永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

綿

綿の感想・評価

4.5
「居ない」ということでその存在感は益々強まるんですね。不在により、その人の輪郭をなぞるというか。

幸男くんにすごく自分を重ねてしまった。。他者に興味がないというか、自分は冷たい人なのだろうなと薄々気づいていたからしんどくなったわ。懺悔のように、逃避行為のように子供と接して。

深津絵里が美しすぎて、心奪われた。


こういう映画を観ると彼の帰りを待ちながら物思いにふけてみちゃったりするよね。
もっと素直になれたらいいのになと思います。
くす

くすの感想・評価

3.5
孤独なおっさんが変わっていく話
子役の演技力すげ〜
出て来る人たち全員人間らしい弱さを持っててとてもよかったな
自分のための上っ面じゃなくて人のための上っ面でいようと思います(^_^)

自分の情けなさを混じえて子どもを諭す電車のシーン良かった
子役と竹原ピストルと本木さんの演技力すごいな ほのぼのした中にあるさちおくんの消えないクズさとリアル感好き
池松くん、良いキャラなのか悪いキャラなのか分からんけど幼くなったり大人になったりして面白かった
「なんでなっちゃんいないんだろね」が悲しすぎる
あのまま終わりかと思ったけど綺麗にまとまって良かった
PonPon

PonPonの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

名作と言っていい。
欲、エゴ、傲慢さという人間の負の部分と、それでも自分の存在意義を何かに求めたい、何かの役に立つことによって自分の存在を意味あるものにしたいという心の動きがうまく表現できていると思う。
妻の死後、スマホに残るメッセージ下書きを見ることにより、生前の妻との関係性に気づき、もはや修復できない大切な人との関係に対するやり切れない思いもうまく表現できていると思う。
大宮親子の子供の親に対する感情の描写も非常にうまく、こちらもこの作品の主題を占める部分であると思う。
無学で不器用な父に対する子の心理をうまく表現している。

「自分を大事に思ってくれる人を、簡単に手放しちゃいけない。みくびったり、おとしめたりしちゃいけない。そうしないと、ぼくみたいになる。ぼくみたいに、愛していい人が誰もいない人生になる。」は名言だ。。。
ここは号泣だった。
総じて、名作だと思う。
ひるま

ひるまの感想・評価

3.8
自分のことを大切にしてくれる人、友人、家族を大切にしようと思いました。
終始静かな雰囲気でちょっぴり重かったけど、色々なことを考えさせられる映画でした。
取り返しのつかないような罪悪感も、結局なんとかなる。
NaoyaIsobe

NaoyaIsobeの感想・評価

3.5
期待していたほど面白くなかった。本題ではないけれど、幸雄くんが酒に酔って子供たちを前に大人の話をするシーンが、ああいう親戚居たなあという気持ちにさせられた。子供時代にああいう大人の本音を聞ける機会は意外と必要なのかもと思ったりした。
akiko0406

akiko0406の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

久々の日本映画。気になっていた1つを鑑賞。

複雑な大人の気持ちを、子供も辛いけど、お互い解放していく。前半に、幸雄が子供に傾注する流れがうまく理解できなかったけど、そんなもんだったのかなとも思う。初めはそこまで思ってなくても、大事になってきたというか。

「でも人間のココロだからさ、強いけど、弱いんだよ。ポキっと折れる時もあるんだよ。大人になっても、親になっても、キミらのこと抱きしめても足らないくらい大事だよ。
大丈夫だよ、生きてりゃ色々思うよみんな。
でもね、自分を大事に思ってくれる人を、簡単に手放しちゃいけない。みくびったり、おとしめちゃいけない。そうしないと、僕みたいな、僕みたいに、愛していいばすの人が誰もいない人生になる。簡単に離れるわけないと思っても、離れる時は一瞬だ。そうでしょ。だから、ちゃんと大事に握ってて。キミら、絶対。ね。」

別れてから、無心に、泣きながら書き始める幸雄。表現していいと思う。文章でも何でも、ぶつけたい気持ちを表現すれば良いと思う。
nana

nanaの感想・評価

-
西川監督の作品は心を抉られるような台詞が多くて向き合うのが辛かったりもするけど、でも観て良かった。
>|