永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

2.7
自分は本木かピストルかと問われれば間髪入れず本木です。すみません。

観賞後、変な自己反省しか沸き起こりませんでした。いや、反省ではないな。開き直りかも❗

あれは科学の先生に嫉妬したんか?
1234

1234の感想・評価

3.2
西川は、是枝の弟子で作品の雰囲気もこんなに似てるのに、是枝は人間が好きで西川は人間が嫌いなのがおもしろい

カメラがいいので西川のあざとさがちょっとだけ軽減されてた

モックンが酔って枝豆をポンポン投げるのがよかった
きの

きのの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

小さな子供だと思っていたあーちゃんが、喋りだすと急に大人びて見え、同時にとても可愛かった。
しんちゃんは、急になくなった母のことを考えるいとまはなく、だらしがなく見えてしまう父と小さな妹と家のことに自分の進学と、進み続ける現実に流される。
そこに現れた幸男くんは、最初はよくいる仕様もない男であったのに、季節が進むにつれて性別があいまいに思えてくる。
子供のいる家庭に入ることで味わう充足感は逃避でしかないと言われ、ライバルのような女性が現れ感情が沸騰。

「自分を大事に思ってくれる人を、簡単に手放しちゃいけない」
幸男が真平に云った言葉が、今の自分に重く響いた。

***
ところで、あの火葬場は家族はつらいよ2で丸田を火葬した場所かなって思ってね、同時に丸田に着けるはずの三角の白い布を自分の頭に着けた西村雅彦が頭に浮かんでしまったよ。どうでもいいね。
竹原ピストル良い人なのに助けてくれる人が居ない。酒癖悪いとか付けて欲しかった。
二人の対比も素晴らしい。子供が自然な演技をしててイイ!
社会に生きる大人の嫌な部分ばかり
NA0T0

NA0T0の感想・評価

3.3
不倫相手と愛し合う最中に妻を亡くした男。その罪滅ぼしとばかりに、同じく妻を亡くした男の息子と娘の面倒を見る。一時の罪滅ぼし、一時の幸せ。そして男は自分と周りの違いを如実に感じるようになり、そして男は孤独を実感する。
人間の愛の儚さを垣間見た。
yukke

yukkeの感想・評価

3.9
永い言い訳
このタイトルが映画の余韻をさらに大きく深みのあるものにしてくれているように感じました。

もっくんってこんな演技上手いんだと驚き。


人を愛し続けるのって難しい。
自分に自信がないから、卑屈になり、思いやりを忘れ、つい自己中心になってしまう。でも結局、誰かを愛し、誰かに愛されなければ、生きる意味をみつけることは難しい。

大切な人ができた時、この気持ちを忘れないためにもう一度みておきたい映画でした。

人生は他者だ。
yuppi333

yuppi333の感想・評価

4.2
人生は、他者。
誰かのために生きるのではなく、自分が生き、存在するために周囲を支えていく。
どうしようもなく、家族を大切に想わせてくれる作品。
ken

kenの感想・評価

-
これを見たときの反応で相手の人間性がわかりそう。
ななみ

ななみの感想・評価

3.6
人生は他者だ。
そう書き殴る幸夫の表情が全てなんじゃないかな。

冒頭の散髪のやりとりが秀逸だった。
あの10分足らずで夫婦の関係性や人物像が見えてくる。
自分に自信がなく卑屈であるが故に、それを正当化しながら、時に攻撃的に、時に弱さを覆い隠すために言葉を尽くす幸夫。
それを分かっていながら、包み込む夏子。
弱い人間はどこかに逃げ場を求めるんだね。

大宮親子に触れて、幸夫は幸夫なりに強くなれたのだと思う。
>|