永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

Soichiro

Soichiroの感想・評価

3.8
本木雅弘を堪能する映画。失って初めて気づくこと。
師匠の「そして父になる」や「海よりもまだ深く」を感じさせるようなところもあるが、女性監督ならではの鋭い細やかな描写が多かったように思う。
冒頭の散髪シーンでの会話、車のルームミラーで髪を整えるシーンなど、劣等感を持ちつつも、プライドが高く、ナルシストで面倒臭い幸夫の性格が良く出ている。
幸夫と子供たちとの交流の描き方も非常に丁寧だし、若干喋らせすぎな気もするが、幸夫と陽一との会話も両者の違いを際立たせていた。
特に妻の携帯に残っていた送られることのなかったメッセージは、めちゃくちゃ怖い。ここに敢えて、痛烈なメッセージを入れ込んでくる発想は、男にはないように思えた。
それにしても、竹原ピストルは陽一そのものとしか思えない。はまり役を超えている。
eichan

eichanの感想・評価

3.0
ただただ、深津絵里が人間で綺麗。
あとは特になし。
序盤の空気感が最高で、途中からムムム、、?となった。小説を先に読んでいたから、それで補填して見ている部分はあったけれど、途中、もっと人間がましい(最低で気持ち悪い)描写が欲しかったなと勝手に思ったりした。
soir

soirの感想・評価

-
ちゃぷちゃぷローリーが頭から離れないのどうにかして
なな

ななの感想・評価

4.6
凄い、の一言に尽きる、、、。
これは女性じゃないと描けない映画だと思う。西川さんは人をとことん
人間は誰しもどうしようなくダメな部分があるけれど、それを大事にしてくれる人を簡単に放してはいけない、そんな映画。
rico

ricoの感想・評価

3.8
話運びが上手いのか、面白く見れた。
重くなりすぎないので見やすい。
いい話だなと思うけれど、他者を受け入れ難いユキオがあっさり子供の面倒をみようと思ったりするのだろうかと思ったり、話の展開や着地がちょっと陳腐すぎやしないかいと思ってしまった。
misakiki

misakikiの感想・評価

3.7
女性の監督だからなのか、重いテーマだけど繊細で穏やかな空気が漂い続けていた。

人は、誰かを愛したり愛されていないととても脆く弱くなってしまう。

「自分を大事に思ってくれる人を、簡単に手放しちゃいけない」
superasuka

superasukaの感想・評価

4.0
形だけの夫婦の話。
どれが本音なのかわからない。
台詞が台詞じみていて、映画としてちゃんと作られていた。
映画だとわかっているのに、毎日をじわじわと侵食してくる。自分には重たくて仕方なかった。三年殺しみたいな作品。
>|