永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

machida

machidaの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

西川監督の作品はほとんど見ていて、いろんな感想を持っているけどこれは好きな作品でした。

監督本人も語るように、今までの西川作品は取り繕っていた表面がはがれて現実が露呈する、調和していたものが壊れていくみたいな作品が多かったけど、今作は崩壊したものをいかに再生していくか、育むかと言う話だった。

だからこそ、おそらく西川作品が苦手と言う人が鼻につくような”露悪的な部分”が薄まっていたきがした。そう言う所も自分が入り込みやすかった一因かなと思う。

また、”髪を切る”という行為に意味付けをする手法は「シークレットサンシャイン」を思い出したし、実際西川監督はイ・チャンドンが好きだったはずだから意識はしてるのかなと思った。
あと今回は特に是枝っぽさも感じた。

冒頭のいやみったらしい幸夫をみてると「うわあ、嫌なやつ…」って思ってしまうけど、
物語が進むにつれ、ボロボロになりながら、最低な自分と向き合いながら前に進もうとする幸夫から目が離せなくなっていって、
そしていつのまにか、幸夫が自転車でかけのぼるあのシーン、背中に乗せた灯ちゃんが言う台詞に自分の感情もシンクロしてた。


また西川監督にはこういう「めんどくさくて、愛おしい人たち」の物語を撮って欲しいと思いました。
愛していいはずの人が誰もいない人生は、とても恐ろしい。人生は他者。1人では生きて行けない。終盤の幸夫の行動は、周りの人との関わりから生まれた、幸夫なりの妻への向き合い方なんだと思う。
rie

rieの感想・評価

4.5
もっくんのえんぎがすごいすきだ…
Junko

Junkoの感想・評価

4.0

人は、同じ相手に二度、恋をする。出会ったときと別れたあと。
という、葬儀屋の広告を思い出しました。

大切な人が、生きている時には、特に長い間いると、一緒にいる事を当たり前に感じてしまって、適当な態度を取ってしまいがち。
関係の薄い人には、すごく丁寧で感謝の言葉を伝えて、良い顔を周りに振りまいても、
家に帰ると、例えばご飯が出てくるのは当たり前。という風に思って、関係の深い大切な人にはきちんと感謝を伝えないとか。

外で演じて疲れたから、素を見せられるから〜と、1番身近で自分の事を大切に思ってくれている人に対して、変な甘え方をしていないか、感謝の気持ちや謙虚な態度でいられるか。難しいけど、本当に大切な事だなぁと思いました!

ちゃぷちゃぷろーりー
のテーマソングが頭から離れない😂
幼児向けのアニメなのに内容がなかなかの重さ!!🐟
子育てが免罪符になる。のかな。?

子供の前ではクソみ見せたくないと思いました。
僕の遺伝子はクソ論ちょうわかるンゴと思いました。
クソガキの、クソっぷり愛おしすぎます。

泣けるはラク。
無でこれ観れる人サイコ。
わいは、留守電消す派だと思います。
こと

ことの感想・評価

4.3
人は他者とのかかわり合いの中で
支えられ、生かされ、成長したり喪失感を感じたり
様々なありとあらゆる
気付きをもらえますが
その中のひとつ喪失感を
埋めて 再生出来ることも
他者とのかかわり合いの中にしか
ないようか気がします。
ただ、再生しながら 最終
折り合いというか自分の中で
消化さす 落とし込む作業は
自分の中に頼るしかないですが、、。

愛人との密会中に妻を事故で亡くし
涙も出なかったという主人公
すでにふたりの中は終わっていました。
妻の遺品となる
携帯電話の妻の下書きを
みて唖然となる主人公
妻は
出さないけど
打って保存しているメール
打って保存、、自分だけ認識する内容
そんなメールほど
真実味を帯びているものはないのでは
ないかと
おもいました。
そしてまるで
ドキュメンタリーを観ている
リアルさ
見せ方、、
西川監督は
鶴瓶さん主演のディアドクターで
ファンになりました。
心のひだを丁寧に丁寧に描いています。
本木さんやピストルさん
子役のふたり
いい味を添え
リアリティー追及の
素晴らしい作品です。

そしてそして
特筆すべきは
“ちゃぷちゃぷローリー” ^^
映画の中に出てくる
劇中アニメの出来が
秀逸すぎて
心つかまれました(笑)
(YouTubeで聴くことが出来ます。)
一緒にすぐ歌える主題歌
内容も泣かせます。
神は細部に宿る。
アニメの完成度からしても
この作品のクオリティの高さも
伺えるという
こんな見方もさせて頂ける
映画です。

最後に
妻役の深津絵里さん
美しすぎました。
短い出演ですが
圧倒的な存在感を放つ素晴らしさに
拍手したいです。

このレビューはネタバレを含みます

象徴、シャレード。
1人で漕ぐため同じところを繰り返し辿る足漕ぎボート。
検索窓の文字。
ワイングラスを鷲掴む大宮。
シーンの重ね方。沈む、学園天国、ボート。
食事、アナフィラキシー。

いけ好かない作家の主人公。
後戻りできない所からスタートする。
しかし彼なりの再起をしてほしい。
彼にとっての再起とは何か。
naomi

naomiの感想・評価

-
タイトルに全て込められている感じ。本木さん演じる幸夫がひどく自己中で子どもじみている。自分の妻が死んだときに他の女と寝ていた罪悪感など、自分のだめな部分に蓋をして長い長い言い訳をひたすらしている様子が腹立たしい。

また幸夫という名前が皮肉めいている。自分のことしか愛してこなかった幸夫は好き勝手やって幸せだったかもしれないが、妻はどうだったのかと。何も文句は言わなかったかもしれないが、全てお見通しだった感がある。だからこそあの携帯の言葉。今までの自分がしてきた行いがついに返ってきたな、と清々した。が、本木さん演じる幸夫があまりにもかわいそうに思えたりもして複雑な気持ちになる。

本木さんがはまり役なのはもちろんだが、突然妻に先立たれ動揺する涙もろいお父さん役のピストルさんもよくて、少ししか出てこないが深津絵里さんの美しさも印象的だった。あとはやっぱり子役たち。あの兄弟の雰囲気はどう作っていったんだろう、と思うほど自然でドキュメンタリーを見ているよう。二人ともすごく愛らしかった。

西川監督は女性だけど男の内面を描くのがうまい。登場する二人の男はどちらもタイプは違えど内面が脆く子どもっぽい。彼らに愛を教え、育てているのは子どもたちなのかもしれないなぁ。
深津絵里ステキ。
simakana

simakanaの感想・評価

3.5
深津絵里がうつくしい。
>|