すれ違いのダイアリーズ(2014年製作の映画)

KidTueng Wittaya/The Teacher's Diary

上映日:2016年05月14日

製作国:
  • タイ
  • / 上映時間:110分
    監督
    二ティワット・タラトーン
    脚本
    Sopana Chaowwiwatkul
    Supalerk Ningsanond
    キャスト
    スクリット・ウィセートケーオ
    チャーマーン・ブンヤサック
    ライラ・ブンヤサック
    Sukollawat Kanarot
    あらすじ
    電気なし水道なし、携帯電話さえも繋がらない僻地の水上学校に教師としてやってきたダメ青年のソーン。教師といっても教師経験はまったくなし。超やんちゃな子供たちに囲まれ、ドタバタ失敗ばかりの毎日。そのうえ街に残してきた恋人にもフラれ、落ち込むばかり。そんなある日、前任の女性教師エーンが残していった一冊のノートを見つける。それは彼女の日記だった。そこには、エーンの教師としての悩みや喜びだけでなく、若い女性としての感情も綴られていた。その日記を読むうちに、ソーンは会ったこともない彼女に恋してしまうが、やがて……。

    「すれ違いのダイアリーズ」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    こういう設定大好物だし、主演も魅力的で好きな映画ではあったのですが、良くも悪くも薄味の映画かな、と思いました。こういう軽い映画(貶してはいない)見たい時もあるし、嫌いではないのですが…

    他の女を◯◯させた元彼とまたくっつくか?みたいになるとことかは、迷うまでもないでしょ?と思ったり、
    教育のあり方で、主人公二人がプールやボートを使って授業したりして、それが良い事みたいに描かれるんだけど、それって頑なにこだわるべきところなの?と思ってしまったり、所々共感できないところがあり、細かいところをしっかりして欲しかった。


    あと、現代の話なのに不自然にケータイ使わないですれ違わせる映画たまにあるけど、この映画は電波も届かない僻地の水上学校という設定で、すれ違いに必然があってそこはよかったのだけど、
    肝心の二人を結びつける日記がこの映画にとってとても大事なもののはずなのに、内容が薄い気がした。そこに印象的な台詞や、仕掛けがあれば…色々出来ただろうに、勿体無い!

    なんというか、少し惜しい映画かな?と感じました。好きなんだけどね!
    めっちゃいい映画だった!
    すごい癒された! !
    1人でも多くの人に見てほしい作品!!
    孤島の小学校に別々の時期に配属された2人の男女の恋愛を描いている。

    このストーリーは、お気楽な青年ソーンが前任の女教師エーンの日記を見つけたところから始まる。
    2人はこの日記を通してお互いに興味を持ち惹かれ始める。

    時間の流れがゆっくりと流れる素敵な映画だった。
    ただ、恋愛模様を描いているのみでなく、タイの文化を体験できたり、生徒との絆が深まっていく姿を見れるのがまた良かった!
    初めてタイの映画を観ました。
    水の上で暮らす住民の小学校に勤務することになった先任の女性教師と後任の男性教師の物語です。
    先任、後任なので2人が一緒に勤務することはありませんし、最後の方まで会うこともありません。
    先任女性教師が学校に忘れていった日記を男性教師が見つけて、そこに書かれたことを読み、女性教師の時系列が始まる、みたいな感じですが、まぁ、途中から女性教師のストーリーが現在進行形になったりするので、なかなか脚本は凝っています。
    何というか、ヤキモキする展開でした。

    タイは都会と田舎の格差が大きいみたいですね。同じ国にいわゆる普通の日本のような都市と、湖か海か分かりませんが水の上に浮いてる木製の家で暮らす人々の集落が並立するというのが、日本に住んでるとなかなか想像し辛かったりします。
    主役の女優さんは中谷美紀似の透明感のある方でした。
    日記のシーンが出るたびに、ページがアップになるのですが、絶対タイ語は読めませんね、、。
    見ました
    教育実習終えて教師ものを見てる。そういう面でももちろん良い!ムックむちゃくちゃ可愛かった〜
    良き映画でしたー!🇹🇭
    ほのぼの。肩の力ぬける。
    エーンとソーン良かった



    エーンとソーン
    お互い顔も知らないが手帳を介して
    苦悩や葛藤を共有していく。

    物語はほんとに、すれ違いが上手く
    描かれていて終始楽しめました。
    これが、実話を元にしてる事に驚き。

    ソーンの教師として、人としての成長に感動。

    タイ版『君の名』と言っても過言でない良作!
    >|