すれ違いのダイアリーズの作品情報・感想・評価

すれ違いのダイアリーズ2014年製作の映画)

KidTueng Wittaya/The Teacher's Diary

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:110分

4.0

あらすじ

電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女…

電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女性としての感情も綴られていた。その日記を読むうちに、ソーンは会ったこともない彼女に恋してしまうが、やがて……。

「すれ違いのダイアリーズ」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

こういう設定大好物だし、主演も魅力的で好きな映画ではあったのですが、良くも悪くも薄味の映画かな、と思いました。こういう軽い映画(貶してはいない)見たい時もあるし、嫌いではないのですが…

他の女を◯◯させた元彼とまたくっつくか?みたいになるとことかは、迷うまでもないでしょ?と思ったり、
教育のあり方で、主人公二人がプールやボートを使って授業したりして、それが良い事みたいに描かれるんだけど、それって頑なにこだわるべきところなの?と思ってしまったり、所々共感できないところがあり、細かいところをしっかりして欲しかった。


あと、現代の話なのに不自然にケータイ使わないですれ違わせる映画たまにあるけど、この映画は電波も届かない僻地の水上学校という設定で、すれ違いに必然があってそこはよかったのだけど、
肝心の二人を結びつける日記がこの映画にとってとても大事なもののはずなのに、内容が薄い気がした。そこに印象的な台詞や、仕掛けがあれば…色々出来ただろうに、勿体無い!

なんというか、少し惜しい映画かな?と感じました。好きなんだけどね!
素朴な美しい映画で心洗われます。時空を越えた二人の繋がりが面白いし、人間生活ってこうやって丁寧に生きて行くものよね、確かに20年前までこうだったのにいつの間にこういうきめ細かい心の交流がなくなったのだろう。

ダイアリーが一度台風で浸水するがその後も読めるっていうのはちょっと?油性ペンで書いたの?と矛盾点が数々あり。心の部分はきめ細かいのに、出来事の顛末については荒さがあったけど、これだけ素晴らしい映画を見れるとは嬉しい。今後のタイ映画期待大ですね!

最初、主人公が水上学校に赴任した矢先、ヤモリを見てひっくり返る姿を見て、え?と思った。私は幼い頃タイに住んでいて、家の庭にあるテラスの屋根が夜真っ黒でよくよく目を凝らすと全部がヤモリだったりが日常だったから。日本から初めて行った当初は確かにびっくりしたがそのうち慣れた。だからタイ人である彼女がひっくり返るとは。。。 彼等も日頃ヤモリを見る機会がないんですね。時代は変わったのか、と日本人の自分の方が現代のタイ人より虫等に慣れていた事実を思い知らされました。

子供達が本当に可愛いし、景色の美しさも素晴らしいです。
yuki

yukiの感想・評価

4.7
とても素敵な映画!!
何度も切ない気持ちになるけど、純粋で、心が洗われるような映画でした。

きっと、これからも何度も見る映画です。
TaikiM

TaikiMの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

決定的な価値観の違いが愛をも壊し、自分の思いに邁進する女教師の物語。
エーンは最後の最後までヌイを取るのか、僻地で子供に密着した自由な教育をするのかで迷っていた。ソーンとのダイアリーでの交流やソーンを通じた子供達の変化等を通じて、エーンは自身の教育への考え方が間違っていないと確信を持てたんだと思う。だから、ヌイとの愛をも捨てられたんだと思う。ソーンとの出会いがなければ平凡な人生で終わってたんじゃないかと思う。どっちが幸せになるのかは分からないけど、俺は自分の思いに確信を持って行動することができたエーンは生き生き生きていくと思う。俺自身は明らかに自分の思いの下に生きていく方が幸せだと思ってる。モヤモヤしたまま終わる人生なんて絶対嫌だ。そこに価値観の合う愛する人がいれば1番いいけどね。
sa

saの感想・評価

3.9
子供達がかわいい!
主演の2人が良い!(特にソーイ役の人)
無理に感動的にさせることもないし、笑いのセンスも良いし、観やすかった。
観終わった後に、温かい気持ちになれる。
mei

meiの感想・評価

4.2
\ 2017年鑑賞、片想い映画第1位!/
どうしよう…遂に出会ってしまった。
今年観た中でオススメの恋愛映画は?
と聞かれたら迷わず本作を挙げます!!

忘れものの日記から始まる片想い。
相手は会ったこともない女教師。

もうめちゃくちゃ良い作品でした。
久しぶりに心の底から震えました。
この作品を観れて本当によかった!
filmarksをやっていて本当によかった!
DVDが欲しいぐらい好き。どハマリです。

脚本もよく出来ていて完成度が高い。
最後の終わり方も本当にツボでした \( ¨̮ )/
タイ映画ということで少し肩の力を抜いて観れたのもよかったのかも。

水野美紀似のエーン先生は愛情深くて美人だし、未熟で不器用だけと生徒思いのソーン先生が可愛くて癒されるし、、やっぱり最高*\(^o^)/*

癒されるよってオススメしていただいた理由が良くわかりました!笑

ちなみにタイ映画を観るのは2作目です。初タイ映画はトニー・ジャーの『マッハ!』でした。タイの恋愛映画…侮れない。ちょっと漁ってみることにします。


笑って癒されて心震える素敵な映画です。
恋愛映画でありヒューマンドラマでもあるので恋愛映画をあまり観ない人にもオススメです♬




【余計な話】
私これぐらいの温度の恋愛映画が好きなんです!
未来に光がさしてる感じ!(ネタバレになりそうで上手く言えない!涙)

王道も捨てがたいですがコテコテのイチャコラ恋愛映画よりもこの温度が1番魅力的に感じます。

はい、片想い大好きです!
『きみに読む物語』とかラブラブすぎて正直ちょっと苦手!←罵倒していいよ、

ぐつぐつ沸騰してる様な熱々な恋愛よりも
沸騰しすぎて蒸発していくだけの恋愛よりも
これから徐々に沸騰していくふつふつが好き!
2018年は片想い映画漁ろうかな〜♬
tomo

tomoの感想・評価

4.0
初タイ映画☆(^^)

エーン先生が最初から最後まで、水野美紀に見えた(笑)そして、ソーン先生のあの熱い姿、すごく素敵😊✨
最近ああいう先生少ないんじゃないかなぁって思う(-ω-)
マニュアル通りにしか動けない大人。

なんか観てて久しぶりにキュンキュンした(*´ω`*)
ヌイはだめだわ...
tsunana

tsunanaの感想・評価

-
水上学校に教師としてやってきたソーン。
何もかもが不便なこの場所と、生徒達となかなか打ち解けられない事などで心が折れかけてしまう。そんな中見つけた一冊の日記。それは前任の女性教師・エーンが書いたものだった。同じ状況にありながらもたくましく、真っ直ぐ生徒と向き合う彼女の姿を日記を通して感じ、ソーンは少しずつ元気を取り戻すと共に、次第に彼女に会いたくなってきたのだったが…


素敵な作品に出会えました。
ソーンもエーンも、生徒を必死に思う姿に好感がもてました。
あの様な厳しい状況の中勉強をする子供達、勉強を教え子供達を守る先生。どちらもすごくたくましく見えました。

ソーン役の方のくるくる変わる表情に魅了され、エーンの先生としてのたくましさから、日記を書いている時には孤独を感じる1人の人間へと変わるところがとても良かった。

子供達も元気いっぱい、きらきらしていて本当に温かい気持ちになりました。

子供が好きな方、教育に携わっている、携わりたい方に特に観て欲しい作品です。
教師もののドラマで、ラブストーリー未満な話。
内容もポップで非常に爽やか。

話は王道でありながらも、ちゃんと日記が小道具としてうまく活かされている。
その日記を通じたヒロインとの距離感もいい。

引っかかった部分は、クライマックスへのヒロインの心情変化がちょっと粗いかな。

タイ映画であるが、隠れた一本ではないだろうか。
>|