すれ違いのダイアリーズの作品情報・感想・評価

すれ違いのダイアリーズ2014年製作の映画)

KidTueng Wittaya/The Teacher's Diary

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:110分

4.0

あらすじ

電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女…

電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女性としての感情も綴られていた。その日記を読むうちに、ソーンは会ったこともない彼女に恋してしまうが、やがて……。

「すれ違いのダイアリーズ」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

こういう設定大好物だし、主演も魅力的で好きな映画ではあったのですが、良くも悪くも薄味の映画かな、と思いました。こういう軽い映画(貶してはいない)見たい時もあるし、嫌いではないのですが…

他の女を◯◯させた元彼とまたくっつくか?みたいになるとことかは、迷うまでもないでしょ?と思ったり、
教育のあり方で、主人公二人がプールやボートを使って授業したりして、それが良い事みたいに描かれるんだけど、それって頑なにこだわるべきところなの?と思ってしまったり、所々共感できないところがあり、細かいところをしっかりして欲しかった。


あと、現代の話なのに不自然にケータイ使わないですれ違わせる映画たまにあるけど、この映画は電波も届かない僻地の水上学校という設定で、すれ違いに必然があってそこはよかったのだけど、
肝心の二人を結びつける日記がこの映画にとってとても大事なもののはずなのに、内容が薄い気がした。そこに印象的な台詞や、仕掛けがあれば…色々出来ただろうに、勿体無い!

なんというか、少し惜しい映画かな?と感じました。好きなんだけどね!
さゆり

さゆりの感想・評価

4.5
心と心で通じ合う。
悩みや感動を思い合える、ましてや自分のことではなく周りの人々のことを思いながら。
同じ思いを持ち合える人同士って、強い糸で繋がってる。
会えなくても、会わなくてもほどけることなく、お互いが必要になったとき自然と手繰り寄せれるもの。
ろい

ろいの感想・評価

3.7
爽やか!!!!!!!
ムックくんがとにかくめちゃめちゃかわいかったです😂
324

324の感想・評価

4.0
仕事の取り組み方=生き方に直結していて、自分の中で賛否が渦巻く。軽いタッチと締め方が最高。
主人公とヒロインの日記を介しての繋がりの様子と子供達の無邪気な演技にとても癒されました。最後のシーンが良かった。ヒロインが綺麗な人でした。記録。
心和む。穏やか。とても良き。

まだ見ぬ相手の日記に心を寄せ、文字をなぞり落とし込み、自分に照らし合わせていく。双方の視点から物語は進み、徐々に心の拠り所となっていく流れを、丁寧に表現されていて、見心地がいい!("初めまして!"のシーンが自然体でとても良かった)

忙しくなく感情が蠢いて、心が乱れたときにみると、一層素晴らしく感じられるかも。東南アジア好きですが、凄いのは彼らの心の美しさよ。日本人には、都会の喧騒から離れて、自分と向き合う時間が必要かもしれない。
tks

tksの感想・評価

-
観賞記録
>|