すれ違いのダイアリーズの作品情報・感想・評価

すれ違いのダイアリーズ2014年製作の映画)

KidTueng Wittaya/The Teacher's Diary

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:110分

4.0

あらすじ

電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女…

電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女性としての感情も綴られていた。その日記を読むうちに、ソーンは会ったこともない彼女に恋してしまうが、やがて……。

「すれ違いのダイアリーズ」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

こういう設定大好物だし、主演も魅力的で好きな映画ではあったのですが、良くも悪くも薄味の映画かな、と思いました。こういう軽い映画(貶してはいない)見たい時もあるし、嫌いではないのですが…

他の女を◯◯させた元彼とまたくっつくか?みたいになるとことかは、迷うまでもないでしょ?と思ったり、
教育のあり方で、主人公二人がプールやボートを使って授業したりして、それが良い事みたいに描かれるんだけど、それって頑なにこだわるべきところなの?と思ってしまったり、所々共感できないところがあり、細かいところをしっかりして欲しかった。


あと、現代の話なのに不自然にケータイ使わないですれ違わせる映画たまにあるけど、この映画は電波も届かない僻地の水上学校という設定で、すれ違いに必然があってそこはよかったのだけど、
肝心の二人を結びつける日記がこの映画にとってとても大事なもののはずなのに、内容が薄い気がした。そこに印象的な台詞や、仕掛けがあれば…色々出来ただろうに、勿体無い!

なんというか、少し惜しい映画かな?と感じました。好きなんだけどね!
HANNA

HANNAの感想・評価

4.2
ヌイもソーンもイケメン😂♡
tetsuko

tetsukoの感想・評価

3.8
会ったことのない二人が惹かれあっていく。
君の名はと少し似てるなあと思いました。
Beeske

Beeskeの感想・評価

3.5
とても晴れやかな気持ちになる映画だった。
子どもも可愛い。

ただ、水上分校って本当にあるのかな。トイレの色々や電気や台風や、現実だったら本当に大変な環境だとは思う。
子どもと教師との家族的な暮らしは素敵に見えたけど、現実はもっとシビアな部分もあるだろう。それが当たり前で私の考えが贅沢だったり甘えなのかもしれないけど。

タイ語の仕組みが最後までよくわらなかったな。日本語も難しいって言われるけど、他国の言語って難しいよなぁ。
アル

アルの感想・評価

3.9
2人とも懸命に子供たちに向き合う姿勢が、そして、日記だけで繋がりお互いを思い合う姿が観ていて心地よかった。

最後も明るく、想像に任せる系の展開で、観終わったあとも爽やかな気持ちで終われる素敵な作品でした。
森一啄

森一啄の感想・評価

4.0
うわー爽やか
最後に想像が膨らむ系の映画は後味良いね〜
なつ

なつの感想・評価

3.8
記録。
Zugwogel

Zugwogelの感想・評価

4.0
とてもいい。
はじめてのタイ映画観賞。「君の名は」に似てるかな?
懸命に子供たちと向き合う姿勢と日記に癒される表情が良い。
どう生きるか。この手の映画に国境は無いね、とても希望のある映画だ。
>|