大口真神

美術館を手玉にとった男の大口真神のレビュー・感想・評価

美術館を手玉にとった男(2014年製作の映画)
4.0
2011年、アメリカ20州46の美術館で贋作が発見されたと全米ニュースで報じられた。
複数の美術館から同じ絵画が発見されたことにより発覚したこの事件。
その正体は、30年間美術館に贋作を寄贈し続けた男、マーク・ランディスだった。
その作品は素晴らしく、描かれた絵画だけでなくキャンバスの古ささえも精巧に再現されている。
30年間無償で精巧な贋作を作り続けた男の真意とは。

「贋作作りをやめるとテレビ見てご飯を食べるだけの生活になってしまう」

贋作作りを何のためにやっているのかというより、呼吸をするようにライフスタイルの一部となっている所に心を掴まれた。
贋作作りという罪になりかねない行為を続ける男の作品が、こんなに誠実でこんなにも真摯とは。
一つ違えば億万長者になれるかもしれないのに、それでも贋作作りにうち込む彼の輝きに言葉を失った。