永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

それを書いたことよりも、それを送らなかったことに、多分意味があると思ったよ
wasizm

wasizmの感想・評価

4.5
竹原ピストルの優勝。
Ning

Ningの感想・評価

3.8
静かな絵だけれどもじわじわと引き込まれました。
もっくんの演技を初めて見ました。(沢山の風船を首からぶら下げて歌を歌っているもっくんしか知らなかった)演技もうまいし風貌も幸夫さんにぴったりでした。時間をかけて撮影して地毛を伸ばしたのでしょうか。

突然近しい人を亡くした経験を思い出しました。まっすぐには行かないものです。あながちテレビの取材でカッコつけて言っていた言葉は本心だったんじゃ無いかな。亡くなってから存在感や自分にとっての意味が増してくる感覚。ある種の後悔と共に心に遺るから、この先もずっと向き合い続けるのだろうっていう、感覚。そんな事を感じながら観ました。
似たテーマの映画としては「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を思い出しました。ラストは違いますがね。
故人の存在感という点では「僕とアールと彼女のさようなら」を思い出しました。

スコアを上げちゃうほど題名がとっても良い。
kocha

kochaの感想・評価

4.9
虚栄心が強く、自分を飾りながら生きる人間が居る。
自己評価は甘く、誰もが皆同じ甘さを持って生きていると思いながらも、擦り合わせきれない感情には、他人の価値観を押し付けられたくないと思う。
その人生の中で取り返しのつかない過ちが起こる。取り返しのつかない過ちを、他人に過ちだと感じさせない為に、苦しみ踠き続ける人生。ペンを執り、言い訳を永々と書き綴らなければならないのだろう。

突き刺さりました。
まっつ

まっつの感想・評価

4.0
小説があるのを知ってすぐ買おうと思いました。
心の機微がとてもうまく演出されていて、思わず別な角度からこの物語をまた見たいと思ったからです
まや

まやの感想・評価

3.9
観終わって改めて
永い言い訳、のタイトルの良さ
noplan1989

noplan1989の感想・評価

4.8
映画のタイトルはとても大事だと思っていて、タイトルが最も好きな映画がこの「永い言い訳」。

この監督には、人の汚いところがたくさん見えすぎて、さぞ辛いだろうなあと余計な心配をしてしまうほど、細かい描写に引き込まれてしまう。いつもありがとうございます。

この映画とは関係がないのだけど、映画のタイトルで、〇〇〇〇〇 〜△△△〜 みたいなサブタイトルをつけるのは、それだけで観る気が失せるので、なんとかして欲しい。
nrt

nrtの感想・評価

4.3
最近当たり映画続いてます。
この主人公は最初めっちゃクズ野郎だと思ってた。けど根っこはいい奴で、名声を得て愛を失ったかわいそうなやつだった。
奥さん失ってからこんなに沢山気づくなんて皮肉な話。
なおコ

なおコの感想・評価

3.7
池松壮亮の、「それって逃避ですよね。全然いいと思いますよ。どんなに自分がクズな人間でも、子育てしてれば許されるような気になる」
っていうような言葉が心に残った。
>|