永い言い訳の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

永い言い訳2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会っ…

妻を亡くした男と、母を亡くした子供たち。 その不思議な出会いから、 「あたらしい家族」の物語が動きはじめる。 人気作家の津村啓こと衣笠幸夫(きぬがささちお)は、妻が旅先で不慮の事故に遭い、親友とともに亡くなったと知らせを受ける。その時不倫相手と密会していた幸夫は、世間に対して悲劇の主人公を装うことしかできない。そんなある日、妻の親友の遺族―トラック運転手の夫・陽一とその子供たちに出会った幸夫は、ふとした思いつきから幼い彼らの世話を買って出る。保育園に通う灯(あかり)と、妹の世話のため中学受験を諦めようとしていた兄の真平。子どもを持たない幸夫は、誰かのために生きる幸せを初めて知り、虚しかった毎日が輝き出すのだが・・・。 ひとを愛することの「素晴らしさと歯がゆさ」を描ききった。 観る者すべての感情をかきみだす、かつてないラブストーリー。

「永い言い訳」に投稿された感想・評価

ぽこ

ぽこの感想・評価

-
あかりちゃんかわいかった。
変に泣かせてこないところがよかった。
二人の友人同士の妻がバス事故で亡くなり残された小説家の夫と二人の子持ちのトラック運転手が奮闘するお話
FukoIsoe

FukoIsoeの感想・評価

4.0
人がくれる愛の上に胡座をかいて涼しい顔をしているといつかひとりぼっちになる。頭では絶対分かっているけれど人間は弱くて、失ってから気づくことが多くて、でも気づいてから得るものも多い。 “人生は、他者だ” その通りだと思った。
4

4の感想・評価

4.6
冷えきった夫婦。
夫は妻がバスの転落事故で亡くなったとき不倫相手と寝てた。
妻が死んでから妻と向き合い始める。

「もう愛してない ひとかけらも」
という下書きを見た瞬間に鳥肌が立って止まらなかった。
Beavis88

Beavis88の感想・評価

3.5
個人的にはダメ男を演らせれば日本一の本木くん主演だ
期待して観るがさて...

まず題名が良い、内容を知らずにいられないw
プロローグで深津絵里が乗るバスが白樺並木道を通過する時のカーテンと陽の光と木陰の連続に乗客の面々がパタパタとめくれる様に映し出されるシーン
あれ?これSF?ファンタジー?
いやこれがとても良くて、6回観直しました
自然光であんなこと出来ます?
計算されてるよなアレは
感覚では撮れないでしょ?
今まさにこれから逝くシーンとしての傑作ではないですか
誰がなんの予備知識なく観ても何かが迫ってるような、伸びてきてるような、終わりのような、入り口のような
深津絵里はこのシーンに魂ぶっ込んで演じてます
素晴らしかったブラボー...過ぎてその他がだいぶ霞んでしまいましたとさ...おしまい

全体良かったし、間とか、伝えたい事とかハッキリしていて良い映画でした
竹原ピストルは青春金属バットの野狐禅の頃が1番好きです
Yukie

Yukieの感想・評価

4.9
ずっと観ようと思ってた。観てよかった。
今を大切に、家族、夫婦になると当たり前になってしまわないように。

大切なことが沢山増えるけど、大切に思えば思うほど、本当に大切にできてるのかな?と感じる。今一瞬の時間、会話、眼が合う瞬間、今の仕事ができる事…

いつ死んでもいいなと思う程、毎日幸せだし楽しいし後悔ってないとか思うこともあったけど、
この先の人生、色んな人の未来、自分の未来見ていきたい。まだまだ死ねない。

子供のいる人生、素晴らしい。子供の気持ちに感動する。
深津絵里、ほんとに美しい。じわじわとくる優しさのような諦めのような。映画の中なのに、少しの登場なのに、ほんとに存在していたかのような存在感。なかなか出せないものだと思う。

毎日後悔がないように生きていきたい。
人によって生かされてる。その事を忘れたくない。

ちゃぷちゃぷローリー♪
ハル

ハルの感想・評価

4.0
チャプター12。幸男としんちゃんのやり取りを覚えておかなきゃと思った。
ひまり

ひまりの感想・評価

4.2
言い訳ばかり口にして自分を取り繕ろって生きてきた主人公。正真正銘のクズなのだけれど自分にも彼の持つ弱さの片鱗を感じてどこか憎めないキャラクターだった。エンドロールのピアノの音を聞きながら切ないけれどどこか温かみを感じさせる余韻に包まれました。
みむ

みむの感想・評価

4.9
周囲の評価を気にして自分にも周りにも言い訳を探し繰り返して外見を取り繕う。

“人生は、他者だ。”
まさに自分の、自分のための人生を生きてきた主人公が人生は他者であるって気づいて書き留める。

オープニングからラストまで、まさに小説の話やのにやけにリアルで綺麗で汚くて、夢中で観られて素晴らしかった。
Aya

Ayaの感想・評価

4.1
愛してもいい人もいない
僕みたいに

あぁ、だから幸男くんはこんなに寂しいのか、と最後に納得しました。

愛してる人がいない
ではなくて
愛してもいい人がいない

後者の方が圧倒的に寂しくて辛い。
愛ってなんでこんなに難しいんだろう。
人ってなんでこんな愚かなんだろう。


何にせよ、もっくんとピストルと子役ふたりが秀逸すぎる。
なんで映画の子役ってこんな上手い子ばっかりなんだろう。上手いのか時間とって撮影してるからなのかどっちだろ。

子供ふたり、それぞれ黙って前を上を見つめる瞳が説得力に溢れてました。
辛くても大変でもどんな時でも子供は素直でまっすぐで逃げたりしない。なんで大人になるとみんなそれが出来なくなるんだろう。