永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

脚本が素晴らしい。もっくんと竹原ピストルの演技も素晴らしい。西川美和の真骨頂。
LiaoHe

LiaoHeの感想・評価

4.0
良い映画だった
百

百の感想・評価

-
幸夫の酒癖と弱さの描写
子供の視点
あーちゃんと自転車でのぼる坂道
守る人がいることの幸せと苦しみ、また守るべき人が誰なのか?気づくことができているのか?を考えさせられ、更に鑑賞側の受け止め方によって、その奥深さが変わるような作品だと思った。前半でのもっくんは、どうも役柄的に合っていないような感があり、もやもや感を持って鑑賞していたが、ストーリーが進むにつれて、もっくんの演技にどんどんと磨きがかかったように思え、終盤のところではもっくん自身が持つ人間性がこのストーリーと見事にシンクロされたようにさえ思えた。また竹原ピストルもイメージそのまま、自然体のように思えた演技で、このストーリー上での役柄としてはピッタリだった。最後にもう一人気になったのは子役の藤田健心君。演技はもちろんのこと、そのルックスと爽やかさに将来性を感じた。
『万引き家族』の次は、世界の観客たちにこの作品を観て欲しい。ケータイストラップの揺れひとつから、人間のズルさや不安が伝わってくる、細やかな演出。
西川さんの撮る映画は、官能シーンが生々しい。ゆれるのベッドシーン、夢売るふたりの自慰からの鼻をかむシーン。それは人生、生き様を描くのは綺麗ごとでは語れないという覚悟が見えます。

他の人と感想が違うのは、
未配信のメールの内容は、死を覚悟した人が残された人に向けて、死に捉われないよう放った最後のウソだと思っています。

人が人と関わる事で、失った事の大きさと愛おしさを教わり乗り越えて行く。
丁寧に撮られていて温まる映画でした。
yuri

yuriの感想・評価

4.3
「もう愛してない
ひとかけらも」

自分がそうだと思っていたら
相手がそう思っていたと知り
ひどく傷つけられたと感じる
とってもとっても勝手な旦那

もっともっと苦しんだらいい
とも思ったけど

彼なりに後悔して
罪の意識に苛まれて
子どもたちによって癒されて
そこで愛を知ったのかもしれない


「簡単に離れることはないと思っていても
離れる時は一瞬だ」

どうして今が当たり前に続くと
思い込んでいるんだろう
いつから離れてしまったのかな


抱えている傷は似ているようで
それぞれ違う



保存されていたメールは
あれだけだったのか
たみー

たみーの感想・評価

3.5
彼女とみました
隣で彼女は大泣きしてたけど僕はどこで泣いているのか全く理解できなかった
作中に出てくる子供向け番組のフレーズが印象的すぎる「チャプチャプチャプチャプチャプチャプローリー」3回出てくるんだけど覚えちゃった
今日絶対夢に出てくる
#チャプチャプローリー
人間ってどうしてこうもダメでこうも愛らしいんだろうねぇ…
一つ一つの気持ちをすくって丁寧に描写されたとてもいい映画だった。

人は死んでからじゃ嫌に思うことも出来なかったり伝えられなかったり。
だから生きてる間に色んなことを思いたい。良いことも悪いことも。
自分や他の人に誠実でありたい。
>|