クリーピー 偽りの隣人の作品情報・感想・評価

クリーピー 偽りの隣人2016年製作の映画)

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:130分

3.2

あらすじ

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家…

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりは、本当の恐怖の始まりでしかなかった…。

「クリーピー 偽りの隣人」に投稿された感想・評価

M2

M2の感想・評価

3.5
黒沢清監督の光と影で見せる心理描写と香川さんの狂気の演技は、一見の価値あり。だが、内容的には不快感が満載。この後、痛快アクションが観たくなる。
miikiim

miikiimの感想・評価

-
記録

原作とは話の柱以外は別物。
原作が面白かったので映画も期待したけど…。

映画から入った人は、役者のサイコな演技が際立つ映画の方が好きになるかも。
原作から入った人は、原作の方がよりクリーピーさを感じるし、映画の突っ込みどころ満載の登場人物のアホさ加減にうんざりするかも。

このレビューはネタバレを含みます

もっとサイコかと思ったらそうでもなかった。
ラストはスカッとしたかな。
わんこの行く末が気になる。
みき

みきの感想・評価

3.1
香川照之が超弩級のサイコパス。
無駄死に多すぎるなど皆さん同様ツッコミどころは多いけれど。

香川照之さすが!!

この一言に尽きます。
Know

Knowの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

誰も信用するな

「それでもあなた人間ですか?
 人の心を持ってるんですか⁈」

「なんで僕がこんなことしなきゃいけないのお⁈
 犯罪者になっちゃうじゃないかっ、僕が!」

「これは自由意志なんですよ」

「僕は犯罪者じゃないですよ」

「ザマーミロー‼︎」


 香川さん扮する犯人のどこかズレている言動も怖いし、西島さんの探究心も怖いし、東出くんの正義の名の下にグイグイいく刑事も怖い、あと簡単に操られて逃れられなくなってしまう人間のもろさ。
 家の立地の共通性は、サイコパスには独自のこだわりがある場合があるからその表れなのかな。自分の弱さを知っているから他者の手を借りて殺させて家族を作るのかなあ?
 心理系専門にしてたらまた違う見方ができて面白そう。これは〜行動だなとかチンプンカンプンだから解説してもらいながら見たらそれはそれで楽しい鑑賞会になりそう。

 AMA!!!でサイコパスのスレッドもあったけど、やっぱりいわゆる常人にはない心の動きがあるよね、サイコパスの人には。それを活かせている人はいいけど、それで苦労してる人は治療法が早く見つかるといいな


・VS系のB級映画みたいにサイコパスVSサイコパスとかないのかな
・ワンコもさもさマックス🐶
・ヴァイタミックス?立派なミキサーいいなぁ
・元々インターフォンのピンポーンが得意じゃないんだが、余計怖くなった
・いや、警察こんな対応せんじゃろ…しないよね?(・ω・`;)
・家族が増えるよ🐻
・竹内結子さんの叫び声がすごい
YuyaSasaki

YuyaSasakiの感想・評価

4.3
#くそドキドキした
KAZZ

KAZZの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

二つの事例で家の周りの配置・環境が似ていることには気づくが、犯人が同じとは思わなかった。野上刑事が「西野の顔が違う」と気づいた後、簡単に殺害されてしまった展開は驚いた。一人であんなに深追いするかな...とは思う。
この話、最後はどう決着できるのだろうと思って観ていたが、あーそうなんだと。そこは意外とあっけなかったかも。
popo

popoの感想・評価

3.1
ぶきみ。。
タ

タの感想・評価

3.4
舞台が好み
沈みっぱなし。
全員の行動にいちいち突っ込みたくなる。
>|