クリーピー 偽りの隣人の作品情報・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:130分

3.3

あらすじ

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家…

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりは、本当の恐怖の始まりでしかなかった…。

「クリーピー 偽りの隣人」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.3
セオリー通りに作った脚本に忠実に(本当に「忠実に」)撮ったという感じ。なるほど黒沢清氏らしさはところどころに見られる。冒頭の取り調べ室の場面は知る者なら『CURE』を想起せざるを得ないだろうし、不吉に吹き抜ける風やそれに釣られて揺れる草木、廃墟、拳銃、死体等などが黒沢清氏らしさを示している。だから、悪く言えば自己模倣に堕しているとも言える(が、カメラワークの遊び方などは確実に九十年代やゼロ年代の黒沢氏から逸脱しようとしているようにも見えるので、私は絶対に悪く言いたくない)。言い方を変えて良く言えばそんなあまりにも生々しい細部が、この話を凡庸な「イヤミス」として整理させ難い野蛮な話として成立させているとも思う。だからどう受け取るかは観衆次第だろう。もう少し主人公とその妻の軋轢や連続殺人犯との交友を丁寧に時間を掛けて撮って欲しかった惜しさと、しかしそれをやってしまうとこの尺では収まらなかったんだろうなと言う悔しい気持ち(?)もあってこの点数に。
迷作『ドレミファ娘の血は騒ぐ』を、VHS時代にレンタルして以来の黒沢清監督作品。
邦画得意の、舞台や人物設定は原作と同じで中身は半分以上違うというパターンらしい。
前半は最近流行りの猟奇監禁ものの雰囲気だが後半からSFホラーなのかと思う展開で、高校生が授業の合間に妄想したような話に唖然。
こんなくだらん話の映画に関わったスタッフや俳優達がひたすら可哀想になった。
ちなみに本作でも棒読み芝居&大根役者の東出昌大が演じる刑事は原作ではかなり重要な役どころなのだが、あっさり中盤で退場してしまう。
というわけで、久しぶりのクズ映画で採点は0点。香川照之が実は地球を侵略しに来たエイリアンで、藤野涼子が手下のモンスターで変身巨大化し、東京を襲撃するという展開なら2点位付けたいところ(笑)
mahha55

mahha55の感想・評価

3.1
面白かったんですが、それだけに最後の投げやり感が残念でした。映画の最後以外であれば多少説明を省かれていても、それはそれで想像力を働かせることや映画のテンポをよくすることができいいと思うのですが最後を省かれると????となってしまいます。
それから香川照之さんと竹内結子さんの演技が素晴らしかったです。
CMで香川照之さんを見るたびに、あぁこの人はサイコパスなんだと思うようになってしまいました笑
こいつなんなのっていうのが1番怖い。雰囲気出てる。黒沢清はおそろしげ謎空間を作り出すのうますぎ。猟奇ものとしてよりは前半が好き
7個

7個の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

冷や冷やするサスペンスかと思いきや、結局香川照之のアイドル映画だったという衝撃の映画。
忍び込んだ先に、あつらえたように存在する地下室とか、人を洗脳できちゃう魔法のお薬とかがなければ、面白かったのにな〜
oooo

ooooの感想・評価

-
ハンター系サイコパスvs人に無関心系サイコパス feat.真空パック
hihirou

hihirouの感想・評価

2.9
香川照之がとにかく最高
サラ

サラの感想・評価

2.4
終始不気味で香川さんの演技はじめ雰囲気の悪い感じは出せていたけど、伏線をたくさん残しておきながらいっさい拾わない感じと警察がのこのこ一人でいかにもやばそうな現場に足を踏み入れてる感じにひたすら突っ込みたくなりました。ラストが微妙という話は聞いていたけどほんとにえ??!となりました(笑)ひたすら後味が悪かったです。あと昨夜の残りのシチューを仲良くなりたいとはいえ大皿ごと隣のお家に持ってくことってしない気がする、びっくりした(笑)
JunToku

JunTokuの感想・評価

3.5
後味が悪くもう二度と見たくない。香川照之の演技力がすごい。画面上から不気味さが滲み出てるようで不快な気持ちになる。見てるこちらまでも情緒不安的になるような感覚。
作品としてはいいと思う。ただもう二度とみない。
>|