永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

2.7
自分は本木かピストルかと問われれば間髪入れず本木です。すみません。

観賞後、変な自己反省しか沸き起こりませんでした。いや、反省ではないな。開き直りかも❗

あれは科学の先生に嫉妬したんか?
yu

yuの感想・評価

4.5
な話は違うが対比的な構成が「そして父になる」に似ていた。

事故で妻を亡くした2人の夫が対比的に絵ががれていて鮮やかだった。
仕事一筋、愛を冒涜し最終的に捨てられてしまうもっくんと、妻の死を受け入れられずに苦悩し続ける竹原ピストルのそれぞれの苦悩がどちらも分かるなと思う。
実際、自分がどっちに似ているかと考えた時、もっくんの演じる主人公に似ているなと思った。悲しい結末を受け入れる訳だが、このように孤独に生きる男性はどれくらいいるのだろうと疑問に思った。

またシーンが多く、多くのシーンから構成されていることが印象的だった。
たくさんのパターンで感情を映し出している西川美和さんの素晴らしさを感じた。
背中で語るシーン、怒りをぶつけるシーン、悲しみを音楽で表現するシーン。。。
ここまでたくさんのシーンが詰まっていると感じたのは初めてで、他にも作品を見てみたいなと思った。
みつと

みつとの感想・評価

3.7
覚束ない雰囲気がいい
Pippi

Pippiの感想・評価

3.5
キャストがとてもはまり役だった。
大切にしてくれるものや人、させてくれるものを手放しちゃだめ。
am

amの感想・評価

1.0
映画で既存の好きな曲を何の捻りもなくそのまま使われると逆に嫌。変な色を付けられるみたいで。拒絶してしまう。受け付けなくなってしまう。

それ以外は3.5

電車の中でする話がすごく良かった。
atsushi

atsushiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

人との関係性は変わる。妻(深津)との関係が冷めきっていて、妻の死に涙が流れない幸夫(本木)の気持ちは変えることは出来ず、薄情だと攻める事は出来ない。彼と対照的な遺族、陽一(竹原)。妻の留守電の声を繰り返し聞き涙する彼。彼女の死は陽一家族との繋がりを幸夫に与え荒んだ彼に考える機会を与えた。「亡き妻に伝えたい事」を聞かれた湖畔のインタビューで爆発した彼の思いは醜くみっともないがリアルだ。陽一家族との繋がりから導かれた幸夫の答え。メモに書かれた''人生は他者だ''という言葉。作家の道を後押ししたのは妻であり、現在の自分を支える陽一家族に気づく… "永い言い訳" 人目ばかり気にする幸夫はこの本で自分をさらけ出すことができたのだろうか?…。妻が出かける間際に言った最後の言葉「悪いけど後片付けはお願いね…」ラスト、静かに実行する幸夫はまるで別人のようだ。陽一家族と楽しげに笑う妻の写真。幸夫が知らない妻の笑顔。ハサミを眺める彼に、彼女を笑顔にすることができなかった悔みを感じた。
モックンのねちっこい演技がよい。
子役の子の子役〜〜って感じは多少あったけど、それ以上にモックンがよかった。
人間の感情の描き方が丁寧な映画という感じ。すっきりしそうですっきり終わらないところも、人生ってこういうもんだよなと余韻が残り、よい。
maki

makiの感想・評価

3.7
時間の流れがちょうど良くて好き
おいも

おいもの感想・評価

3.8
大切に思う人を簡単に手放しちゃいけない。人生は他人(愛する/愛される人がいることによって彩が出てくるの意)という言葉がが心に残った。キャスティングもぴったりでした
ピエロ

ピエロの感想・評価

4.0
映画の題名としては100点!どうしても気になるよね

どんなに心から後悔して償おうとして良いことをしても全部ただの言い訳でしかないってこと。
妻の葬式の後にミラーで自分の髪型気にしてた人間があそこまで変われるとは…


この監督の人の撮り方がすごい。
もっくん演じる幸夫?の役柄が良いね、本当に嫌いになりそう。
でも、そうか。自分のこと嫌いなんだね。

科学館の女の人喋り方すごいやだ!コミュ障なのか知らないけど不自然すぎるし、立ち位置的に普通の人で問題ないのでは?と


相変わらずの池松壮亮の存在感。色素薄めの地味な役がハマってますね~
>|