永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

綿

綿の感想・評価

4.5
「居ない」ということでその存在感は益々強まるんですね。不在により、その人の輪郭をなぞるというか。

幸男くんにすごく自分を重ねてしまった。。他者に興味がないというか、自分は冷たい人なのだろうなと薄々気づいていたからしんどくなったわ。懺悔のように、逃避行為のように子供と接して。

深津絵里が美しすぎて、心奪われた。


こういう映画を観ると彼の帰りを待ちながら物思いにふけてみちゃったりするよね。
もっと素直になれたらいいのになと思います。
べりす

べりすの感想・評価

3.1
終わりがあんまり記憶に残らないな。
子供の面倒みたり、確かに償いでやってるだろうけどその中で長くいれば愛情も湧くしそんなのなんでもそうじゃない?
妻が死んだときに生徒と不倫してたとかさ、それで自分にもつけがーとかいう理論ね?わかるけど、それでもやってける人なんていくらでもいると思う、妻を大事にしないでのし上がってる人、離婚してもっとすごい人になってるなんていくらでも見てきたし、逆にこの主人公のようにそれで気持ちに潰れて病んだりして堕ちてやっと幸せになれた?と思ったらさらに追い打ち続きで呪いだなって人もこの間1人いたし、目には目を理論は誰かが制裁を下すからあり得ることで、天災だとか神様は見てるではこじつけだと思ってるので最後がなんとも…でした。
kana

kanaの感想・評価

3.0
感情とか思いやりとか薄れてしまって、自分の妻の死さえも上手く悲しめない。全てシステム的にすすめる。他人事のように。
そんな感じの主人公が妻の死後に出会う新しい世界で失くしたものを取り戻して行く感じ。
妻は自分にベタ惚れだと思ってたけど、違う言葉が残っていた時の喪失感虚無感。
いなくなってからはでは遅い。調子にのってやりたい放題過ごしてた罰がこんな形で主人公におりてくる。
大事にしてくれる人を大事にしなきゃ。いなくなってからでは絶対に取り戻せないから。死は何にも勝てない。
っていう感想でした✏︎

じわじわくる映画。
chabondama

chabondamaの感想・評価

3.5
生きてるうちに色々向き合うべきなんだなーと思った作品。
bebe

bebeの感想・評価

4.0
「自分を大切に想ってくれる相手のことは簡単に手放してはいけない」それが本当によく分かる映画だった。
自分自身も今まで以上に大切にしようと思った。重たい映画だけど、観るべきだと思う。
prastic

prasticの感想・評価

4.0
愛してない妻を亡くした男が妻の身辺整理をしているうちに妻の愛に気付いたり、自分の愚かさから再生していく、という類の話だと思っていたけど、全く違う。

男のぐちぐちとした言い訳話でもない、
男はわかりやすく自分を正当化したりしないし、過ちを理由にしてなにかから逃げるわけでもない。

主人公が再生や成長というわかりやすい形での更正を見せずに、ただ周囲に触発されるようにして、よい人間、わるい人間(あるいは冷たい、優しい)という境界もうやむやに、人生を引き受けていく。という話の、この重さをさらりと観やすいものとして提示している。

なによりも竹原ピストルの役割が本当にすごい。感情つよくて、涙もろい、不器用、第一声からええやつ、裏なくてわかりやすい。このキャラクターの人間性を説明するのはとても簡単やけど、こんなに深い意味があるポジションもないと思う。
面白かった
yasu444

yasu444の感想・評価

4.1
「愛してくれる人を、みくびったり、貶めたりしてはいけないよ
そうしないと、僕みたいになっちゃう。愛すはずの人が誰もいない人生に。」
それが一番大事なことだよ。
kuru

kuruの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

結局、ハッピーエンド(?)という終わり方なんだけど、、まあ現実はこんなもんですよね
leaseydoux

leaseydouxの感想・評価

3.5
失うのは一瞬だから精一杯大切にしよう、大切な人を見くびってはいけない、そりゃそうだよと今は思える。幸男、今更かよって思ってしまった
tsubasa

tsubasaの感想・評価

3.5
最後のもっくんの背中が寂しいけど良かったね、でも悲しいねって感じでした
>|