カンフー・ジャングルの作品情報・感想・評価

カンフー・ジャングル2014年製作の映画)

一個人的武林/Kung Fu Jungle

上映日:2015年10月10日

製作国:

上映時間:100分

3.6

あらすじ

警察の武術教官でありながら一門の名を挙げるために私的試合で殺人 を犯し服役中のハーハウ・モウ(ドニー・イェン)。武術界チャンピオンの 連続殺人事件をきっかけに、ロク警部(チャーリー・ヤン)の捜査協力と 引き換えに仮釈放となり犯人を追う。ハーハウはこの事件は続くと断言。 彼の予言通り、武術界のチャンピオンたちが自分の得意とする武術で 相次いで殺害されていく。犯人の目的は?そしてハーハウと…

警察の武術教官でありながら一門の名を挙げるために私的試合で殺人 を犯し服役中のハーハウ・モウ(ドニー・イェン)。武術界チャンピオンの 連続殺人事件をきっかけに、ロク警部(チャーリー・ヤン)の捜査協力と 引き換えに仮釈放となり犯人を追う。ハーハウはこの事件は続くと断言。 彼の予言通り、武術界のチャンピオンたちが自分の得意とする武術で 相次いで殺害されていく。犯人の目的は?そしてハーハウとの関係は?

「カンフー・ジャングル」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

3.0
ドニー・イェンのカンフーが炸裂。ストーリーは,アクションを見せるために色々な武術で悪者が戦う内容なので,有って無いようなもの。その全ての頂点がドニー・イェンというお決まりの設定。しかしカッコいいです。
仁

仁の感想・評価

3.9
ドニー本人の見応えある格闘はラスト以外あんまない。ただ周りの人のアクションの苦労が伺える。流石指導においても一流のドニー・イェン。
敵はあらゆる達人を対等なルールで勝ってしまうその努力は凄まじいが、実際そこまでやれたら苦労はないw
骨の上とかトラックかガンガン走る幹線道路で戦う様は圧巻、面白い!
やっぱりロケーションだったり、使う小道具だったり、アクションは最高。
ただ警察の無能感がひどい、蹂躙されるし頑張ってほしい。
強いドニー・イェンが好きです。
T

Tの感想・評価

3.2
“Kung Fu Killer” 様々な武術の第一人者がそれぞれの得意技で殺されるという一連の殺人事件を、仮釈放されたドニーさんが追うというハッカー(スパイ)ものに近い構成のカンフー・アクション。ヒロインのミシェル・バイがめっちゃ可愛いのと、生まれつき左右の足の長さが異なる殺し屋のルックが印象的。車が往来する中でのアクションはスマブラ味があった。
17shun

17shunの感想・評価

2.5
カンフーはいいけどそれだけ
僕らのドニーイェン師匠が、武術の達人連続殺人事件の犯人を追うお話。

バトルシーンはどれもこれも最高でしたが、いかんせんドニーイェン師匠のバトルが少ないことが大きなマイナスポイント。

ストーリーはシンプルでとてもわかりやすい。ただ犯人の動機はイマイチ。
カンフー映画へのリスペクトを込めて作った作品とのことですが、カンフー映画をよく知らないので有名な方々の出演シーンがイマイチ分からなくて自分が残念。

ストーリーとしては武術の達人が武術で生計立ててる人が一人もいないってのと警察が仕事できなさ過ぎなのとドニーさんのアクションシーンもうすこし増やして欲しかった、て辺りが気になったところ。
妹弟子と恋仲になってるのとかも要らないのでもっとアクションメインでやって欲しかった。

警察の捜査のヘボさよりそれぞれの戦闘シーンの尺を増やした方が良かったんじゃないのかな…とか。
滝和也

滝和也の感想・評価

3.9
現代に蘇る武侠映画!
クンフーへの遥かなる
リスペクトと共に…。

唸る豪腕、切り裂く蹴撃!
強さ以外に縋れるものを
失くした悲しき二人の男が
今、激突す!

「カンフー・ジャングル」

前田日明が語ったあの台詞…

「ウダウダ言ってないで、誰が一番か決めればいいんや!」

を四角いジャングルであるマットの上以外でやっちまったら、現代では犯罪者、または異常者。そして行く所まで対決が進めば殺人犯…。と言う自然な流れ(おい、ホントか?(笑))で作られたストーリーです(笑) 

かつて最強を目指し、対戦者を死に至らしめ、収監されたハーハウ・モウ(ドニー・イェン)。巷では最強と呼ばれたカンフーの達人が対決の末、酷たらしく殺害される猟奇事件が起こっていた…。嘗て香港警察の武術教官でもあった彼は獄中から協力を申し出、釈放される…。

最強と言う言葉にのみしか縋り付けなくなった決闘者に新鋭ワン・パクチュン!奴がキレキレですわ!拳、脚と次々に王を倒していく、そのクンフーアクションの切れ、猟奇的なその顔、表情。金山一彦に似たその風貌に似つかわしくない、凄まじい演技を展開し、ドニーさんとの対決まで画面を引っ張ります!最愛の嫁を失う?展開に最早縋るものは最強のみと言う猟奇殺人犯を見事演じてます。

ドニーさんは警察の協力者の立場のため、見せ場がイップ師匠の様に多くないのが、やや残念なんです。ただオープニングの17人を倒す多対一の戦いは、正に宇宙一の漢!です。また、演技で一番印象に残るのは釈放前のあの薄ら寒い笑顔。あの段階では、まだ犯人と変わらない狂気を残しているのがわかりますね。猟奇殺人犯は昔の自分と言う存在であり、そこから抜け出ようとしている最強であり、最狂の漢を演じます。

この2人が激突するのは必然であり、最終決戦は、車が走りまくる路上。己の技と矜持、存在をかけて死力を尽くし戦うシーンは美しさすら感じる迫力でした。ドニーさんはやはり棍の使い方は抜群ですよね。ワンもそれに劣らぬ使い手で長い竹を使い見事な組手を見せます(^^)

キーとなる脇の女性陣も美しい方でドニーさんに思いを寄せる妹弟子、犯人を追う警部さんもお気に入りです(^^)。

エンドロールにはクンフー映画へのリスペクトが…。途中あの方もカメオ出演されていたり、深い尊敬の念を感じる作品なんです。ただ…あれ、このヒト何かで見たな、くらいしか分からないのが、残念でならなかったです。まだまだ勉強不足を感じざる得なかった…。

残念な所はありましたが、ドニー・イェンのカッコ良さを堪能できる映画には間違いなく、オススメできますね。
つん

つんの感想・評価

4.0
(*゚▽゚*)
>|