永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

それを書いたことよりも、それを送らなかったことに、多分意味があると思ったよ
mukomadori

mukomadoriの感想・評価

4.5
癒された。癒し系映画って感じではないだろうけど、癒された。好きだ。この監督の他の作品も観たいし、原作も、読みたいと思った。

本木雅弘の役は鼻持ちならなさすぎたけど、作家ならこういう人ほんとにいるのかもなと思ったりw セックス中に黒木華が呟いたシーンがよかった。最後のシーンで真ちゃんがお父さんと同じような坊主頭になってたのを見て、笑みがこぼれた。

「自分を大事に思ってくれる人を、簡単に手放しちゃいけない。見くびったり、貶めちゃいけない。そうしないと、僕みたいになる。僕みたいに、愛していいはずの人間が誰もいない人生になる。だから、ちゃんと大事に握ってて、君らは。絶対に」
chonny

chonnyの感想・評価

3.7
すごくよかった!ヒューマンドラマ。うそくささを好演。
俳優さんみんなよい演技!
くま

くまの感想・評価

4.0

誰しも身に覚えがあるんだけどはっきりさせたくなかったりうまく言葉にできなかったりする感情とか感覚とかそういうなんやかんやをさらりと描ききってしまえる西川美和さん

大切なものを失ってもすぐに気づけない、向き合えない幸夫のダメダメっぷりがものすごく、それはまあけっこう深刻にダメなんやけど、陽一の素直でストレートな感情表現とか、真平と灯とのやりとりのおかげで暗くなりすぎず、くすりと笑えるシーンもたくさん

子ども二人と関わっていきいきし始めた幸夫にたいする岸本の言葉にドキッとする。ここでこれ言われてまうかあ〜ってなる。

大切なものを大切にできるようになりたい。むずかしくっても諦めたくない。不器用でもそれを理由にしたくない。そんなふうに思える作品です。
Jr

Jrの感想・評価

3.6
気付いた時にはもう遅い。
自分のことで頭がいっぱいになり、自分にとって大切な他の人が抱いてくれてる想いをスルーしないようにしようと思った。
人生は他者だ
深津絵里の可愛らしさと透明感と儚さ、圧倒的存在感。

揺れる携帯電話のストラップ
男にとって育児は免罪符
バスを寝過ごして「疲れてて…」と涙を流す真平くん
お父さんとお兄ちゃんの言い争いを隣の部屋で聴くあーちゃんの表情


お葬式の時、泣けなかったんだ。
そしたら、お前大丈夫なのか、って。
大丈夫じゃないよ。

大丈夫じゃないよね。
みぞぐ

みぞぐの感想・評価

3.9
幸夫さんほんとに最初の方生理的に受けつけないくらいいやだった凄い。
深津絵里さん映画が似合うなあ、あと子役の2人の吸引力。。
ohhata

ohhataの感想・評価

4.0
タイトル、音楽、子役、どれも素晴らしい。
なっ

なっの感想・評価

3.5
流れに起伏があって見てて飽きない、しっかりした内容構成だなと思った
>|