クリーピー 偽りの隣人の作品情報・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:130分

3.3

あらすじ

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家…

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりは、本当の恐怖の始まりでしかなかった…。

「クリーピー 偽りの隣人」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.3
セオリー通りに作った脚本に忠実に(本当に「忠実に」)撮ったという感じ。なるほど黒沢清氏らしさはところどころに見られる。冒頭の取り調べ室の場面は知る者なら『CURE』を想起せざるを得ないだろうし、不吉に吹き抜ける風やそれに釣られて揺れる草木、廃墟、拳銃、死体等などが黒沢清氏らしさを示している。だから、悪く言えば自己模倣に堕しているとも言える(が、カメラワークの遊び方などは確実に九十年代やゼロ年代の黒沢氏から逸脱しようとしているようにも見えるので、私は絶対に悪く言いたくない)。言い方を変えて良く言えばそんなあまりにも生々しい細部が、この話を凡庸な「イヤミス」として整理させ難い野蛮な話として成立させているとも思う。だからどう受け取るかは観衆次第だろう。もう少し主人公とその妻の軋轢や連続殺人犯との交友を丁寧に時間を掛けて撮って欲しかった惜しさと、しかしそれをやってしまうとこの尺では収まらなかったんだろうなと言う悔しい気持ち(?)もあってこの点数に。
Tabe

Tabeの感想・評価

1.0
これを見た金曜の夜を返して欲しいそんな映画でした
こええええ、、香川照之が不気味すぎる。
おもろかった

いろいろきになるところはあるけど
日本でガチサスペンス撮れるのは良いね
僕んちの親は本物です!あなたとは違います!
KtkT

KtkTの感想・評価

3.9
ねちっこい作品。不気味さって意味では成功だと思う。観終わった時めっちゃ気分悪かったし。ちょっと話が散らかりすぎな気もする。正直川口春奈の役は要らないのでは?まあこの作品の数少ない目の保養になってたからいいけど。
佳菜

佳菜の感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

犯人は結局何者なのか、どういう理由であんな事をしているのか、他皆さんが突っ込まれている不可解な部分が多いのが気になりました。何も解決してません。伏線回収がもう少しあれば、、
あと西島秀俊の、人の気持ち無視の乱暴な所はイライラしてしまいます。感情移入出来る人物が欲しかった。

しかし途中まではハラハラしてとても面白かったです。又、俳優さんの演技は皆素晴らしいです。
りな

りなの感想・評価

2.8
見終わった後もあれは結局、、??と、疑問が残る映画でした🤤

でもこういうサイコな感じの映画はとっても好きです(笑)
映画のストーリーは好きだけど謎が残って納得してない部分があるので評価は低め。
でも竹内結子の演技がすごかった!西島さんもかっこよかったけど何より狂った役の香川照之は素晴らしかったです。

これも原作が小説なので読まなくては、、!
ゆーき

ゆーきの感想・評価

3.7
結局生きた人間が1番怖いんだよ…って話
airn

airnの感想・評価

-
竹内結子×西島秀俊がすき

ちょっと物足りないけど気持ち悪さ◯
>|