きむねっと

永い言い訳のきむねっとのネタバレレビュー・内容・結末

永い言い訳(2016年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

自分が認められないまま大人になって夫になって、自分ばかり見てるから周りが見えなくて、苦しいままだった主人公の気持ちに共感した。自分の価値を、存在意義を、誰かに認めてもらえる状況にしたくて、誰かを利用して、気づいてまた自己嫌悪して。。。
でも、誰かのために行動したこと、声をかけてあげたことが、自分に返ってきて、それで自分に対して優しくなれた。「人生は他者だ。」誰かがいて始めて自分は自分になれる、自分でいられる、そう信じられるようになってよかった、と思う。