永い言い訳の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

なつこ

なつこの感想・評価

3.7



「妻が死んだ。これっぽっちも泣けなかった。そこから愛しはじめた」


まさに、その言葉にギュッと詰まってる。

途中まで、なんだこのクズ男は、本木さんクズ男似合いすぎやろ。
なんて思っていたけど、子供と打ち解けて、急に襲ってきた喪失感を埋めるように対話していって、でも結局自分はこの子たちの親ではなくて。

羨む本当の父親は、あまりに素直で感情を表に出すからこそ、その表の顔で自分を縛って、「いい人」になろうとしていて、でも子供はちゃんとそれを読み取っていて。


永い言い訳を経て、ちゃんと愛を知ったから、奥さんのことをちゃんとまるっと認めたんだろうなと思わせるラストシーンだった。2時間あっという間!
突然身にふりかかった喪失というものにどう対応するのか、主人公幸夫の行き場のない、やり場のない心情を本木雅弘が熱演。気持ちのすれ違い、日常にふと感じてしまう虚しさなど、大人のやるせなさやもどかしさが胸にせまる。
chaad

chaadの感想・評価

4.0
良い作品だった。
最後のシーンが良かった。
大事なものってのはいつも失って気がつくものなんだな〜。
xy

xyの感想・評価

3.7

旦那が不倫をしていたときに、妻が事故で亡くなった。
浮気相手の女と妻のことを馬鹿にしたように話す旦那。
妻のことをなにも知らないんだと死んでから気付く泣けない旦那。

他人の家族と触れ合っていくことで、新しい生活を知る。
そんなことで、彼は変わったと許されていくのかなって思ってしまったり、報われて欲しくないなぁなんて思ったり。
誰しも過ちを犯すけれど許すことも大切だよなんてそんなの綺麗事だと思っているので、だからこそこの人が普通に生きていくことが全てではないと思ってしまう。
微笑ましくおもう瞬間と2時間ずっとつきまとっているモヤモヤした感情。

「自分の幸せの尺度だけで物言わないでよ」
幸夫はどうしようもないと思うけど、この言葉は誰にでも存在すると思う。
自分がダメだと気付けた人でよかったと思う。
忘れることより、受け入れることの方が何より苦しいのを誰よりも実感しながら逃げようとした幸夫だからこそ、終わりの見えなかった永い言い訳になってしまったんだなって思った瞬間に、生きてけよと思わされる。

良い映画でした。
西川作品でコレイチです!子どもの世話をしている(と思っている)間は悲しみと向き合わずに済む幸男くん。なんとなくわかる。
ERIKA83

ERIKA83の感想・評価

4.3
登場人物みんなそれぞれの気持ちに共感出来た。

子どもではなく、ひとりの人間として接すること。
今何を思い動くか。
今何を相手は思っているか。
間違えることはあってよくて、その上で今どうするかが大切。
今の幸せを噛み締めよう。
RyoShirai

RyoShiraiの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

レビューをみて気になっていたから何気なくみたら、週頭にしては濃密すぎる内容だった。役者が揃いすぎ。
本木雅弘演じる、薄皮被って結局自分のことしか考えられない主人公が、あまりに大人で、身近で、リアルすぎて胸がぞわぞわする。人によるだろうけど、後味も決して良くはない。終盤の「みくびってはいけない〜」の件も、事件からの再生ではなく、同じことをいずれ繰り返すだろうという諦観にしか聞こえなかった。いつ自分自身がこの薄皮を身につけていてもおかしくはない、恐ろしさを感じた。
に

にの感想・評価

3.5
なんでこんな蒸し暑い月曜の夜に観たのか、自分。

子育ては免罪符、男にとって。

ストーリーも演技もめちゃめちゃよかった
こやち

こやちの感想・評価

4.2
ワタクシ的には陽一君よりもさちお君の方が近い人間。大切な人が亡くなってもストレートに泣いた事は無い。奥さんは本当に愛してなかったのかな。さちお君だって本当は愛していたんだよね。奥さんのベッドで浮気なんてあり得ないくらいイヤだけど。
終盤はなんだか泣けてきたな。「雨の日は会えない〜」も似たような設定だったけどこちらの方が好きかも。
とも

ともの感想・評価

3.5
不慮の事故で奥さんを亡くした男ふたり。片や子ども2人いるトラック運転手
片や愛人がいる偏屈な小説家

妻を亡くしてもなみだがでなくどこか現実と思えない本木雅弘。
子どもふたり抱えて途方にくれ泣きくれる竹原ピストル
家族の、自分の再生の物語。
本木雅弘が気持ちの変化をうまく表現してたと思いました。子役の男の子がまた上手い。ちゃぷちゃぷローリー☺️