なか

クリーピー 偽りの隣人のなかのレビュー・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)
3.1
設定や配役はとても好き。

致命的な点として、リアリティのバランスが取れてない
香川さんのいわぬる「マジでいそうなサイコパス感」とは逆な、東出君の謎行動やら、奥さんのアホっぷりやら、西島さんの緊迫感のない演技やら、何でもさせられる魔法の薬やら、容疑者をすぐ帰らせちゃったり歳とったお偉いさんが1人で現場に出向く無能警察のせいで、観る側としても何に怖がればいいのかよく分からなくなってしまった結果、落とし穴に落ちるシーンが1番ビビった。