永い言い訳(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:124分
    監督
    西川美和
    脚本
    西川美和
    原作
    西川美和
    キャスト
    本木雅弘
    深津絵里
    竹原ピストル
    堀内敬子
    池松壮亮
    黒木華
    山田真歩
    松岡依都美
    岩井秀人
    康すおん
    戸次重幸
    淵上泰史
    じじ★ぶう
    小林勝也
    木村多江
    マキタスポーツ
    サンキュータツオ
    プチ鹿島
    あらすじ
    妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

    「永い言い訳」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2017/04/21
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    西川監督の作品はほとんど見ていて、いろんな感想を持っているけどこれは好きな作品でした。

    監督本人も語るように、今までの西川作品は取り繕っていた表面がはがれて現実が露呈する、調和していたものが壊れていくみたいな作品が多かったけど、今作は崩壊したものをいかに再生していくか、育むかと言う話だった。

    だからこそ、おそらく西川作品が苦手と言う人が鼻につくような”露悪的な部分”が薄まっていたきがした。そう言う所も自分が入り込みやすかった一因かなと思う。

    また、”髪を切る”という行為に意味付けをする手法は「シークレットサンシャイン」を思い出したし、実際西川監督はイ・チャンドンが好きだったはずだから意識はしてるのかなと思った。
    あと今回は特に是枝っぽさも感じた。

    冒頭のいやみったらしい幸夫をみてると「うわあ、嫌なやつ…」って思ってしまうけど、
    物語が進むにつれ、ボロボロになりながら、最低な自分と向き合いながら前に進もうとする幸夫から目が離せなくなっていって、
    そしていつのまにか、幸夫が自転車でかけのぼるあのシーン、背中に乗せた灯ちゃんが言う台詞に自分の感情もシンクロしてた。


    また西川監督にはこういう「めんどくさくて、愛おしい人たち」の物語を撮って欲しいと思いました。
    KoichiroIshii
    KoichiroIshiiの感想・レビュー
    20分
    5.0
    いやこういうことだろ映画

    同様しっぱなしの2時間
    フクちゃん
    フクちゃんの感想・レビュー
    1時間
    4.8

    終わっていた夫婦間であったら相方を亡くしたとき人は何を思うのでしょうか?
    そんな時が来たら…嘘でもいいから泣いて欲しいです。悔やんで欲しいです。

    なんて思って鑑賞いたしました(^^)


    主人公と子供達の距離が自然な感じで良かった。

    ひとつの家族を通して主人公自身が心の成長をしたような気がしたとても素敵なストーリーです。

    この映画を観て大切な物ってなにか考えてみませんか?
    ファンファン
    ファンファンの感想・レビュー
    5時間
    5.0
    周りの人がいてくれるから自分があるという強いメッセージを感じる映画でした。

    もっくんの最初のようなムカつくやつがとても自分と重なり、哀しくなりました。

    主人公が成長していく過程がわかりやすく、人に助けられていく過程がたまりません。

    とてもいい映画でした。
    石田雅之
    石田雅之の感想・レビュー
    5時間
    4.2
    良かった。
    ミナミ
    ミナミの感想・レビュー
    6時間
    4.6
    ああ窓の外を眺める瞳が綺麗だなぁと思っていたら、死んでしまった、自分の幸せの尺度を押し付けないでというような台詞、色んなところで沢山泣いてしまった、最後まで彼は泣かなかったね
    ゴンちゃん
    ゴンちゃんの感想・レビュー
    8時間
    3.5
    交通事故で妻を亡くしてしまった主人公(本木雅弘)。しかし、それまで夫婦間は冷めており、妻の死を悲しむことはできなかった。
    そこで同じ事故で妻を亡くした陽一(竹原ピストル)の子供の世話をする過程で自分を見つめ直していく物語。

    永い言い訳というより、
    主人公の長い苦悩という感じでした。

    子供達を上手に使っていましたが、本木雅弘1人に頼り過ぎだったかな〜?
    syu0122
    syu0122の感想・レビュー
    11時間
    4.0
    妻が旅行で事故にあい、冷たい湖で溺れ苦しんで死んでいく中、自分は不倫!
    長い間妻とはどこか冷めていたので葬儀でも泣けず、作家として自分を悲しみと哀れみの中にいるもう一人の自分を作り出す。
    同じ妻を亡くした家族を支える振り?
    思い出したくないための!?
    その思い出したくない生活、他者との関わりから色々と気付かされ成長していく。
    人生は他者。最初手帳に書き出した言葉を見たときは理解できなかったが、じっくり考えて見ると、自分本意の性格ではなく人から必要とされる事がいかに有り難く大事なんだと気付いていく、それが幸夫にとっての永い言い訳を言っているのかなと。
    最後の最後にやっと髪を切り、部屋を片付けて一歩前に出れたのが良かったかな。

    それにしても、竹原ピストルと長男の言い合いは子供を持つ親としてとても考えさせられる、息子に優しくしたいと思わせる良いシーンだった!
    mizuki
    mizukiの感想・レビュー
    13時間
    1.0
    端的に言うとつまらない。
    主人公の男がしょうもない。
    >|