クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:130分
    監督
    黒沢清
    脚本
    黒沢清
    池田千尋
    キャスト
    西島秀俊
    竹内結子
    川口春奈
    東出昌大
    香川照之
    藤野涼子
    戸田昌宏
    馬場徹
    最所美咲
    笹野高史
    あらすじ
    あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりは、本当の恐怖の始まりでしかなかった…。

    「クリーピー 偽りの隣人」に投稿された感想・評価

    よくそんなやばそうな家にみんな1人で入っていけるな
    気持ち悪っ。香川照之は完全にこういう役が快感になってますね。彼を観るには楽しめます。
    最近観た「cureキュア」と似てると思ったら同じ監督なんだ。霧の中を車が走るの好きですね。
    見入っちゃうけど、正直、安っぽいサイコものに思えました。
    いろいろ無理がありすぎだし。
    詰めが甘いような…
    サイコパス感が充実してたね〜
    「えぇえええっ!?犬、しつけてるんですか!?いいと思いますねぇ〜そういうの」
    てとこ好き笑

    恥ずかしながら黒沢清作品はほとんど観ていないので、黒沢ワールド全開らしいこの作品は完全には楽しめなかったと思う。面白かったけど。
    黒沢清の顔を思い出そうとしても、ダウンタンDXにたま〜に出てくるビーニーかぶったおじいちゃんの黒沢年雄の姿しか出てこないです。
    もっと黒沢清作品を観ようと思います!
    惜しい!面白くなる要素はしっかり揃ってるのに、ちゃんと消化しきれてない感が物凄くある。
    序盤から中盤にかけての、隣人香川照之のキモさは素晴らしい。こんなお隣さん嫌すぎるわ〜。たまにいいヤツになるのがまたイヤラシイ。こんなん反則やわw

    北九州監禁や尼崎事件を連想させる、胸くそ支配手法もいいセン行ってた。娘役の子の演技が光ってたね!

    6年前の一家失踪事件の調査と並行して進んで行く隣人とのやりとりもダークな感じが出てて、物語をドキドキワクワク盛り上げる。ここまではよかった!

    問題は後半よ。一家失踪事件と隣人西野との繋がりもあっさりな感じやし、何よりあの「謎のおクスリ」登場で萎えた。何でもありやん。
    もっと手練手管、恐怖と懐柔、飴とムチをうまいこと使って洗脳してくれよー。

    西島秀俊も犯罪心理学者の先生とか言ってるくせに、相手煽りすぎやろ。ちゃんとネゴシエイトせえよ。殺されんかったん、ただのラッキーやろ。

    前半がとてもよかっただけに残念。
    でもまぁ役者や演出、物語の全体的なレベルは高めなので、ちゃんと最後まで飽きずに観られた。個人的に惜しい一本。
    香川さんの演技力!恐怖
    香川照之さん不気味すぎるけどあーいう役似合ってますよね。ストーリー的には延々暗くて最後もスッキリしませんでした。(個人的意見)
    香川照之さんのサイコパスな感じが気持ち悪かった。自分で手を下さずにマインドコントロールする。ホラーだった。西島さんもちょっとサイコパスっぽかったな。こんな人隣人にいたら嫌すぎる。マックスだけが癒しだった。
    >|