ドント・ブリーズのネタバレレビュー・内容・結末

ドント・ブリーズ2016年製作の映画)

Don't Breathe

上映日:2016年12月16日

製作国:

上映時間:88分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ドント・ブリーズ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

色々「えぇ〜......」ってところが多かった。強盗に簡単に入るのに倫理観はもってるような発言をする主人公。(吹き替えが梶裕貴さんで驚き)おじいさんにもまさかの秘密。妹と家を出るためのお金にこだわる女の子。目は見えないけど思い通りに動けるおじいさん。けどすぐ横を通っても気がつかない。強盗組はちょっとおじいさんから離れただけで普通に喋る。
でも終始ドキドキして、逃げろーーと思いながら見終えて、ラストがもやもやして終わった。まあ強盗したのが悪いのは仕方ないとして、おじいさんは正当防衛で終わってるところと、そのニュースを背に妹と飛行機にむかう女の子。続編が期待できるけど、家を出たらおじいさんのあの力任せの反撃はできないしどうなるのか、、
面白かった!
全然怖くないし強盗がバカすぎてイライラした
最後のじじいの垂れる精子がばかきもい
おねえさんがんがえ〜〜〜!!!まけうな〜〜〜!!!
最後、ニュースになっていて二人の強盗が押し入り老人は必死に戦ったってなってましたけど、精子スポイトや地下の監禁場所はどーなったの?って思いませんか?老人もやばいやつだったっていうニュースが見たかった。
怖いの嫌いだけど、見れた。
おじさんの性癖が個人的に一番記憶に残っていて気持ち悪い
この映画をおすすめホラーとして挙げてるネット記事があったけど、怖くない。
結果的に精子をいれて子供産ませようとするサイコなじいちゃんではあったけど、強盗に入って揉み合いになる初めの方はおじいちゃんの方に感情移入して、おかしな映画だなと思った。
もっとじいちゃんをサイコな役にして、主人公に正義を持たせた方が面白いのになと思った。
あの女の人が生き残って、後味も微妙かも。短めなのは良かった。
バランス、という言葉が好きなんですが、この映画は正にシュチュエーションのバランスが絶妙に良い映画でした。

視覚的に制約を与えつつ、聴覚が異常に発達していることが主人公達を苦しめる上で良い塩梅!

スリラーとしても、飽きさせないイカつい展開が後々出てくるし、一息ついたと思ったらあ〜!な展開が連続です。時間も長く無くて良き。

ただそもそもは強盗に入った主人公達金の亡者の自業自得といえばそれまでで、1人逃げ果せた事はスッキリしなくて、もう一つ最後にパンチの効いたオチがあれば良かったと思います。
強盗はダメ、絶対。
その状況でまだお金に目がくらむか?!ロッキーよ!!
生きてるだけでえーじゃないか。
見終わった後、真剣に見すぎてドッと疲れるくらいハラハラした。
スリルがあって面白かったけど、女がもうちょいボコされても良かったのかなぁ
>|