永い言い訳(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:124分
    監督
    西川美和
    脚本
    西川美和
    原作
    西川美和
    キャスト
    本木雅弘
    深津絵里
    竹原ピストル
    堀内敬子
    池松壮亮
    黒木華
    山田真歩
    松岡依都美
    岩井秀人
    康すおん
    戸次重幸
    淵上泰史
    じじ★ぶう
    小林勝也
    木村多江
    マキタスポーツ
    サンキュータツオ
    プチ鹿島
    あらすじ
    妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

    「永い言い訳」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    西川監督の作品はほとんど見ていて、いろんな感想を持っているけどこれは好きな作品でした。

    監督本人も語るように、今までの西川作品は取り繕っていた表面がはがれて現実が露呈する、調和していたものが壊れていくみたいな作品が多かったけど、今作は崩壊したものをいかに再生していくか、育むかと言う話だった。

    だからこそ、おそらく西川作品が苦手と言う人が鼻につくような”露悪的な部分”が薄まっていたきがした。そう言う所も自分が入り込みやすかった一因かなと思う。

    また、”髪を切る”という行為に意味付けをする手法は「シークレットサンシャイン」を思い出したし、実際西川監督はイ・チャンドンが好きだったはずだから意識はしてるのかなと思った。
    あと今回は特に是枝っぽさも感じた。

    冒頭のいやみったらしい幸夫をみてると「うわあ、嫌なやつ…」って思ってしまうけど、
    物語が進むにつれ、ボロボロになりながら、最低な自分と向き合いながら前に進もうとする幸夫から目が離せなくなっていって、
    そしていつのまにか、幸夫が自転車でかけのぼるあのシーン、背中に乗せた灯ちゃんが言う台詞に自分の感情もシンクロしてた。


    また西川監督にはこういう「めんどくさくて、愛おしい人たち」の物語を撮って欲しいと思いました。
    『永い言い訳』っていう題名がぴったりだった!妻がなくなってから、妻のことを考え愛し始めた夫。自分が不倫をしていたことを言い訳するかのように、よい人間に変化している自分に酔っているように見えた。
    どの作品でもそうなんだけど、最低な人間がよい人間になってくストーリーがどうも感動にかける。。許せる人間て強いな〜

    『泣くことは弱いことじゃない、辛いことに向き合える強い人間なんだ』
    前への向き方は人それぞれだけど、前へ向く、ってことをみんな頑張ろうとしてる。そんな話。

    もっくんがどんどん、うさんくさい奴からいい奴に変化してく。可愛らしくてニヤニヤします。

    そして、なんとデキた子どもたちよ。
    とても子どもが欲しくなる。

    全体的にほわっとしてて、おとなしく映画を観たいときに最適。あとやっぱり夫婦について考えさせられます。
    大きな声では言えない本音とその昇華
    ゆれるに続いて鑑賞!
    女性監督ならではの繊細さ
    表現が綺麗だなぁーと。
    あとやっぱり音楽が好み◎
    オダジョーの役もだけど
    クズ男の描写がリアル笑
    子どもへのセリフが自分への
    戒めというか言訳なのかなー
    と勝手に解釈しました。笑
    もっくんがかっこいい。心理描写が繊細で切なくてたまらない。
    こうならない様にとの戒めですね。
    妻の死をきっかけに、ひとりの男の人が変わる話。

    わたしの周りには居ないけど「有名人と名前が同じ人」の話はよくするのでその言い合いのシーンからのスタートで、なんか、ああ、って。笑

    美容師の妻、深津絵里のかっこよさが素敵だった。もっと観たかった、深津絵里。

    本木さん、長い前髪のあの感じの髪型が「小説家」のイメージにあっててよかった。黒木華も最高。

    ポスターだけ何度も観ていてあらすじあまり知らずに観ましたが、そうゆうことか!と思いました。
    妻の友人の家庭、竹原ピストルが対照的で分かりやすかった。竹原ピストルの強さと、本木さんの弱さ。そしてそれの逆。そして人間が深く関わることで得られることの大切さ。

    湯を沸かすほどの熱い愛を観たあとに観ましたが、わたしはこっちのほうが心にきました。。
    しばらくこの映画のこと考えながら過ごします…笑

    このレビューはネタバレを含みます

    半端ない…。

    ただ個人的にはテーマが重すぎたかな(好みじゃなかった)。言うほど落ちないけども。。

    「ゆれる」でも思ったけど、繊細な画作りがなんとも。そのまま切り取って写真にしちゃおうよ…くらいのシーンがいっぱいであった。そして、俳優の演技力を要求する役ばかりなのにそれに応える俳優陣も素晴らしい…。

    途中途中出てくる暗喩も良い。特にトンネルのところがお気に入り。それも含めて間合いが良かった。途中でちょっと間延びし過ぎかななんて思ったけど、全然そんなことはなく、後半またぐっと引き付けられて気付けばエンドロール。

    たぶんもう1回は見ないけど、超良作でした。
    男性に見てほしい映画。
    こういう繊細なテーマの、しかも邦画を好む男性はあまり多くないかもしれないけど。
    妻、母、愛していい人を失うこと。
    泣けない旦那と、忘れられない旦那、どちらに共感する男性が多いのか気になるところ。
    >|