クリーピー 偽りの隣人の作品情報・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:130分

3.3

あらすじ

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家…

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりは、本当の恐怖の始まりでしかなかった…。

「クリーピー 偽りの隣人」に投稿された感想・評価

よくそんなやばそうな家にみんな1人で入っていけるな
ツッコミどころはあるものの、「こういうヤツいるかも…」という怖さを感じる。環境のせいなのか、生まれつきなのか…
どちらにせよそんなヤツは殺さなければ止められないのだと思わせる。
IORI

IORIの感想・評価

3.7
香川照之演技うまくて怖い。
なんかおもろかったはおもろかったけど最後の終わり方をもっと説明して欲しかった、分からへんことはなかったけどなんかもやっとした
ずー

ずーの感想・評価

3.1
ゾワゾワと不気味感が常に付きまとってる映画。気になってたところをサラッと流されちゃった点はあるけど、、
yaaa

yaaaの感想・評価

4.0
もぞもぞする感じが多々あってなかなか楽しめた。
又、意味深な余白もあるため見終わった後もなんやったんやと色々推測出来て楽しい。

隣に怖い人がいた!と観るとそれだけに縛られて非常にもったいない。

自分的には会社や学校などでやらかした人や問題児が事件を起こした後の
「そう言えばあいつ。前からおかしなやつだった」のよくわからない得体の知れない違和感。ここんとをやりたかったのかなと。前半は登場人物の少しだけズレた言動の観てる側の??の違和感。この薄く納得いかないまま進む不安感。黒沢さんはそこだけやりたかったのかもしれない。
後半はそうゆうことねと判明する納得感とともに意味不明のゾワゾワ感は消える。多分松竹なんかで撮るということはある程度のわかりやすさのエンタメも必要で要請には応えるでってみたいに思えた。

なぜそうなのか解らないといった謎が一番恐怖なのではないのか。

画面的にも面白く、エキストラ多いな、センスない動かしかたやなと思ってたら手前の人物の芝居に合わせて動かしたりして。昔、群衆だけが動く短編あったけどあれも劇映画に向けて実験だったのかと。最初の警察署内のドタバタ足音響くのもなんか好き。


オチも相当もぞもぞする。
悪い人は駆逐されたでは終わってないですよね。
最初からあの人は○○○○○(カタカナ)だったから…
Koichi

Koichiの感想・評価

3.7
あまりの世間の酷評ぶりにハードルが下がりまくりでしたので面白く感じました。

東出のやばそうな奴感とか、川口春奈が何か重大なこと握ってそうな感じとか伏線かなっと思う所は何でもなく、どストレートに香川さんでしたね。

西島さんの心理学者らしからぬ感情丸出しの詰問とか笑えましたね。

バイト先に西島さんの薄汚れたスーツと香川さんのカーディガン飾ってたんですけど、こんな内容の映画の衣装を商業施設に飾ってたとゆうことにも笑けてきました。
GHOSTJPN

GHOSTJPNの感想・評価

3.5
「昆虫すごいぜ!」のカマキリ役の人の、演技が凄い。
>|