永い言い訳の作品情報・感想・評価

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

自分が認められないまま大人になって夫になって、自分ばかり見てるから周りが見えなくて、苦しいままだった主人公の気持ちに共感した。自分の価値を、存在意義を、誰かに認めてもらえる状況にしたくて、誰かを利用して、気づいてまた自己嫌悪して。。。
でも、誰かのために行動したこと、声をかけてあげたことが、自分に返ってきて、それで自分に対して優しくなれた。「人生は他者だ。」誰かがいて始めて自分は自分になれる、自分でいられる、そう信じられるようになってよかった、と思う。
瑛子

瑛子の感想・評価

5.0
「自分の幸せの尺度だけでもの言わないでよ 」&「自分の遺伝子が怖いと思った事ない?」に、激しく同意◎ ちょいちょい出てくるオデコ出してない池松君!可愛すぎてキャー!
くまい

くまいの感想・評価

4.0
小説読みて〜
いまいち乗れなかった。主人公があまりにも捻くれまくっているので、何事もはっきりさせたい僕が共感できるところがあまりなかった。
主人公は、自分に自信がなく、自分を肯定出来ないために、弱い自分を見せまいと周囲の評価を常に気にしている。その結果、完璧な自分であろうとして、プライドというか自己意識がとても高くなるという悪循環に陥ってしまっている。それ故に、他人の気持ちを考える余裕がない。例えば、セックスではお互いではなく、自分の快楽だけしか考えていない。
だがそうは言っても、低劣な動機であれ、子供の面倒みたりするんだから、一概に悪い人間とは言えないし、そうした動機がいつしか高邁な動機へと変化し、その人が変わることがあるのだ。行動は人を変えるとはまさしくその通り
sakura

sakuraの感想・評価

3.8
妻が送ったメールが心底辛かった。
浮気されていると分かっていても妻は夫のことを愛しているだろうと、観ている私もそうたかをくくっていた。
しかし、そんな簡単に裏切った人間を許せる人などいない、と改めて痛感した。

子どもたちと過ごす団地での場面は心が温まった。
やはり子どもという存在はどんな大人よりも大切なことを教えてくれるし、考えさせてくれると感じた。
主人公にとって子どもたちの存在は癒しであり、罪滅ぼしでもある。
そんな風に考えると、この映画はいい意味で重苦しい作品だった。
amoui

amouiの感想・評価

3.9
きっとリアルな話なんだろうな。
ここでも不倫はあまりにも利己的で、我儘で、許されることはないし、そもそも許しを請う相手はもういないから為す術がない。
妻が夫に送ろうとして、送らなかったメールが心底切なかった。夫の不倫なんて、きっと心のどこかで気付くものだし、少なくとも大切にされなくなった彼女は、十分に傷ついて死んでいったんだなと思うと居た堪れなくなる。
知人の子どもの面倒を見ながら、少しずつ自分の妻を知っていき、彼女への愛や敬意を持ち始める本木雅弘の虚しい成長。
何に気付こうが、もう謝ることすらできない。夫婦の甘えと愚かさの結果は重たく、残された夫の未来に引きずられていく。やたらと最後爽やかだったな。
重い荷物をそっと下ろすような映画だった。
Kasumi

Kasumiの感想・評価

3.7
後になって気づくものって多い😔
Kaho

Kahoの感想・評価

4.0
レトルトのカレーを分けて食べるささやかな幸せや公団の明かりが美しい。いつ無くなるかわからないからこそ毎日を素直に丁寧に温めながら生きていきたい。
原作・脚本・監督を単独で手掛けられている珍しい作品。
yun

yunの感想・評価

4.1
本木雅弘ってこういう演技するんだ。すごく上手くてびっくりした。愛人が夜訪ねてきた時迫るシーンなんか、最高に気持ち悪かった(褒めてる)
細部まで演出が行き届いた良い映画だった。
rn

rnの感想・評価

3.7
本木さんがかっこよかった!
まったり見られたので満足。
>|