ゆっけ

ドント・ブリーズのゆっけのレビュー・感想・評価

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)
4.0
こういう低予算ホラー映画が大ヒットするのは良いですよね。
物語の作り方がとっても上手いと思います。

一人暮らしの盲目の老人宅に、若いコソ泥3人が金目あてに強盗しにいくという単純な話。

その老人(ジジイと呼ばせてください)は、元軍人ということで、めちゃくちゃ強いんです。『ワナオトコ』に似た感じのテイストなのかなーと思ってみたら、いろんな意味で気持ち悪い映画でした(面白いです)

『ドント・ブリーズ』という題名の意味は、「息をしてはダメ」ということですが、視覚が使用できないということで、ジジイは聴覚に優れているんですよね。みつからないように、じっと堪えるシーンは見ているこっちも息を飲みます(銃を回して誰かいないか確かめるシーン最高です)

何度もなんども恐怖が訪れるのは非常にポイント高いです。
ただ、善悪という意味では、誰も味方になれる人がいないというか、そこが完全に共感して怖がれない理由のひとつですね。

途中のある展開から、おぞましいので、好き嫌いははっきり分かれてしまうかもしれませんが、あくまでエンタメのホラー映画を見て楽しみたいというときに観たい映画だと思います。