カンフー・ジャングルの作品情報・感想・評価

カンフー・ジャングル2014年製作の映画)

一個人的武林/Kung Fu Jungle

上映日:2015年10月10日

製作国:

上映時間:100分

3.6

あらすじ

警察の武術教官でありながら一門の名を挙げるために私的試合で殺人 を犯し服役中のハーハウ・モウ(ドニー・イェン)。武術界チャンピオンの 連続殺人事件をきっかけに、ロク警部(チャーリー・ヤン)の捜査協力と 引き換えに仮釈放となり犯人を追う。ハーハウはこの事件は続くと断言。 彼の予言通り、武術界のチャンピオンたちが自分の得意とする武術で 相次いで殺害されていく。犯人の目的は?そしてハーハウと…

警察の武術教官でありながら一門の名を挙げるために私的試合で殺人 を犯し服役中のハーハウ・モウ(ドニー・イェン)。武術界チャンピオンの 連続殺人事件をきっかけに、ロク警部(チャーリー・ヤン)の捜査協力と 引き換えに仮釈放となり犯人を追う。ハーハウはこの事件は続くと断言。 彼の予言通り、武術界のチャンピオンたちが自分の得意とする武術で 相次いで殺害されていく。犯人の目的は?そしてハーハウとの関係は?

「カンフー・ジャングル」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

3.0
ドニー・イェンのカンフーが炸裂。ストーリーは,アクションを見せるために色々な武術で悪者が戦う内容なので,有って無いようなもの。その全ての頂点がドニー・イェンというお決まりの設定。しかしカッコいいです。
試合で対戦相手を殺害してしまい、服役中の身となっているハーハウ。ある日、南拳の達人が殺害される事件のニュースを見たハーハウは直感で犯人が功夫の達人であることを感じる。警官に、今後犠牲になるであろう達人の名前を口にし、事件解決の協力をする代わりに釈放を要求する。果たして犯人の目的とは?イかれたどこでもカンフーアクションが今始まる!

最高に面白かった!ドニーさんのアクションは勿論のこと、他の達人のアクションも素晴らしく最高のアクションエンターテインメントに仕上がっていた。刑務所やら、舞台やら道路やら、場所関係なく殺し合うの本当に最高。控えめに言って最高。
やっぱり拳法できるってかっこよすぎだよね〜自分も独学でやってみたさある。
何だか間の抜けたように感じる題名とイマイチ惹かれないジャケットからは想像できないほどの熱意にあふれた作品。ドニーさんのカンフーアクションは横綱相撲のような安定感で見せてくれる。とんでもない事をサラッとやったりするし、カンフー濃度が非常に高い作品だが、あまりの濃さに当てられ、相対的にはアクションの印象が薄くなるという錯覚に陥る。まさにカンフーのジャングルに迷い込んだような作品。カンフー映画好きなら必見だ。
gori

goriの感想・評価

3.6
娯楽映画としては楽しめました、ら
ワイヤーの大振り。
CGの雑さ含めて良かったです(笑)
コッテコテのカンフーアクションをとにかく見せたいんだっていう
そういう映画だったな
今時それやる?っていうワイヤーアクションもご愛敬だね
gachifolk

gachifolkの感想・評価

3.3
ドニーイェン超強い。
棒術あり脚技あり剣劇あり、刑務所だろうが道路のど真ん中だろうがどこでもお構いなしにカンフーを繰り広げるという・・・ホントにカンフーのジャングルでした。タイトルに偽りなしとはこのことです。

これまでにも多くのカンフーアクションスターが存在するわけですがドニー・イェンのアクションはこれまた一味違いますよね。一撃必殺で相手を圧倒するブルース・リー、柔軟な身のこなしとアイデアを駆使して戦うジャッキー・チェン、小柄な身体を活かしたスピード感で瞬殺するジェット・リーなど。一口にカンフーアクションといっても人によって戦い方によって色々な個性があるわけですが、ドニー・イェンのアクションは上記すべてを持ち合わせたようなバランスの良さを感じるんですよね。ハイスピードな連打と重たい一発を交互に使い分けて一気に大勢をなぎ倒すもよし、一対一で決着をつけるもよし。もっと言うと攻めと守りを同時にやるんですよね。攻めながら守る、守りながら攻めるんですね。カンフーアクションがさらに進化したような気がしますね。

映画自体は色々とドラマチックな展開も盛り込まれていますが、正直このドラマもカンフーアクションを引き立てるためのエッセンスにすぎないですね。あらゆる技を修得したサイコ野郎が一番になるために名だたる武術家たちを一人また一人と倒していくんですね。もちろんそのターゲットにはドニー・イェンも含まれているわけなのですがこの二人の因縁の対決がハイライトなわけです。

中国はお家芸のカンフーを時代劇から現代劇まで幅広く応用している映画が業界を牽引していますよね。国民的アクション映画ということなのでしょうか、作り手の意地やプライドみたいな気合すら感じます。日本でもいわゆる侍アクションというお家芸を盛り上げる起爆剤になれる映画やTVドラマがあらわれないですかね。時代劇や大河ドラマというと何となくお年寄りが観るものというイメージが定着しているし、ジャニタレでも起用しない限り若い人たちは観ないですよね。日本にも侍ものというお家芸と呼べるジャンルがあるのだから、中国のカンフーアクションもののように幅広い世代を巻きこんで映画界を盛り上げていければ面白そうですけどね。

ハリウッドも認めたドニー・イェンのアクションは必見です。是非一度ご鑑賞くださいませ。
ドニーイェン最強物語。
敵のおっさんが全然強そうに見えない。もうちょい、なんかこう、なんだろうなぁ
>|