永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

Soichiro

Soichiroの感想・評価

3.8
本木雅弘を堪能する映画。失って初めて気づくこと。
あい

あいの感想・評価

4.5
かなり好きだった
特にBGMだけのカットとか、台詞がないカットがちょうどいい
観やすいなって思った

邦画を観るとき観たくなるように予告を観たんだけど、いい意味で裏切られたというか、予想と全然映画だったなあ

好きな雰囲気だった
ともも

とももの感想・評価

3.3
妻を失っただけでなく、自分を愛してるに違いないと思ってた妻のそうじゃない書き遺しを発見した虚無感。
彼は誰に何を言い訳してるのか。
なんで怒ってるのか。
見ていて辛くなった。
映画全体の空気感はサラふわっとしてるんだけど。
黒木華がかわいい。
ピ

ピの感想・評価

-
わたしは自分の意思で、好きな人を好きでいたいし、ずっとこの気持ちを忘れずにいたいなと思いました。間とか魔とか免罪符とかそういうのなしに素直に生きていたいです。
橘

橘の感想・評価

3.9
レンタルで観ました。
面白かったです。
身近な人の死を、長い時間をかけて受け入れる。結局最後まで幸夫くんは変わらなかったようにも見えましたが、きっと心の底には、幸夫くん自身が気付いてないだけで、今までも人を思いやる気持ちもあったのだろうと思いました。
これまでわりと良い人な本木雅弘さんを観ることが多かったので、この映画の幸夫くんは新鮮でした。新鮮と言えば、黒木華さんもですが。
竹原ピストルさんが自然で驚きました。子役のふたりも良かったです。
本木さんと子供たちのシーン、会話はアドリブだったんじゃないかなと思います。自然でした。

別れる時は突然で、その人が居ない日が日常になっていく時間は、人によってまちまち。
だからって、その人が冷たいとか、情にあついというのは外からはわからないものです。
周りの人を大切にしたいです。
dandelion

dandelionの感想・評価

4.6
素晴らしい。
女性監督ならではの繊細な視点
Hanapuu

Hanapuuの感想・評価

4.6
人の自分の嫌な部分を見せつけられているような感じがして言葉や表情が突き刺さり、観続けるのがしんどかったけれども、目が離せられず、最後は瞼が腫れるほど泣いてました。でも観終わった後はなぜかどんよりとはしない、そんな映画でした。
sakizoe

sakizoeの感想・評価

4.6
面白い
いい悪いじゃない
何が言いたいかを探っちゃうけどこれが言いたい!という単純なものじゃないからこそ人間的だと思った。

本木の奮闘がかわいいし
子供たちの演技が上手い

何してほしい?と聞くところ、
切実。

「子育ては免罪符 男にとって」
「最低のバカでクズだというのも全部帳消しにされて」

なるほどなあ
だから本木がこういう風に、子供に好かれる良い人みたいに描かれてるんだーと思った。

後半「自分を大切に思う人を見くびっちゃいけない。ちゃんと大事に握ってて、君らは、絶対ね。」が心に残った。

子供たちがほんとに成長しててすごいし本木の服装がすき、

最後「人生は他者だ。」にたどりつく。
泣きながらノートに書くところ

死への向き合い方
もう一度見たい

本木が最初、実態のない薄っぺらい人だと感じるけど
それはその人の人生だし、そうじゃない部分ももちろんある

私の彼氏はもし私が死んだらどう受け止めるのだろうと少し気になった
K

Kの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトルどおりの作品かな。
現実を見つめられず、逃げたり、後悔したり、最後は建前の言葉でなく、ちゃんと向き合って生きていく。
それまで暗かった部屋が明るくきれいに描かれてるのも、心が変わったっていのを暗に意味してるのかなって思った。

評価高いのもわかる。

画にも役者さんの演技にも引き込まれました。
べりす

べりすの感想・評価

3.1
終わりがあんまり記憶に残らないな。
子供の面倒みたり、確かに償いでやってるだろうけどその中で長くいれば愛情も湧くしそんなのなんでもそうじゃない?
妻が死んだときに生徒と不倫してたとかさ、それで自分にもつけがーとかいう理論ね?わかるけど、それでもやってける人なんていくらでもいると思う、妻を大事にしないでのし上がってる人、離婚してもっとすごい人になってるなんていくらでも見てきたし、逆にこの主人公のようにそれで気持ちに潰れて病んだりして堕ちてやっと幸せになれた?と思ったらさらに追い打ち続きで呪いだなって人もこの間1人いたし、目には目を理論は誰かが制裁を下すからあり得ることで、天災だとか神様は見てるではこじつけだと思ってるので最後がなんとも…でした。
>|