クリーピー 偽りの隣人の作品情報・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:130分

3.3

あらすじ

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家…

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりは、本当の恐怖の始まりでしかなかった…。

「クリーピー 偽りの隣人」に投稿された感想・評価

すっごいもどかしかったけど
見てて楽しかった

平気でシチュー持ってきちゃう
あーゆー人 絶対やだ。笑

香川照之の変人ぷりが最高すぎた👏🏻
西島さん いつも冷静だなあ
Hitu

Hituの感想・評価

3.7
2017.11.18 アマゾンプライム

香川照之オンステージだった。
怖すぎる。でもちょっと偶然すぎない?
とも思ったけど実際隣人のことなんて
ほとんど分かんないし、もしかしたら…と思うと、だんだん日常生活まで不気味に感じてしまう。そんな
竹内結子良かった。特にラスト。
西島秀俊と東出くんはなぜあんなに棒なのか。。しかしそれはそれで「あれっこの人たちも実はやばい?」みたいな空気になって絶妙だった。
hassy

hassyの感想・評価

3.5
後味の悪さは一級品。
薄気味悪さが五つ星級の作品でした。
カメラワーク、登場人物全員のやや人間性の欠如感、そして展開のハラハラ感のお陰で、最初からじわじわとずっと続く不快感とも呼べる期待感…。
だがしかし、最終的に残ったのは、作品のサイコパス感でしかなかったですね。
せっかくたくさん敷いてきた伏線の回収が非常にお粗末だったような気がする。
あくまで視聴者に予想というか想像させるだけで、答えをもらえないのでしっくりこない。
原作とラストが違うそうなので、ストーリー展開が変わることはしょうがないが、それにしても最後が非常にお粗末で残念だった。
こういう作品だからこそ、最後の最後にたくさんあった伏線の回収をして、バチッとどんでん返ししてほしかったなぁと思いました。
何でこんなに評価低いんだろう。確かに無理やりな展開で登場人物も不自然な行動ばかりとるが、その「不自然さ」が黒沢映画の「不気味さ」を際立てる。

とにかく香川照之にやられる映画で、噛み合ってない会話とか、変な間の取り方とか、ヤバい人感が会話だけで伝わってくる一方、一々過剰に反応したり、変に聞き返してくる場面は面白い。恐怖と笑いは表裏一体ってことを初めて実感した。

竹内結子が香川照之の家に上がったときの何かとんでもない一線超えたような不安になるアングルとか、全体的にあるベターッとまとわりつくようなカメラワークとか本当に撮影が良い仕事してる。良い意味で気持ち悪過ぎ。

洗脳の手段が薬ってのはちょっと雑かな。なんでもありな道具になっちゃってるし。
映画館で観たのですが、香川さんの演技がもう、怖すぎて帰り道怖かったです(笑)
本当に役に取りついていて、恐れ入ります。素敵な俳優さん!
西島秀俊か好きで観たけど、終わったあとどんよりした。
よしの

よしのの感想・評価

2.0
小説を読んだことがあったので、見てみたけど、小説の方がいい。

映画は奥さんまでマインドコントロールされて、香川照之の演技がうますぎることもあって隣人の怖さが異常でした。
Gooooota

Goooootaの感想・評価

3.5
あまり覚えていないが、
見終わった後なんとも言えない
空気になった。
k

kの感想・評価

3.2
記録
>|