みゅうちょび

フォービドゥン/呪縛館のみゅうちょびのレビュー・感想・評価

フォービドゥン/呪縛館(2016年製作の映画)
2.2
雰囲気作りはとても良いし、ケイトの演技も良いのに、核心をことごとく外してくる。

原題のThe disappointments roomとは、特に富裕層で奇形など身体に障害を持って産まれた子供を恥じて、世間から隔離してしまうための部屋のことだそうで、主人公の訳あり家族が心機一転田舎町の古い大きな館に越してくると、そこには図面にも存在しない部屋がある事に気付き、その部屋のことを調べ始めるが。。。

ケイトが精神的に追い詰められて行くという様も彼女の演技力のおかげで、緊迫感もあるのに、肝心なとこがダメ。

題材はそれなりなので、残念。