クリーピー 偽りの隣人の作品情報・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:130分

3.2

あらすじ

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家…

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりは、本当の恐怖の始まりでしかなかった…。

「クリーピー 偽りの隣人」に投稿された感想・評価

すっごいもどかしかったけど
見てて楽しかった

平気でシチュー持ってきちゃう
あーゆー人 絶対やだ。笑

香川照之の変人ぷりが最高すぎた👏🏻
西島さん いつも冷静だなあ
Takeshi

Takeshiの感想・評価

3.0
これぞサイコパスって感じの香川照之の演技が良いです。基本的にみんな少しサイコです。川口春奈とそのおばあちゃんくらいしかまともな人いない。
ストーリーは突っ込みどころ満載です。
えっ、なんで?の宝庫。いろいろ甘すぎ。特に笹野さんの無駄死に加減が。。
ただ、趣味嗜好と好奇心で突っ走っていくだけの登場人物達なので致し方ないのかなとも思います。
背景が見えてこないから、気になるところが沢山あります。
けどハラハラ観れたので及第点。
だん

だんの感想・評価

3.3
香川さんのサイコパスは本当に素晴らしい。
西島さんもサイコパス。
奥さんも少しサイコパス。
皆サイコパス。そんな映画だった。
頭を使わず、ただハラハラを味わいたい時には凄くいい。
TUMU

TUMUの感想・評価

2.7
香川照之の怪演はすごいが話の内容に?となる部分が多すぎる
終始奥さんにイライラしました
あと家のこだわりはなに??
Misaki

Misakiの感想・評価

3.0
最後が納得いかな過ぎる
ビビりなので怖すぎて何も考えられなかった
暗いのと明るいのと半々
どや

どやの感想・評価

3.3
Amazonプライム・ビデオで鑑賞。
うーん、なんとも微妙、、、。

「あの人お父さんじゃありません。全然知らない人です。」
予告で見たこのセリフと、西島秀俊・香川照之出演ということから、面白いだろうなと思ってた。

まず、西島秀俊さんの演技、あんなに下手だったっけ?笑
そういえばこの人が出てる作品あんま観たことないなと思ったけど、それにしても今作の言葉の浮き方が半端なく感じた。
それに対して香川照之さんの不気味さ、ナチュラルさが凄かった。あんなに自然に、どこにでもいそうなのにゾッとさせる雰囲気が素晴らしい故に、主演2人の間の緊張感みたいなのがあまり感じれなかった。

話が進む中で、途中までその撮り方というか、不気味さという点では中々すごいなと思った。『シャイニング』と似てて、いつ急な驚きがあるのか分からない緊張感が続く感じが怖く、好きだなと思った。

それ故に個人的には終わり方が勿体なく感じた。も少し色々な伏線に対しての解説があっても良かったんじゃないかな?
何でそもそも西野はそんなことを始めたのか?
西野の娘(名前忘れた)のコロコロと変わる言動
薬や埋めた遺体の詳細などなど

ただ、"creepy"=「気味の悪い」というそのままの意味で映画全体を捉えれば、全てがモヤモヤしたままの終わりでもいいのかなということで自分の中で納得させた。
全ての謎が明かされないこと、明らかに夏の情景なのに、青空を見せない「冷たさ」を感じさせること、BGMだけではなく、風や木々のざわめき、時には無音で表情のこわばりによって恐怖心を煽られる作りが全体にあって、そういう点では中々面白かった。
ストーリーをそのまま追うと、ほとんど理解できないし、つまらない。犯罪心理学を勉強したことがある人とか、ある程度のバックボーンのある人が見ると、高度なところで腑に落ちる内容なのかもしれないが、私には難しすぎた。

観終わったあとのモヤモヤから、思考を紡ぎ合わせていくのが好きな人は観ても良いかもしれないが、そうでない人は要注意。
>|