永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

西川監督の作品はほとんど見ていて、いろんな感想を持っているけどこれは好きな作品でした。

監督本人も語るように、今までの西川作品は取り繕っていた表面がはがれて現実が露呈する、調和していたものが壊れていくみたいな作品が多かったけど、今作は崩壊したものをいかに再生していくか、育むかと言う話だった。

だからこそ、おそらく西川作品が苦手と言う人が鼻につくような”露悪的な部分”が薄まっていたきがした。そう言う所も自分が入り込みやすかった一因かなと思う。

また、”髪を切る”という行為に意味付けをする手法は「シークレットサンシャイン」を思い出したし、実際西川監督はイ・チャンドンが好きだったはずだから意識はしてるのかなと思った。
あと今回は特に是枝っぽさも感じた。

冒頭のいやみったらしい幸夫をみてると「うわあ、嫌なやつ…」って思ってしまうけど、
物語が進むにつれ、ボロボロになりながら、最低な自分と向き合いながら前に進もうとする幸夫から目が離せなくなっていって、
そしていつのまにか、幸夫が自転車でかけのぼるあのシーン、背中に乗せた灯ちゃんが言う台詞に自分の感情もシンクロしてた。


また西川監督にはこういう「めんどくさくて、愛おしい人たち」の物語を撮って欲しいと思いました。
設定の妙
人間は弱くて脆い。
どれだけ強がって、自分の幸せの尺度でものを言うなと言っても、ほとんどの人間は幸せを感じる中で他者との関わりを断ち切る事は出来ない。
その事にやっと気付き始めた幸夫がそのセリフを言うってのがきつい。
心から泣けなかった幸夫が初めて涙を見せる時、胸が押しつぶされそうになった。
確かに幸夫はこじらせてて、どうしようもない浅いやつだけど、こいつはクズだって突き放して観る事は出来ない。
こういうのって自分ではわかってるつもりでも、つい蔑ろにしてしまいがち。
過ちを犯し、言い訳もするが、自分の愚かさに気付き、反省しほんの少し成長する過程が残酷でありつつ暖かく描かれている。
イントゥザワイルド、かぐや姫の物語、マグノリアのプレイボーイじいさんらと共に、人生の教訓として何度も観直したい映画になった。

髪型の変化、対照的に真っ直ぐな竹原ピストル、子役の成長、核心を突く若者たち、他にも計算し尽くされた演出がたくさんあるんだろうな。
牛歩のような映画
ゆっくり…ゆっくり…
timon

timonの感想・評価

3.8
子どもは免罪符になる
今までの全てを帳消しにしてくれる
アクション映画とは違った意味でなんだか目が離せないそんな映画だった。子役2人がよかった
ペコ

ペコの感想・評価

-
よすぎた
ほんとうによかった
集中してみるべき映画

きっと集中してみたらもっと、
なにか感じられたと思う
期待していただけにガッカリの出来栄え
説明台詞や取って付けたようなシーンの多いこと
竹原ピストルも歌は好きなんやけどなぁ。。
人を失ったかなしみは、人でしか癒せない。癒してくれる人はずっと前からの友人だったり、今さっき出会った人だったり。

妻といたときの幸夫と子供たちと一緒にいるときの幸夫、編集者たちといる幸夫、全部彼だけれど、彼自身もコントロール出来ていない。不器用で皮肉屋で生きづらいなりに幸せを探していたのかなとおもった。


大人目線からも、子ども目線からも共感できる作品!ないものねだりよりあるものさがしをしていきたい。
>|