cocoamama

クリーピー 偽りの隣人のcocoamamaのレビュー・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)
2.5
ストーリー展開が分かる話の流れに作られている。

以下、ネタバレ↓
観ている側に、こうなると思うでしょう?はい、その通り〜!みたいな。
警察全員、緊張感が無さすぎる。みんながみんな単独行動当たり前で次々死んじゃう。
明らかに人が生活してる家じゃない異常さしか感じない民家に入ったら、1人でガンガン奥まで突っ込まずに、普通は応援呼ばないかい?
クリーピーの娘役と、竹内結子が演じてる妻、傷が深くてこの先普通の人生には戻れないだろう。気の毒すぎる。
サイコパスは異常なんだってことは伝わったけど、巻き込まれた被害者の多さがハンパなさすぎて警察しっかりしてよと思うしかない。