘩しても、ネチネチしてなくて(ちょっとしてたかw)本音を言ってるとこ。

私自身、小学生の頃文通をしていた子と、中学、高校と同じ学校になって、親友と呼べる子がいた。だけど、その後の進路で彼女は県外に行き、お互い仕事もあり段々と疎遠になってしまったり。この映画の2人のように、疎遠になりながらも、また一緒にいるのが羨ましくて、何だか自分と重ね合わせて涙が止まらなかったなぁ。ちょっと昔を懐かしみました(˘̩̩̩ε˘̩ƪ)

「二人とも大人になって生き方が違ったのよ」この台詞がぐさっときた。幸せは人それぞれだし、慌てる事はないんだよね。