松原慶太

クリーピー 偽りの隣人の松原慶太のレビュー・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)
3.7
見始めてすぐ「あれ、これ普通の邦画とぜんぜん違うぞ?」と思ったら、監督は黒沢清だった。

前半は、すごく緻密に作られたサスペンス。とりわけ怖いものは何も写っていない筈なのに、画面から目をそらしたくなる圧の強さ。

脚本、配役、画作り、SE、音楽、ライティングなど、なにもかもが素晴らしい。

香川照之は、過去最高にキモチのわるい隣人を演じ、出色の出来。マインドコントロールする側、される側の心理を丹念に描いている。

終盤から、着地点の見えない黒沢清ワールドに突入。「アレ?アレ?」と思っているうちに、いちおう落ちは付く。鑑賞後、気味の悪い感触だけが残る。