フォービドゥン/呪縛館の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「フォービドゥン/呪縛館」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

 

自宅にて鑑賞。日本劇場未公開、原題"The Disappointments Room"。主演のK.ベッキンセイルの代表作『アンダーワールド('03)』で“ドクター・アダム”を演じたW.ミラーが監督のD.J.カルーソーと実話を元に脚本を書き下ろしたゴシック系ゴーストハウスもの。中盤以降、間延びしたやや混乱気味の描写はあるものの、尻切れトンボで消化不良にしか思えないストレートで捻りの無いストーリー。起伏の乏しい展開で、プロットのバランスも悪い。終盤にはハンマーを何度も打ち下ろすグロシーン有。40/100点。

・中盤以降から終盤に至る迄、観客はK.ベッキンセイル演じる“デイナ・バロー”の混乱に附き合わされてしまい、演技や容姿等、女優としての魅力や輝きが感じられない向きには、ただただ退屈なだけでラスト迄辛い。

・“デヴィッド・バロー”のM.レイドは理解があり、ひたすら優しく、“ルーカス・バロー”のD.ジョイナーは可愛らしかった。家族構成を含め、僻地での化け物屋敷と云う設定は定石とは云え、『シャイニング('80)』を想起させ、彷彿させる描写もあった。

・凧やミニチュアハウス、赤いボール、螺旋階段等、意味有り気なアイテムやショットも登場するが、本筋には絡まない。結局“ベン・フィリップス・Jr”のL.ティルがラストでスルーされてしまい、どうなったのか判らないし、裏庭の墓の扱いも中途半端なストーリーを際立たせている。

・やり直せる、乗り越えられると云う慰めの科白は、序盤からラスト迄何度も繰り返されるが、起こっている事象への解釈が観客に任され、対策もなされないので、大きなフラストレーションを残した儘、ラストに至り、カタルシスも得られなかった。

・'14年に撮り終えていたが、'16年迄リリースはされなかった。『スティーブン・キング/死の収穫('92)』と同じノースカロライナ州ラムスールの下町で撮影されたと云う。

・鑑賞日:2018年4月29日


 
remoneus

remoneusの感想・評価

1.9

このレビューはネタバレを含みます

真相を視聴者に委ねる手法は別にいいんですが、後味の悪い終わり方で最悪でした。なんの解決にもなっていない。
某宅配レンタルから次のが来るのはたぶん土曜日で、それまで何を観ようかな実店舗行ってみようかなと思ったけれどNetflixにこれがあるのに気付いて、観ました。レビューするのは459人目。笑

悪い作品ではなかったのにおもしろくない?直観的になんか違う?そんな印象でした。

いろいろ自問自答した中で、この作品に対する私の素直な気持ちがよく出てるのはこれです(↓)。

【質問】お前はこれが好きか?嫌いか?
【答え】え…。めちゃ難しいなその質問。好きでも嫌いでもないっていうか、好きとか嫌いではくくれないっていうか…。めっちゃ難しいなこれ。好きとか嫌いとかの対象じゃない?解答不能?うん、解答不能。

いや題材的には嫌いじゃなかったんですよ。
「これは超常か?妄想か?」みたいなのは本来大好物なんです。ずいぶん評価低いみたいだけど私なら本作のよさを分かってあげられるかもって思ってたんですよ。

けどこれ……普通に妄想っすよね?

超常現象かもっていう余地がなさすぎませんか? 私にはそこが一番の不満でした。
ホラー好きの私としては、もうちょいうまく超常側に寄せてほしかったです。これはホラーっぽい装いのサスペンスっていうか。もっと心の内側からも攻めてこいよっていうか。恐怖心を煽ってなんぼやろっていうか。

しかもそのサスペンスの部分…
トビー・フーパーの遺作「悪魔の起源」まんまの設定と運びっすよね…。
そうしますと比べられるのが前提の野心作!と呼びたいところですが…うん、あれだっ!(←どれなんだよ笑)
ダメなものにとやかく言うのはイジメみたいで好きじゃねぇんだっ!

あとはなんとなくの気付きを列記してお茶を濁します。

始まって早々の夫婦の会話を単調な切り返しで撮ってたけど、これはちゃんと合わせ鏡登場時の伏線になってたので、やるじゃんて思った。けどこの合わせ鏡が物語にはほぼ関係がなかったという衝撃の事実…おいっ!それはおかしいやろ?ここは投げっぱじゃダメなとこやろっ!冒頭5分ってキーイメージ出すんじゃないの?それ前提でひねってきてるってこと?だったら上級者の遊びすぎるわ…。

息子の名前ルーカスの語源は「光」らしい。なのでルーカスは死なんのだろうなと最初から分かってしまう親切設計。さらにこの子がいる限りこの家族はなんとかなるんじゃねーの?っていう予想。名前だけで勝手に(笑)。けど予想があたって嬉しかった(笑)。

ちなみにデイビッド(夫)は「最愛の人」が語源。霊能者っぽい言動が目立ったお婆さんのジュディスは「賞賛」が語源らしいです(ここまですべて私調べ。普通にネットで検索しただけなのであまり信用しないで笑)。ていうかジュディス、なんで途中からいなくなった?大人の事情?ジュディスがいなくなったら妄想確定になりません?そういうドラマツルギーってあると思います。

いわくつきの古い家に引っ越してきた主人公の職業が建築士、という設定はすばらしい。家は家族の状況や個人の心の状態や自我をあらわすこともあるみたいなので。そして建築士は家について熟知する者、建てる(直す)者なので相性がいい。なので本作では夫が主人公で建築士だったほうが作品の雰囲気が締まった気がする。妻の錯乱で崩壊しそうな家族と物理的に崩壊しそうな家を支える主人公(建築士)みたいな。90年代に流行ったパターンぽいけどさ。

最上階に幽霊が出るという違和感。やっぱ地階でしょ、ベタだけど。地下というのは無意識世界の比喩だった気がするので。最上階に建築図面にも載ってない部屋がある、という設定はホラーじゃないと思う。だって怖くないじゃん。あとから増築しただけかもしれないし。地階とか寝室にあったほうが怖いじゃん。らせん階段上から写してなんとなく最上階の(失意の)部屋の場所を分かりづらくしてたから自覚はあったのかなって思ったけど。そのくせ部屋の場所は外からはっきり見えとったしね…。ていうかあれだけはっきり外から見えてるわけだから建築士なら初見で気付こうか…。( ̄▽ ̄;)
うーん
結局、幽霊の仕業なのか、奥さんの妄想なのか、
妄想と現実がハッキリと分からなくて、旦那にさえ、疑って観てしまった💦

幽霊より、奥さんが怖い(・_・;

修理屋のお兄さんは幽霊?現実?

もう少し、ハッキリして欲しい(^-^;
みーこ

みーこの感想・評価

2.8
ケイト・ベッキンセールなのにやたら低評価なのが気になって…



娘を亡くし失意の中郊外の屋敷に夫と息子と共に越してきた建築家のデイナ。

そこでは不可解な現象が後を絶たず、
“何かある”と屋敷の過去を調べてみると恐ろしい悲劇が隠されていたことを知りー



……うん。
納得のフィルマ評価でした(´∀`)笑
こりゃ退屈しますね。
若い兄ちゃんとにゃんこが不憫だし!


でも完全なる駄作でもなくて、
それなりにゾッとする展開がいくつか用意してあるし、デイナが幻覚を見て息子のベッドをハンマーで滅多打ちにするシーンなんかはかなり恐怖だった。


それに“障害=絶望”とされていた時代に起きた悲劇が全ての始まりだなんて、切なくて一概にポンコツ映画と言い切れなくて…
なんとも複雑です(´Д` )


脚本のウェントワース・ミラーて、
『プリズンブレイク』のミラーだよね?
脚本も書くなんて多彩なんですね〜
MaiSetsuna

MaiSetsunaの感想・評価

3.0
カメラワークが上手いと感じる。
「アンダーワールド」シリーズのケイト・ベッキンセール!!
吹き替え版は安定の田中敦子!!!
TB12

TB12の感想・評価

1.2
一体何なんだこの映画。ホラーでもないしサスペンスでもないし単にノイローゼになってるメンヘラお母さんの妄想劇?
あの屋敷に取り憑いてる霊が主題にならないといけないだろうにブレブレになってる。
結局修理屋の兄ちゃんはどうなったんだ?親切心から電話してくれた不動産屋?のおばちゃんも車に乗って屋敷に向かうシーンあったと思うけど何だったんだ?見間違えか?
最後女の子の霊が屋敷から逃げるシーンがあるから一応呪縛から解き放たれたって解釈で良いのかな。
でも主人公家族の問題は全く解決されてないよねw結局また都会に戻るみたいだしw
ケイトベッキンセイルも何でこんなのに出たんだろ。
ロッテントマトの批評家メーターは0%で観客オーディエンスも17%と擁護のしようがない駄作。
ウェントワースミラーさん、あんた脚本家の才能ないからマジで辞めた方がいい。てかこの人今何してんだろって思って調べたら相変わらずテレビドラマで頑張ってるんだね。
いわゆるホラー映画の類ではなく、恐怖どころかお色気すらなく、好きかどうかは別として懐かしのベッキンセールしか見どころなしで候。
wancoman

wancomanの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

「劇中の説明が少ないので頑張って考えてみました」
子どもを亡くしたことによるストレスと
それを和らげるために飲んでた精神薬のせいでおかしな現象が見えてたと見せかけて

やっぱりあの家のおぞましい過去も本当にあったことで、霊もたしかにあそこにいたというのが最後の小さな人形であらわされているのかなと思った。

精神がおかしくなってるのも
霊がいたこともおぞましい過去も
どちらも本当に主人公に起きていたことなんだと思う
全てがじゃなくて半分が精神薬による幻覚で半分が霊的なものによる幻覚と事実。

猫は残念ながら主人公がやってしまった可能性が高いのではないかと思いました。
直後の水道で血を流すシーンで包丁が手前に意味ありげにうつるカットだったのと
精神崩壊系作品によくある実は自分が加害者だったパターンで…orz
もしくは犬の霊がやはり猫を襲っていたか…

近所のおばあさんは新聞記事(だったか本だったか)であの家に起きたおぞましい事件を思い返すのですがそこに新たに目撃者が殺害された記事を見つけその記事の死体袋に入っていた目撃者の写真が主人公に似ていたので慌てて主人公宅に電話したのだと思う(誰も出れなかったけど)
おばあさんは霊を何度も見てきたといっていたので霊的なものを感じ取れるタイプの人かもしれない。

青年は実在していて、墓を掘って中をのぞき、霊に襲われますが
その後の首吊りは主人公の幻覚で青年は生きているのかも。

館を去って行く時、館の元主人が窓から覗いていた件はあの館の元主人をトンカチで殺したつもりだったけどまだ霊的な存在としてとどまっていた。
主人公は排水溝につまった人形を手にしており、おぞましい過去は本当にあったことがわかるような…

7月5日が同じ娘の命日だったのは霊に呼ばれてあの館を選んでしまったのかもしれない。

精神が弱ってると霊に取り憑かれやすくなるので霊とシンクロしやすくなった状態だったんじゃないかと…

実は自分が加害者でした系と心霊をミックスしたような…
なんちゃって個人的な解釈ですが…(._.)
『フォービドゥン/呪縛館』鑑賞
ケイト・ベッキンセール主演の映画。
娘を事故で亡くして気を休めるために夫と息子で郊外にある古いお屋敷に引越しにきた。しかし暮らし始めると屋敷の中では不可解なことがいろいろ起こる。やがて屋敷の中に隠し扉を見つけたケイトだが。。。
夜に見たから結構怖く感じたけどなんか中途半端感が否めないかなぁ😅でもケイト結構歳なのにメッチャ美人っていうね