クリーピー 偽りの隣人の作品情報・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:130分

3.2

あらすじ

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家…

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりは、本当の恐怖の始まりでしかなかった…。

「クリーピー 偽りの隣人」に投稿された感想・評価

すっごいもどかしかったけど
見てて楽しかった

平気でシチュー持ってきちゃう
あーゆー人 絶対やだ。笑

香川照之の変人ぷりが最高すぎた👏🏻
西島さん いつも冷静だなあ
ヒ

ヒの感想・評価

3.8
怖すぎやろ
2mitsu

2mitsuの感想・評価

2.3
いやまあ、ある意味面白いんだけどね。
怖すぎ。しばらく引きずるこわさ!
KS

KSの感想・評価

3.3
キャストがさすが

後半のスピード感は少し残念
こわすぎ〜!!!!!ポスターより全然こわい!!無理!!!やだ〜!!!!
ある事件がきっかけで刑事を辞め、犯罪心理学の大学教授となった高倉は、引っ越した先の隣人・西野を不審に思う。それとは別に、元部下の刑事・野上が、6年前の日野市一家失踪事件について再調査を高倉に持ちかける。

上映時間の関係もあるのだろうが、原作から大きく改変されている。そして、あまり好みではなかった。
前半はわりと良かった。現実にもありそうな不安をかきたてられたし、改変も上映時間を考慮すれば上手い具合にできていたと思う。
問題は後半。西野家の内部が出てくるが、どこから調達したのかというものが多数出てくる。途中までリアルな恐怖を期待していたが、ここでずっこけた。話術で支配するのが肝だろうに、こんなものがあるなら何でもありではないか。そして、以降の登場人物の行動にも疑問符がつくものが多く、なんだか白けてしまった。
よかった点は、西野役の香川照之。高倉も人の心が無いと言われていたが、西野はもうなんか、宇宙人みたいである。いっそのこと、本当に宇宙人でもよかったのではないか。それと、結末は嫌いでない。

北九州監禁殺人事件や尼崎事件がモデルと思われる。
率直な感想は、残念な映画。

全然スッキリしません。物語の流れはいいんだけど、で?っていう終わり方。内容が薄いのかな?犯人がサイコパスだから殺人の理由はないのかもしれないけど、前の事件の経緯とかも詳しく知りたかった。

俳優陣は、香川照之と竹内結子の演技はさすがです!!
香川照之の不気味さは尋常ではない。
竹内結子の恐怖と安堵が混ざったような叫び。涙が出ました。
うどん

うどんの感想・評価

3.0
すっごく不気味で気持ち悪かったけど、意味がよくわからず。
htm

htmの感想・評価

2.8
ツッコミどころ満載。警察無能映画は見ててイライラするなあ。事件の真相をきちんと暴いて欲しかった感。香川照之と竹内結子の演技がとても良かった。後味胸くそ悪い映画にランクイン!もっときちんと伏線回収してほしかった。
>|