クリーピー 偽りの隣人の作品情報・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:130分

3.2

あらすじ

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家…

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりは、本当の恐怖の始まりでしかなかった…。

「クリーピー 偽りの隣人」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.3
セオリー通りに作った脚本に忠実に(本当に「忠実に」)撮ったという感じ。なるほど黒沢清氏らしさはところどころに見られる。冒頭の取り調べ室の場面は知る者なら『CURE』を想起せざるを得ないだろうし、不吉に吹き抜ける風やそれに釣られて揺れる草木、廃墟、拳銃、死体等などが黒沢清氏らしさを示している。だから、悪く言えば自己模倣に堕しているとも言える(が、カメラワークの遊び方などは確実に九十年代やゼロ年代の黒沢氏から逸脱しようとしているようにも見えるので、私は絶対に悪く言いたくない)。言い方を変えて良く言えばそんなあまりにも生々しい細部が、この話を凡庸な「イヤミス」として整理させ難い野蛮な話として成立させているとも思う。だからどう受け取るかは観衆次第だろう。もう少し主人公とその妻の軋轢や連続殺人犯との交友を丁寧に時間を掛けて撮って欲しかった惜しさと、しかしそれをやってしまうとこの尺では収まらなかったんだろうなと言う悔しい気持ち(?)もあってこの点数に。
最初の人質をとった辺りはゾクゾクしてこれは期待できると思った。
あらずじは好きなんやけど、雑やからもったいないなって……ちゃんと練ったら良作になったはず。。。

香川さんの演技がよかった。
際立ちすぎて、西嶋さんとか下手くそに感じてしまった。
警察官ならもっと押さえ込めるし、何ももたずにあの部屋入らない……、あのおじいさん刑事もマヌケすぎて……
犯人の都合のいいように話が進みすぎ(笑)
sai

saiの感想・評価

2.7
んー
俳優はいい。
o

oの感想・評価

3.0
終始キモくて最悪だったクリーピーどころじゃないすごい…まず手作りのチョコからまあまあ気持ち悪いけど。今度引っ越すから余計に怖いよー 犬はでかくてもふもふで可愛かった!
ざわざわ、ざわざわっときて
最後はへなへなって感じ
香川さん大好き。
香川照之の放つ"絶対にやばい人"オーラが圧倒的すぎて
本能的にゾワゾワときました。
やばいと分かってても好奇心で近づいてしまう気持ちは
少しわかるような・・・

とりあえず登場人物に
護身用に何か持っていけよ~!ってアドバイスしたい。

全体的に胸糞悪い部類に入るのかな・・・
見終わったあとの疲労感が凄まじいです。
>|