永い言い訳の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

mamimu22

mamimu22の感想・評価

3.6
しんちゃん可愛いー。しんちゃんに泣かされる。
親子ゲンカシーン、実は妹聞いてる。妹実は諸々分かってて気ぃ使ってる。みたいなかんじね、わかる。
竹原ピストル熱いけどちょっとダメな感じ似合う。
もっくんも、似合うし深津絵里と夫婦役って感慨深い。世代の人はわかるでしょうが。


このじわってしみてくる感じは

あの子供達のピュアさかな
myk

mykの感想・評価

4.2
深津絵里はほとんど出てこないけど、すごい存在感。そして透明感。

これからもずっと永い言い訳をしながら、残された人たちは生きていくんだろうな。
「人生は他者だ」とはよく言ったものだ。
kohey

koheyの感想・評価

4.0
「お願いだから、自分の幸せの尺度だけで計らないでよ」。幸夫の小器用が故、温度を感じさせない言動。理屈っぽい事って本当に人間臭い。陽一の愚直さもこれまた。生きてりゃ色々考えるって肩を抱かれた気分
YokoFuku

YokoFukuの感想・評価

4.5
話もビジュアルも音楽も全てが素敵。
見終わった後の余韻がなんともいえない。
o8o

o8oの感想・評価

4.1
ゆれることゆれること

暖かいものと痛いものが交互に隙間なく突き刺さる

とにかく兄妹が素晴らしく、特に兄!
その世界に存在してるとしか思えない

ストラップぷらぷらしてる中の2人の感じおもろい
幸夫が選んだ遺影とか…細かいディテールまで
saeco

saecoの感想・評価

-
結婚、子供を次のステップにいくための材料にしてる人がほとんどやろって思う。のはまだ私がガキだからとか全然思わない。どれだけの人がこいつと一緒なら貧乏しても金なくても何にもなくてもええってほんまに心の底から思ってんねやろ。
子供つくるのだって、こんなろくでもねえ人間増やしてどーすんだよって、私もそう思う。
子育ては免罪符って、最低な言葉。自分がクズじゃないって思いたいなら自分の力で自分を幸せにするべきや絶対。
春沢

春沢の感想・評価

3.8
妻を突然事故で亡くした小説家のお話。
俳優陣の演技が自然でリアルで本当に彼の人生を見ているようだった。

幸夫のドキュメンタリーを撮るの、胡散臭くて白々しくて、なんとも言えずムズムズした。そんな中、幸夫がカメラに向かって感情をむき出しにしたシーンが彼の一番本質に迫った部分だったんじゃないのかなって。思ってみたり。自分勝手で自己中心的でわがままで頑固で卑屈で。

レビューで幸夫がクズだ最低だってたくさん書かれていたけれど、私にはそんな風には見えなくて。バカだけど最低じゃないしどうしようもないけどクズじゃないと思った。だからこそ立ち直れたし、前向けたんだと思う。
Meguuuu

Meguuuuの感想・評価

4.1
本木雅弘が色っぽい。

黒木華と池松壮亮の2人はやっぱり若手の中でも抜きん出てる。
また子役が2人ともすごい良かった。「とと姉ちゃん」で坂口健太郎の娘やってた子、ほんとにいい演技する!

なんで深津絵里って40すぎてあの透明感、、
永い言い訳。愛してくれる人がいるからこそ、自分は誰かではなく代わりのいない自分になれるのかもしれない。みんな愛されたいよ。あたたかさと孤独が同居している映画。
髪を切らなくなってしまったり、自分の部屋は片付けなくなってしまったり。誰かに求められないとどうしようもなくなってしまったり。分かりやすい表現だけれど正直な表現だと思う。人生は他者。他者がいない世界では何もできなくなるししなくなる。寂しいな。

竹原ピストルが演じる男、ああいう男の人はとても苦手だ。不器用な部分ではなくて、まっすぐな部分。まっすぐで正直な人を見てしまうと、その明るさに充てられてしまう。羨ましくて妬ましくて、嫌になってくる。共感できるな。

観てから時間が経ったのでまた観よう。


深津絵里が海に映るシーンが美しい。
あの瞬間こそがすべてなのかもしれない。