永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

それを書いたことよりも、それを送らなかったことに、多分意味があると思ったよ
chisa

chisaの感想・評価

3.9
全編通して飽きずに観れました
人間関係良くも悪くも向き合って消化してないと後からツケがくることがある。
ましてや、夫婦や家族の間なら尚更のこと
というお話でした。

子供の事とか小説家稼業
美容師、長距離トラックの仕事や
家庭
友情
色々考えられる
整理つかへんくらい感動した。
RTCEH03

RTCEH03の感想・評価

4.5
何の情報もなく鑑賞。
「後片付けはよろしく」
何気ない冒頭の台詞。

子役との対面した電車での台詞。
色々と心に響きました。
俳優の演技も流石。
観て良かった作品。
簡単に離れることはないと思っていても離れるときは一瞬だ。
だからこそ今自分の周りにいる人を大事に。あたりまえと思ってはいけない。
YuiHidaka

YuiHidakaの感想・評価

4.0
自然体がハンパない…
ちゃぷちゃぷローリーϵ( 'Θ' )϶
女の人の監督作品ってあんまり見たことないからわかんないけど世界を綺麗な日本刀で切ったような見方するなぁと感じました。切れ味がいいと言うか、なんと言えばいいのか....

本木さんの役はすごく複雑というか、今まで触れたことがないような人だったので最後まで理解しきれなかったのが正直な感想。子供の面倒を見ると言ったその心理とか、全体的にどうしたいんだ君は。って思ってしまった。ただ奥さんに興味がなかった訳では無いのかなーって思った。予告編見る限りではもう自分にしか興味のない人間だと思ったけど、そんなこともないのかなって思いました。子供達に興味を示したのも、どこか人と触れたかったから。なのかなー正直よくわかりません(笑)

1回じゃ理解できませんね。ただ人と人は支えあわないと生きていけないし、完璧な人間なんてどこにもいないのだということは改めて感じたし、一番伝えたかったのもそこなんじゃないかなぁーって。

すごく深くて、一つ一つのセリフや行動にメッセージ性があったと思うけど上手く吸収しきれなかったからまだまだ自分が子供だなぁと思いました。またいい年齢になったら見てみたいと思います。
竹原ピストルの演技が際立っていた。男って大半がサチオくんのようだと思ってます。きれいごとじゃないタイトルも結構好き^ ^
西川美和監督作品は、『蛇いちご』、『ゆれる』、『ディア・ドクター』に続く4作品目かな見るのは。
どれも好きな映画。

本木雅弘は俳優としても好きなんだよな。

妻が死んだ。これっぽっちも泣けなかった。そこから愛しはじめた。

このコピーもグッときた。
>|